施工管理技士資格の難易度と合格率、種類別にそれぞれご紹介!

masman

by 山口

更新日:2019-08-01

公開日:2019-07-08

施工管理技士資格の難易度と合格率や種類別にそれぞれご紹介

電気工事施工管理技士の資格は実務経験を求められる試験です。資格の種類によって電気工事士として働きながら、施工管理技士の資格取得を目指す方も少なくありません。電気工事施工管理技士2級の難易度や合格率を上げる秘訣について解説します。

       
これから建設業界やリフォームの仕事を目指す方にとっておすすめの資格が施工管理技士です。 施工管理技士の中でも、電気や空調など設備工事に関わる仕事を目指す方が多いようで、電気工事施工管理技士の資格が注目されていました。 ここでは、人気の電気工事施工管理技士2級の難易度や合格率を上げる秘訣について解説します。

建築業界で手に職つけるなら電気工事施工管理技士の2級がおすすめ

建築業界で手に職つけるなら電気工事施工管理技士の2級がおすすめ 施工管理技士には6種類と1級と2級に分かれる12の階級があり、資格を取得すると建築現場に専任する受任技術者の仕事に就ける魅力的な資格です。 新たに建設業をはじめる場合、建設業法に基づいて各営業所に専任の技術者を常駐させるよう定められています。 施工管理技士の資格を取得すると、一般建設業の専任技術者に就くことも可能になります。 電気工事のエキスパートとして大きなプロジェクトを任される立場になることも多くおすすめの資格です。

業界から見た電気工事施工管理技士資格の有利性とは

施工管理技士の資格は「建築機械」「土木」「建築」「電気工事」「管工事」「造園」の6種類に分かれます。 電気工事施工管理技士を取得するエキスパートの技術者は、電気工事の管理および監督するための資格で業界全体から見ても人材不足の傾向にあり、施工管理技士の資格を取得できると今後の転職も有利です。 キャリアアップを見込んで大きなプロジェクトに携わる企業への転職も少なくありません。 電気工事施工管理技士1級の資格は、実務経験があると有利な資格のひとつです。 2級を取得しなくても実務の年数によって施工管理技士1級を目指せます。 働きながら目指せる魅力的な資格と、建設業で働く職人からも注目の資格です。 中には実務経験や基礎知識が身についているからと、いきなり電気工事施工管理技士1級を目指す強者もいらっしゃいました。

業界未経験から電気工事施工管理技士を目指すなら2級から

電気工事施工管理技士には2種類の資格階級があり、1級および2級どちらも業界未経験の方は難易度が高くなる傾向にあります。 施工管理技士資格の資格は「学科試験」に加え、実務経験があって基礎知識が身についていることを前提とした「実地試験」の2種類に分かれた資格です。 実地試験もあるため業界未経験の方と経験者では合格する確率も大きく差があるのも特徴です。 業界未経験の方が電気工事施工管理技士を目指す場合、難易度の低い2級から始めて1級取得へチャレンジがよいかもしれません。

施工管理技士の試験の合格率を上げるには?

施工管理技士の学科試験は「一般基礎・電気・建築」「空調・給排水衛生」「機器材料・設計図書」「施工管理」「関係法規」の6項目から出題され、出題する52問中60%正解すると合格基準をクリアできます。 学科試験は暗記系が多いので、過去問をしっかり繰り返すと合格率が上がりやすい傾向にあります。 電気工事施工管理技士2級の過去合格率は40%~50%程度を推移しており、比較的狙いやすい資格です。 電気工事施工管理技士の資格は、電気工事士の資格と勉強範囲が重なることから、先に難易度の低い電気工事士を取得する方が非常に多いと感じます。 電気工事士の資格を取得すると、電気工事施工管理技士の難易度も低く感じるので、業界未経験で難易度を高く感じるなら電気工事士から目指すのはいかがでしょうか。 本番の試験でも「電気工事士で出題された似たような問題もあったので、苦労せず落ち着いて試験問題を解くことができた」などの声も多いようですよ。

