商品装飾展示技能士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-03-27

商品装飾展示技能士とは、ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)の考え方をもとに、店舗においてマーチャンダイジングを的確にお客様に視覚伝達をするための商品プレゼンテーション技能及び技術のことです。「商品装飾展示職種」は、商品の魅力的な見せ方に必要な技能・知識を対象としています。


商品装飾展示技能士は幅広い年齢層の男女が目指せる、「アパレル業界」で役立つ資格です。
商品装飾展示技能士資格取得者は他にもデコレーター、ディスプレイ・デコレーター、エタラジスト、ビジュアルコーディネーター、VMDディレクター、ビジュアルマーチャンダイザーと呼ばれております。
商品装飾展示技能士の資格は「国家資格」です。

メディパートナーバナー

資料請求はコチラから

資格広場は、商品装飾展示技能士になりたいを応援しております。

商品装飾展示技能士になるために必要な知識・受験資格


最も重要なのは、人と引きつけるデザインセンスなのですが、それだけではありません。市場調査や商品の関連知識といった、販売促進に必要な知識や分析力。さらには安全の為の消防法、製造物責任法、著作権法といった知的財産権に関わる法律の知識も必要となります。また依頼者へ向けてのプレゼンテーションや、図面の作成。材料費を含めた見積もりの作成も仕事内容に含まれます。ただ美しく飾るのではなく、消費動向を分析し購買層へアピールしつつ、法律や安全面の確保も1人で行える、幅広い知識と技術が求められます。

商品装飾展示技能士の資格は「日本ビジュアルマーチャンダイジング協会」が運営管理を行っております。

日本ビジュアルマーチャンダイジング協会とは:
職業能力開発促進法に基づき、受検者が持っている技能や知識を一定の基準により検定し、公証する試験です。受検者の技能と社会的・経済的地位の向上を図ることを目的とした国家検定制度です。この技能能検定は試験の難易度によって1級、2級、3級に区分され、実技試験と学科試験により実施されます。両方の試験に合格した人には、1級は厚生労働省大臣名の、2級・3級は東京都知事名の合格証書と技能士章が交付され、「技能士」と称することができます。

商品装飾展示技能士

商品装飾展示技能士ってどんな仕事?(仕事内容など)

商品装飾展示という呼称はニュアンスが少し古風ですが、実際には時代の先端を行く新しい仕事です。マーチャンダイジング(商品政策や商品計画)を明確に視覚伝達するために、ビジュアルマーチャンダイジングの知識と、感性と、商品を見せる技術を融合・駆使して、商品を効果的に陳列・演出・表現し、お客様に快適な買い物を提供する魅力ある店づくり・売り場演出をする仕事です。

商品装飾展示技能士資格取得の為の勉強法

商品装飾展示という分野に深く関わった基本的で重要な事柄について焦点を合わせて準備するのがポイントです。参考書で勉強する方法と、専門学校へ行く方法があります。どっちにしても何度も何度も繰り返し勉強することが大事です。

商品装飾展示技能士の専門学校や通信講座について

インテリアコーディネーターの資料請求

空間コーディネーターの資料請求

商品装飾展示技能士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

商品装飾展示技能士の資格試験料

1、2、3級ともそれぞれ21000円です。そのうち実技は17900円、学科は3100円で合計21000円です。ただし3級の在校生の実技受験料は11900円、学科は3100円で合計15000円です。

商品装飾展示技能士試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回です。3級は、学科8月上旬・実技8月下旬です。1・2級は、学科9月下旬・実技8月下旬です。

商品装飾展示技能士試験科目等の内容

全ての級には学科と実技の試験が課せられます。学科試験では、商品装飾展示の基礎知識や、それに関連する消防法などの法律、色彩・造形等のデザイン、ディスプレイに使用する工具とその安全な使い方、材料などなど、実務的な事を中心に広範囲から問題が作られています。実技試験の場合、平面図の作成とその図を元にしたディスプレイの作成です。2級・3級では、共通のテーマが決められており、そのテーマのイメージに沿ったプレゼンテーションを行います。ちなみに実技のテーマは、1級から3級まで共通です。毎回、選ばれるテーマは変更されています。

商品装飾展示技能士資格の難易度

厚生労働省での合格率が非公開となっておりますが、難易度としては普通くらいです。簡単にいうと1級は、普通・2級は易しい、3級はとても易しいとされています。

商品装飾展示技能士資格の合格率

試験結果は非公表ですが、全種目の技能検定試験結果では厚生労働省・平成26年度の技能検定実施情報で確認してみますと1級38.4%、2級26.4%、3級50.9%となっています。

商品装飾展示技能士試験の合格発表

3級は、8月ごろです。1・2級は、9月ごろです。受験者本人に通知されます。

商品装飾展示技能士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

商品装飾展示技能士

商品装飾展示技能士所持者の職業例

百貨店、ショッピングセンター、アパレルショップ、各種小売店、インテリア関連業界

商品装飾展示技能士に向いている人

豊富なアイディアがあることはもちろん、アイディアを現実に落とし込む力量が必要とされます。クライアントの要望を聞き、コンセプトをしっかり理解することはもちろん、ときには自身のアイディアを実現するためにクライアントを説得する必要もあります。そのため高いコミュニケーション力が要求されます。限られた予算や日程の中でディスプレイを完成させるために、管理能力が必要となります。二次元のデザイン画を三次元の空間に移し替えたとき、大きな違いが出てはいけません。平面と立体の互換をスムースにできるセンスが必要とされます。

商品装飾展示技能士と同じ分野の他の資格

空間ディスプレイデザイナー、インテリアデザイナー

【空間デザイナーの資格はこちら】

無料の資料請求はコチラから

【インテリアコーディネーターの資格はこちら】

無料の資料請求はコチラから

商品装飾展示技能士の年収・給料相場

勤務先の規模や手がける仕事内容、個人の能力により大きく異なります。勤続3年で年収が400万円を超える会社もあれば、勤続10年でも400万円ほどの会社もあります。待遇面を重視するのであれば、小規模な企業よりも、大規模な企業への入社を検討した方が良いと思います。

商品装飾展示技能士の現状

現在では、多数の売り手が存在し、過当競争が生じている小売業界にあって、広告費があまりかけられないのが現状なので商品を売るための最も手軽な広告手段はディスプレイです。消費者の心理をとらえ、商品の特徴をアピールします。広告は、消費者に対して商品の魅力を直接アピールするための有効な手段ですので、広告の出来によって売り下が大きく左右されます。

商品装飾展示技能士の将来性

デパートやショッピングモール、テーマパーク、ホテルなどの大型施設から、小規模店舗や各種展示会に至るまで数多くの活躍の場があります。そういう意味では、安定しています。しかし多くの業界は不況の影響を受けており、ディスプレイ予算は縮小の傾向にあり、職はありますが収入の面では当面は厳しいでしょう。

商品装飾展示技能士の独立について

予算規模が収入に直結しますから、安価な仕事を大量にこなすことで収入を維持しなければならない厳しさがあります。グローバル化が進む現在、将来的には海外展示会や海外顧客の日本展開の業務増加が予想されます。英語やその他の語学に力を入れ、国内外を問わず活躍できるような対策をしておくと、今後の需要増に対応できることでしょう。

商品装飾展示技能士資格を所有している主な著名人

該当なし

メディパートナーバナー

資料を請求して資格取得を目指す

コメントを残す

*

*