リビングスタイリスト資格資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-24

リビングスタイリストの資格制度は、お客様がインテリアをはじめとする商品の購入時に専門家にアドバイスを受けられるように、その専門家としての知識と技術を認定する事業です。資格取得者は、リビングスタイリストとしての「住生活商品の知識と販売技能」を持っていると判断されるのです。

       

リビングスタイリスト資格は幅広い年齢層の男女が目指せる、幅広い分野の仕事にかかわることができる資格です。
リビングスタイリスト資格資格取得者は他にもリビングスタイリストと呼ばれております。
リビングスタイリスト資格の資格は「民間資格」です。

資格広場は、リビングスタイリスト資格になるには?リビングスタイリスト資格なるためには?リビングスタイリスト資格になりたいを応援しております。

リビングスタイリスト資格に必要な知識・受験資格

販売知識だとリビングスタイリストの仕事・流通・接客販売・ビジネスマナーが必要です。商品知識は家具・窓装飾・照明・住生活アクセサリーなど。販売知識だとリビングスタイリストの仕事・流通・情報・マーケティング・接客販売・ビジネスマナー・法規が必要です。商品知識では家具・窓装飾・照明・設備・住生活アクセサリーに関しての知識が必要です。

リビングスタイリスト資格の資格は「一般社団法人日本ライフスタイル協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本ライフスタイル協会とは:
一般社団法人日本ライフスタイル協会とは住生活産業界の発展に寄与することを目的に2003年3月25日設立され、2004年1月5日に特定非営利活動法人となり、2010年4月1日より一般社団法人となった団体です。この協会は、広く人材育成に係わる人たちと共に人づくりを通して、人づくりの共同責任者としての学校、企業、行政とのパートナーシップの確立をめざしています。

リビングスタイリスト資格

リビングスタイリスト資格の仕事内容

インテリアをはじめとする業界において、多様化するお客様のニーズに対応するために幅広い知識と接客スキルが重要なポイントです。店頭で商品の魅力を説明するだけでなくお客様のライフスタイルを把握して、お客様にとって最適な提案が行える能力が必要となります。接客販売のほか、インテリアやエクステリアのプランニング、販売業務に伴う事務処理や商品管理、アフターサービスなどに携わることもあります。

リビングスタイリスト資格資格の勉強法

常識問題が多いので、過去問を中心に問題を解きながら勉強するのがよいでしょう。「リビングスタイリスト資格試験公式テキスト」の書籍で勉強したり、サイトの過去問をこなすことが一般的のようです。

リビングスタイリスト資格の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

リビングスタイリスト資格の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

リビングスタイリスト資格の資格試験料

資格は1級・2級・3級とあります。3級は記述式・在宅で11000円、2級はマークシート方式・90分で6500円、1級はマークシート方式・50分で5000円となっています。

リビングスタイリスト資格試験・検定の年間試験回数

試験は3級で夏期(7月)・秋期(11月)の年間2回。2級で夏期(7月)・秋期(11月)の年間2回。1級は冬期(2月)の年1回のみとなっています。

リビングスタイリスト資格試験科目等の内容

3級は、小売流通・接客販売・ビジネスマナー・家具、照明、アクセサリなどの小売流通に関する基本を理解しているかどうかという内容になります。2級は情報・マーケティング・法規・設備などの事柄を十分に理解しているかどうか、1級は商品調査・競合調査・時事問題など、2.3級の内容に加えて十分に理解し、技能があるかどうかが試験内容になります。

リビングスタイリスト資格資格の難易度

前項でも記述した通り、難しい試験ではありません。

リビングスタイリスト資格資格の合格率

リビングスタイリストの者は約7割が女性です。リビングスタイリストの合格率は、過去で第13回で70.2%、第14回で68.8%、第15回で70.8%、などで平均で75%となります。資格試験では比較的難易度の低いほうになります。

リビングスタイリスト資格試験の合格発表

夏期・秋期・冬期とあり、冬期は1級のみ、在宅にて試験後解答用紙を返却したのち合否通知が郵送されます。夏期は仙台・東京・名古屋・大阪・福岡で行われ、合否通知は郵送されます。秋期は(平成29年は)東京・名古屋・大阪・福岡で行われ、合否通知は郵送されます。

リビングスタイリスト資格

リビングスタイリスト資格資格取得後の就職先・年収・報酬相場

リビングスタイリスト資格所持者の職業例

家具専門店・住宅メーカー・照明専門店・工務店・カーテン専門店・設備ショールーム・ホームセンター・雑貨ショップ・百貨店・スーパー・家具量販店。設計事務所・マンション・不動産会社・リフォーム専門会社・設備メーーカー・建材メーカー・雑貨メーカーなど

リビングスタイリスト資格に向いている人

インテリア業界の多様化するお客様のニーズに対応するため、インテリアなどの商品に関する幅広い知識や接客スキルが必要でなおかつお客様ひとりひとりのライフスタイルに合わせた最適なアドバイスが必要があるため、接客が好き・インテリアが好き・商品知識が豊富等心遣いができるといいかもしれません。

リビングスタイリスト資格と同じ分野の他の資格

フードスタイリスト・ファッションスタイリスト・スタイリストアシスタント・ペットスタイリスト・パーソナルスタイリストなど。

リビングスタイリスト資格の年収・給料相場

持っている級や就業先にもよりますが、会社所属でもフリーランスの場合であっても、平均年収は200万円~500万円ほどになる人が多いようです。

リビングスタイリスト資格の現状

店頭販売に携わるだけでなく、商品管理やアフターサービスのような事務仕事・新築やリフォームに対するインテリアプランニングなど幅広い業務を行わないといけない分、あらゆるニーズに対応できるような知識・技術をもつインテリアスタイリストは、インテリアに係わる企業や会社から必要とされています。

リビングスタイリスト資格の将来性

リフォーム、リノベーションといった市場は「家族構成の変化」・「ライフスタイルの変化」・「80年代のリフォーム適年齢住宅ストックの増加」・「住宅リフォームの支出を支えている高齢者の増加」など様々なプラス要因がともない住宅リフォームの必要性が増加し、それに対応することのできる知識と技術を持ったリビングスタイリストの需要は今後伸びていくだろうと推測されています。また、住宅と密接な関係であるインテリア市場も時代や社会・家族構成やライフスタイルの変化に応じた快適な暮らしを提案するためにも、リビングスタイリストは大きな需要が見込まれると期待されています。

リビングスタイリスト資格の独立について

独立して仕事を得るには、それまでのスキルが必要かと思います。簡単にフリーランスとして独立することは可能です。しかし、国家資格ではなく特殊な試験でもないため、新しく仕事を得るためにはクライアントの信頼や、それまでの実績は必要になるかと思います。

リビングスタイリスト資格資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*