電気工事施工管理技士の資格に合格された方のすすめ

実際にインターネットを検索してみると「実務経験の少ない方でも、過去に出題された問題を繰り返し勉強できたら合格できる」など、試験に合格された方からの書き込みも見かけます。 辛抱強く過去問を解いていくことが合格率を上げる秘策といえます。 それでも資格に向けた勉強に厳しいと感じたら、講習会や電気工事施工管理技士を学べる学校に通うのもひとつの手です。 分からないことやつまづく内容があっても、近くで質問できる環境は合格率を高めるとの評価も高く、自主学習が苦手な方は学校に通うことで合格を目指せます。 勉強が進まず辛い状況が続いても、同じ勉強をする仲間がいることでやる気が出ると、講習会や学校を選択する方も増えているようです。

独学で電気工事施工管理技士を目指すなら繰り返し頭に入れる

仕事しながら自宅で独学勉強するなら、電気工事施工管理技士の過去10年分を集めての勉強がおすすめです。 資格試験は似通った問題が出題されるケースも多く、過去10年分を繰り返し勉強すると合格できる確率も高くなります。 3往復すると間違えた問題の傾向がわかり、間違いやすい問題に合わせ集中した勉強法も可能です。 試験本番前に間違えやすいリストに目を通すだけでも効果的で、合格できる可能性が高まると人気の勉強法でした。

施工管理技士の資格は勉強する時間を確保できるかで難易度が変わる

これから電気工事施工管理技士の勉強を学ぼうと考えているなら、勉強時間を確保できるか1日のスケジュールの見直しがおすすめです。 電気工事施工管理技士の資格は実務経験を求められる試験だけに、電気工事士として働きながら施工管理の仕事を目指す方も少なくありません。

電気工事士から見習いで施工管理技士に合格する

電気工事士を取得後に見習いの電気工事士として働く方法は、電気工事施工管理技士に必要な基本知識と実地知識を同時に学べると、時間のない社会人に人気の勉強法です。 その場合、日中は電気工事士の見習いとして時間をつかうため、仕事後の勉強確保が重要になります。 勉強できる時間が多いほど合格できる確率は自然と高まり、仕事の後に1時間勉強するだけでも大きく変わると評判です。 1時間の勉強を2ヶ月程度続けると、出題される電気工事施工管理技士の範囲が勉強できるので、見習いから始める方には取り組みやすい方法かもしれません。 余裕があれば同じ勉強を2往復したいので、4ヶ月あると合格する確率は更に高まります。 電気工事施工管理技士2級の勉強は、過去問題を繰り返し勉強すると合格できると言われてるので、働きながら勉強する時間を確保できるかが鍵だと言えるでしょう。

手に職つけるなら施工管理技士に合格して自分に合う仕事を見つける

手に職つけるなら施工管理技士に合格して自分に合う仕事を見つける 建築業界は業界全体から見ても人材不足が問題になっています。 他の業界に比べ、資格を取得することで年収アップできる魅力ある資格です。 現場では工事に関わる職人や関連業者との作業調整や、工事がスケジュール通りに行われるか監督する業務が主になります。 ひとつの大きな建物を完工させるため、リーダーとしてコミュニケーションを取りながら進められる力も求められるので、自分に合う仕事探しが重要です。

電気工事施工管理技士での年収と目指せる仕事

電気工事施工管理技士も1級となるとエレベーターの設置やメンテナンスを行う特殊な業種にも就けることから、手に職をつけて厳しい時代を乗り切るのにもおすすめです。 請負金額が3000万円以上の電気工事を経験することも多く、ビル1棟まるごと電気工事するような仕事に携わりたい方から人気の資格で、キャリアアップを目指す方も少なくありません。 電気工事施工管理技士2級は、請負金額が3000万円未満の電気工事を受注できるので、リフォームやリノベーションといった中規模工事で活躍できます。 電気工事施工管理技士の平均年収は500万前後で、1級電気工事施工管理技士であれば年収1000万も夢ではありません。

電気工事施工管理技士の難易度まとめ

ここまで電気工事施工管理技士の魅力と難易度を下げ合格率を高める効果的な勉強法をご紹介しました。 過去に出題された問題を暗記する方法や、電気工事士として働いて難易度を下げる方法は、これから建設業界やリフォームの仕事を目指す方にぜひ参考いただきたい内容です。 これから建設業界やリフォームの仕事を目指すなら、難易度の低い2級電気工事施工管理技士から資格取得を目指すのはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

*