電気主任技術者の資格は就職や転職に有利?活躍できる場はどこ?

masman

by 山口

更新日:2019-10-07

公開日:2019-10-07

土木施工管理技士

電気主任技術者は国に認定された国家資格で、生活に必要な電力に携わることのできる資格です。電気主任技術者はどんな資格なのか、どのように活躍できるのかなど解説します。

       

建設業で働きながら収入を増やしたりスキルアップがしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?電気主任技術者は国に認定された国家資格で、発電所や変電所など生活に必要な電力の仕事に就けると人気の資格です。電気主任技術者はどんな資格なのか、資格を取得するとどのように活躍できるのかなど紹介します。

電気主任技術者は就職有利な資格

電気主任技術者は就職有利な資格

電気主任技術者の資格を略して”電験”などと呼ぶことが多いですが、電気主任技術者試験を略した言葉で、国家試験の名称から取られています。

区分を分けて呼ぶ場合には”電験一種”などと略されます。

電気設備の保守監督の業務は電気主任技術者の独占業務にあたり、国家試験に合格した技術者が点検するよう法律で定められています。

電気や電圧の仕事に必須資格の電気主任技術者とは

電気主任技術者とは主に発電所や変電所などの安全を守る仕事です。

その他に、工場やビルの受電設備などの安全を守る仕事もあります。

電気主任技術者になるためには国家資格を取得する必要があります。

電気主任技術者を持っておくことで転職が有利になる

電気主任技術者の資格は、電気や電圧を取り扱う専門性の仕事に就くことができるので、給与や条件面で優遇される傾向にあります。

高圧受変電設備や電気設備のある場所で安全を守り管理する仕事のため、時代の流れに左右されにくいので転職でも有利になる傾向にあります。

電気主任技術者があると高圧電力を扱う企業で活躍できる

電気主任技術者第一種を取得する技術者の数が少ないため、取り扱う電力に制限のない第一種取得者は特に優遇される傾向にあります。

高圧になれば危険も伴うため安全を守り管理するやりがいを感じる職場で活躍できます。

電気主任技術者の資格から目指せる有利な転職や就職

電気主任技術者の資格は実務経験が少ない方でも採用されるケースが多いので、キャリアアップのため他業種から資格取得を目指される方も少なくありません。

ビルの受電設備管理

オフィスなどのビルの安全を守る仕事に就けます。

停電時の対応や、ビルに関わる電気のトラブルに対応します。

通常の業務では設備の点検が主な仕事になります。

工場の電気技術者

定期的に電気設備の点検を行い、普段は電気回路の設計や管理するなど、他の仕事で活躍することもできます。

工場内の電気に関わること全てを任されることも多く、資格の必要としない電気機器の対応も含め工場の安全を守ります。

電気設備の工事会社

電気工事の資格を取得して、高圧の電気を工事する会社で活躍することもできます。

電気主任技術者の資格は電気の安全を守る国家資格

電気主任技術者の資格は電気の安全を守る国家資格

高圧の電気を扱う危険を伴う仕事ですが、生活に必要な電力に携わることでやりがいを感じる仕事が電気主任技術者です。

電気主任技術者は電気工事士とはまったく異なる資格

電気と名前に入る資格なので、”電気主任技術者”と”電気工事士”の資格で悩まれる方を多いと聞きます。

しかし、そもそも取り扱うサービスに違いがあり、電気主任技術者は安全を守る仕事で監督業務が主になります。

電気工事士は電気工事する仕事が主になります。

どちらの資格もあると就ける仕事の幅が広がるため合わせての取得をオススメします。

電気主任技術者の資格は出題範囲も広く難易度が高い

電気主任技術者の試験は”電力””理論””機械””法規”の4科目あるため出題範囲が広く過去問題から出題されることもほぼないので難易度が高い傾向にあります。

電気主任技術者の資格を取得できれば電気工事士の筆記は免除

電気主任技術者の資格を取得すると、電気工事士の筆記試験は免除されます。

電気主任技術者の基本にあたり、学ぶ上で共通する部分も多いことから、電気工事士の資格を合わせて取得されます。

電気主任技術者の資格勉強をしながら、間に電気工事士の勉強を共通しておこなうことで短期集中的に資格を取得される方もいらっしゃいます。

電気主任技術者の受験には実務経験が必要

電気主任技術者の資格は取り扱う電圧によって受ける資格が変わる。

5万ボルト未満の電圧を取り扱える資格は電気主任技術者第三種で、受験する試験は1次試験のみになります。

17万ボルト未満の電圧を取り扱える資格は電気主任技術者第二種で、受験する試験は1次試験と2次試験になります。

すべての電圧を触れる資格が電気主任技術者第一種になり、受験する試験は1次試験と2次試験になります。

電気主任技術者は国家試験と認定資格で取得できる

電気主任技術者は国家試験に合格する方法と実務経験と面談で認定取得できる2つの方法があります。

電気主任技術者一種やニ種は実務経験を経て認定資格を取得する方法が主流になっています。

電気主任技術者の認定取得の流れとは

電気主任技術者の認定取得は国家試験にチャレンジするよりも実務経験を必要とされる点で難易度が低いとも言えます。

しかし、面談で説明する必要があるなど、コミュニケーション能力が求められます。

取得までの流れは、地域の保安監督部に電気主任技術者免除の交付申請書類を提出します。

学校の卒業証明書や実務経歴書などが必要となるので合わせて用意が必要です。

各地域の保安監督部に連絡を入れて予約してから面談となります。

審査を経て合格すれば主任技術者の認定を取得できます。

電気主任技術者の国家試験は制限無しで受験できる

電気主任技術者の受験資格の条件に、学歴や年齢など性別・国籍などの含めて制限はありません。

電気主任技術者三種から順番に取得する必要がなく、電気主任技術者一種にチャレンジすることもできます。

まとめ

電気主任技術者の資格を取得すると発電所や変電所などの仕事に就け、生活に必要な電気の仕事で社会の役に立っている実感を感じられるやりがいのある仕事です。

電気主任技術者の資格取得には国家試験の合格と実務経験と面談を経て取得できる2つの方法があります。

特に電気主任技術者一種や二種は難易度が高くなるので、働きながら認定取得を目指す人が多く主流の取得方法になっています。

コメントを残す

*

*