電気工事士の資格は就職や転職に有利?活躍できる場はどこ?

masman

by 山口

更新日:2019-10-07

公開日:2019-10-08

電気工事士の資格は就職や転職に有利?活躍できる場はどこ?

電気工事士は国に認定された国家資格で、生活に必要な電気工事に携わることのできる資格です。電気工事士はどんな資格なのか、工事現場でどのように活躍できるのかなど解説します。

       

電気に携わる仕事で働きながら収入を増やしたり、スキルアップがしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?電気工事士は業界経験がない方でも、独学で合格できる資格なので人気があります。電気工事士はどんな資格なのか、資格を取得するとどのように活躍できるのかなど紹介します。

電気工事士は就職有利な資格

電気工事士は就職有利な資格

電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。

第一種は、工場やビル工事などの最大電力500キロワット未満の電気工事を行えます。

第二種は、住宅や店舗工事などの600ボルト以下を受電する設備工事をおこなえます。

電気工事するのに必須資格の電気工事士とは

電気工事士の資格を取得すると、コンセントの移設や照明などの内装工事をおこなう仕事に携われます。

電気工事士資格の取得には、マークシートでおこなう四肢択一の筆記試験と、配線図と持参した作業用工具を使い問題を完成させる技能試験の受験が必要です。

電気工事士を持っておくことで転職が有利になる

資格保有者の手元作業員として働きながら、資格取得を支援してくれる企業も増えましたが、即戦力を求められやすい中途採用の転職では、電気工事士の資格を持っておくことで転職が有利になるケースも少なくありません。

企業によっては電気工事士を応募条件として資格支援制度で電気主任技術者を目指し場合もあります。

電気工事士があると採用に積極的な会社で活躍できる

インターネットの普及で電気や通信に関わる設備の需要が増えているので、積極的に採用を考える企業が増えてきました。

今後も次世代エネルギーが期待されるなど、技術の進化に伴う電気工事の需要は増える一方です。

電気工事士の資格を持っておくことで、活躍できる幅は広がりやりがいを感じる仕事をめざすことも可能です。

電気工事士の資格から目指せる有利な転職や就職

電気に関わる工事は電気工事士の資格を保有しないとできない工事なので、電気工事士の資格を取得することは、すなわち電気工事を必要とする企業を狙うのにとても有利と言えます。

建築工事をおこなう工務店

住まいや店舗、ビルなど建物の配線工事をおこないます。

分電盤から各部屋へ電源ケーブルを通し、照明やコンセントなどの接続機につなぎます。

工務店の場合には施工を管理する監督者がいるので指示に従って電気工事を進めます。

鉄道の電気工事

電車は線路とパンタグラフが通電することで動けます。

鉄道電気工事では、信号や線路を含め電車が走るために必要な設備を工事するのが主な仕事になります。

その他にも、電車の種類に合わせて電圧を調整する変電設備の点検や管理の仕事もあります。

鉄道に携わる仕事は時代の流れに左右されにくく、一定数の需要があるため時間をかけてキャリアアップを考える方におすすめです。

ビルや施設を管理する会社

ビルや施設などは建物を管理する専門の会社を利用する場合が多く、建物に関わる全ての設備の点検やメンテナンスが主な仕事になります。

ビル管理会社で活躍を目指す場合には、消防設備士やボイラー技士などの資格も合わせて取得することが必要です。

電気工事士は感電や火災から住まいを守る資格

電気工事士の資格は電気の安全を守る国家資格

電気工事は感電や漏電などによる火災などの危険があるため、電気工事士の資格を保有しなければ行えません。

電気工事士は、建物のコンセントや照明、冷暖房の設備の安全を守るやりがいのある資格です。

まずは第二種電気工事士の取得を目指す

電気工事士の資格は難易度が低いからと第一種電気工事士を目指す方もいますが、合格しても免除申請できなければ実際に工事できません。

第一種電気工事士をいきなり合格した場合、3年~5年の実務経験がないと免除申請はできません。

第二種電気工事士は合格するとすぐに免除申請できるので第二種から目指すのがおすすめです。

電気工事士を取得したら消防設備士の資格を目指す

消防設備士の資格を取得すると科目免除が受けられるため、受験を目指す流れが主流です。

特に建物を管理する会社を目指す場合には、電気工事士の資格だけでは厳しく、ボイラー技士や消防設備士など複数の資格を求められます。

その中でも難易度の低い第二種電気工事士から始め、消防設備士の資格を目指すことで効率よく資格取得を目指せます。

電気工事士の受験はどなたでも可能

建築業界では人材不足が囁かれる中、難易度も低く短い期間で再チャレンジできる電気工事士の資格取得はおすすめです。

学歴も実務経験も必要ないため、これから電気を扱う仕事で活躍したいと考えるなら、電気工事士は取得しておきたい資格です。

電気工事士はマークシート形式なので難易度は低い

電気工事士の試験はマークシート形式の四肢択一問題です。

4つの中に正解があるため、答えに不安がある場合には消去法で正解する確率を高められます。

50問中に30問を正解すれば合格できるので難易度が低い資格と言えます。

電気工事士の試験は年に2回あるので再チャレンジしやすい

電気工事士の試験は2018年から年に2回受験することが可能になったことから、忘れない内に復習してチャレンジできる魅力があります。

問題用紙を持ち帰り、30問正解していれば技能試験に向けて対策を練ることが可能です。

電気工事士の試験は独学でも合格を目指せる

電気工事士の試験は電気工事の基本的な知識を求められるため、繰り返し過去問題を繰り返すことで合格を目指せます。

過去問題から出題される傾向にあり、独学でも合格対策のしやすい資格です。

まとめ

電気工事士の資格を取得すると、人気の鉄道電気工事や工務店などの電気設備工事で活躍できます。

電気工事士の資格取得に制限はなく、年2回受験することが可能なので、これから電気に関わる仕事を目指す方にもチャレンジしやすい資格です。

電気工事士の試験は過去問題を繰り返し学習すれば、独学でも十分に合格できる試験なのでおすすめです。

回答に不安がある場合には消去法で正解する場合も多いので難易度の低い資格だと言えます。

コメントを残す

*

*