コンクリート技士/主任技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-24

コンクリート技士はコンクリートの製造、施工、検査および管理など、日常の技術的業務に直接携わり、コンクリート主任技士はコンクリートの製造、工事および研究における計画、施工、管理、指導などを実施製造や研究に関わる計画・管理などの業務に携わる。


コンクリート技士/主任技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、コンクリートには欠かせない資格です。
コンクリート技士/主任技士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、コンクリート技士・主任技士にななりたい方を応援しております。


コンクリート技士/主任技士になるために必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

硬化コンクリート 製造、試験・検査施工、各種コンクリート、鉄筋コンクリート構造材料や硬化コンクリート、各種コンクリートという材料についてなどとなっています。

コンクリート技士/主任技士の資格は「公益社団法人日本コンクリート工学会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本コンクリート工学会とは:
コンクリートに関する研究の振興および技術の向上を図ることを目的とする公益法人。公益法人制度改革に伴い、社団法人コンクリート工学協会(国土交通省所管)から2011年4月1日に公益社団法人日本コンクリート工学会に移行・名称変更しています。

コンクリート技士/主任技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

コンクリート技士/主任技士

コンクリート技士(こんくりーとぎし)とは、社団法人日本コンクリート工学会が実施する試験に合格し、合格者の申請によって登録された者に与えられる称号であり、コンクリートの製造や施工に携わる技術者として必要な知識・能力を証明する資格で

コンクリート技士/主任技士資格取得の為の勉強法

寒中コンクリート、暑中コンクリート、マスコンクリート、水中コンクリート、高流動コンクリート、工場製品の6項目で、それぞれの留意点や対策などを十分に理解しておくことがコンクリート技士試験合格のポイントになるでしょう。その他には、過去の本試験問題を基にした類似問題がある程度出題されますので、過去問題の理解も必須条件となるでしょう。 この試験には特定のテキストがありませんので、適当なテキストを入手しなければなりませんが、このテキストと過去問集がこの試験の対策の教材になります。

試験は、特別難関というわけではありませんが、コンクリートに関する全般的な知識を身につけていることが必要です。1級土木施工管理技士などよりは難易度が高い試験と言われています。またコンクリート技士の資格は民間の資格で受験資格は大学や高校で土木関係をやってなければ現場で3年以上、土木関係を学んで来た人であれば現場で2年以上の実務経験がないと取れない資格です。

コンクリート技士/主任技士の専門学校や通信講座について

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

コンクリート技士/主任技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

コンクリート技士/主任技士の資格試験料

コンクリート技士:8,400円 ・コンクリート主任技士:10,800円(各税込)

コンクリート技士/主任技士試験・検定の年間試験回数

年に1回行われています。

コンクリート技士/主任技士試験科目等の内容

.コンクリート用材料の品質、試験および管理 ・.コンクリートの配(調)合設計 ・.コンクリートの試験 d.プラントの計画管理 ・.コンクリートの製造および品質管理 ・コンクリートの施工などとなっています。

コンクリート技士/主任技士資格の難易度

試験は、特別難関というわけではありませんが、コンクリートに関する全般的な知識を身につけていることが必要です。1級土木施工管理技士などよりは難易度が高い試験と言われています。

コンクリート技士/主任技士資格の合格率

H28年度 コンクリート技士試験の結果 受験者数:9,300人、合格者数:2,684人、合格率:28.9%、30%を切る合格率となっています。

コンクリート技士/主任技士試験の合格発表

郵送で送られてきます。

コンクリート技士/主任技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

コンクリート技士/主任技士

コンクリート技士/主任技士所持者の職業例

コンクリート技士・コンクリート主任技士という資格は比較的新しい、知名度の低い資格ではありますが、資格名だけでも内容がわかる非常に明瞭な資格であり、就職・転職の際には、知名度の低さにも関わらず、非常に目を惹き役立つ事が考えられます。

コンクリート技士/主任技士に向いている人

土木や建築設計士や製図家と提携したり、デザイナーの描いた設計図などの調整をしたりと多彩な活躍の場があります。 そういった方面を狙っている方のキャリアアップにも有効ですね。もちろん、現在の職場が気に入っているという方でも取得すれば、収入アップの可能性もあります。

コンクリート技士/主任技士と同じ分野の他の資格

コンクリート診断士などです。

コンクリート技士/主任技士の年収・給料相場

大手ゼネコンの場合、他の資格と併用で現場監督として勤務した場合、40歳前後で年収700万円程度になっています。建築関連の職務歴などにより年収は異なりますが、求人では、年収350~450万円程度となっています。また、生コンの製造会社などの場合、400~500万円程度になっています。

コンクリート技士/主任技士の現状

コンクリート診断士の活躍の場はコンクリート製造業の他にも 建設会社やコンクリート構造物の診断や調査を行う会社があります。高度成長期からバブル期には公共事業等で多くのインフラがコンクリート製で建設されています。 いまからの時代は当時作られたコンクリート製品の維持・メンテナンスを行う事が必須です。 そう言った意味でもコンクリート診断士の需要は上昇傾向にあると言えます

コンクリート技士/主任技士の将来性

高度成長期からバブル期には公共事業等で多くのインフラがコンクリート製で建設されています。 いまからの時代は当時作られたコンクリート製品の維持・メンテナンスを行う事が必須です。 そう言った意味でもコンクリート診断士の需要は上昇傾向にあると言えます。コンクリート技士(主任技士)の資格があることで設計士や製図家などの専門家と連携しながら、よりプロフェッショナルな仕事を任せてもらえる可能性も広がります。

コンクリート技士/主任技士の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

コンクリート技士/主任技士資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

該当なし

コメントを残す

*

*