移動式クレーン運転士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

移動式クレーン運転士は、日本において、労働安全衛生法に定められた国家資格(免許)の一つであり、移動式クレーン運転士免許試験に合格し、免許の交付を受けた人をいう。 吊上荷重5トン未満の移動式クレーンについては小型移動式クレーン運転技能講習を修了した人、吊上荷重1トン未満の移動式クレーンは移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育を修了した人であれば運転の業務に従事する事が可能であるが、技能講習修了者又は特別教育修了者であり、移動式クレーン運転士とは称呼しません。


クレーン運転士は幅広い年齢層の男女が目指せる、クレーン操縦士資格です。
クレーン運転士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
クレーン運転士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、クレーン運転士になるには?クレーン運転士なるためには?クレーン運転士になりたいを応援しております。

クレーン運転士になるために必要な知識・受験資格

クレーン及びデリックに関する知識、 関係法令についてや 原動機及び電気に関する知識、クレーンの運転のために必要な力学に関する知識、実技として クレーンの運転 クレーンの運転のための合図などがの知識が必要となっています。

クレーン運転士の資格は「安全衛生技術試験協会」が運営管理を行っております。

安全衛生技術試験協会とは:
公益財団法人安全衛生技術試験協会(あんぜんえいせいぎじゅつしけんきょうかい)は、厚生労働大臣の指定を受け、労働安全衛生法に基づくボイラー技士、クレーン・デリック運転士、衛生管理者、潜水士等の免許試験などを実施している公益法人。1976年(昭和51年)設立。前身は財団法人作業環境測定士試験協会。厚生労働省所管です

クレーン運転士

クレーン運転士ってどんな仕事?(仕事内容など)

クレーン運転士(クレーンうんてんし)は、日本において、労働安全衛生法に定められた国家資格(免許)のひとつであり、クレーン運転士免許試験(学科及び実技)に合格し、免許の交付を受けた者をいう。一定の規模以下のクレーンについては、技能講習又は特別教育を受けることで運転・操作することが可能となっており、それらの講習等を修了した者を指して言う場合もある。クレーン運転士になるためには、国家資格であるクレーン・デリック運転士免許や移動式クレーン運転士免許を取得する必要があります。クレーン免許には、次の4種類があるんです。 ■クレーン免許の種類 ①クレーン・デリック運転士免許(限定なし) 全てのクレーン、デリックを運転することができる。 ②クレーン・デリック運転士免許 (クレーン限定) デリックを除く全てのクレーンを運転することができる。 ③クレーン・デリック運転士免許(床上運転式クレーン限定) デリックと無線操作式クレーンを除いたクレーンを運転することができる。 ④移動式クレーン運転士免許 様々な移動式クレーンを運転することができる。公道を走る為には、運転免許証が必要です。

クレーン運転士資格取得の為の勉強法

クレーン運転士になるには独学では難しいのではないかといわれている国家資格ですが、まずは取得する勉強から始めることになります。クレーンに種類が多いところを見ても奥が深い仕事であることに間違いないと思います。クレーンの教習所や学校に通うのが一番確実な方法かと思います。 期間としては、大体7日~10日間ぐらいで卒業する事が出来ます。

クレーン運転士の専門学校や通信講座について

準備中です。


クレーン運転士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

クレーン運転士の資格試験料

学科試験 各免許試験とも 6,800円 実技試験(学科試験合格者・学科試験免除者) クレーン・デリック運転士 11,100円 移動式クレーン運転士11,100円)となっています。

クレーン運転士試験・検定の年間試験回数

常時行われています。

クレーン運転士試験科目等の内容

クレーン及びデリックに関する知識:10問(30点) 関係法令:10問(20点) 原動機及び電気に関する知識:10問(30点) クレーンの運転のために必要な力学に関する知識:10問(20点) 実技試験 クレーンの運転 クレーンの運転のための合図 などとなっています。

クレーン運転士資格の難易度

合格率は50%から60%ぐらいになっているので合格が難しい試験ではありません。

クレーン運転士資格の合格率

学科試験は55%から65%ぐらいになっています。

クレーン運転士試験の合格発表

発表試験の当日に合格日を発表します・

国家資格バナー

PR



クレーン運転士

クレーン運転士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

クレーン運転士所持者の職業例

建築・土木業界で活躍することが可能です。その他にも、製造業(工場勤務)でも重宝される資格なので、就職・転職の為に取得する受験者が大半です。 実務は、クレーンを動かして人間では運べない大きくて重い荷物を運ぶ仕事がメインになります。一見地味に思えるかもしれませんが、荷物の積み下ろしは連携作業が重要になるので、効率よく働くにはそれなりの経験が必要になります。年代別に見る年収より高めの年収です。活躍できる場所が多く、需要が高い資格ですが取得している人が少ないため移動式クレーン運転士の資格を持っている人は比較的スムーズに転職できるようです。

クレーン運転士に向いている人

移動式クレーンに少しでも関係のある重機や環境のことを勉強しなくてはなりません。もちろん、関連法なども勉強することになります。学ぶことが多い資格ですので、途中で投げ出してしまう人が多いのも事実です。ですが、諦めず努力できる人は移動式クレーン運転士に向いているでしょう。

クレーン運転士と同じ分野の他の資格

クレーン・デリック運転士免許、床上運転式クレーン限定免許などです。

クレーン運転士の年収・給料相場

クレーン運転工の平均年収は450万円程度と言われています。

クレーン運転士の現状

クレーン運転士は国家資格であり、需要も高く、収入も安定した水準で推移しているため、ねらい目の資格とも言えます

クレーン運転士の将来性

定年まで安定収入が得られるため将来性の高い資格と言えるでしょう。体力的にも40代になると厳しくなるため、現場で使われることが多い移動式クレーン運転士の資格を取得する人が多くなっています。

クレーン運転士の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

クレーン運転士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*