インテリア設計士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-21

公開日:2018-05-24

インテリア設計士は、インテリアを含む住空間や、個々のインテリアの計画・設計・施工・監理などに関して高度な知識と技術を持つ者に与えられる資格です。


インテリア設計士は幅広い年齢層の男女が目指せる、インテリア関係で幅広く活躍できる資格です。
インテリア設計士資格取得者は他にもインテリア設計士と呼ばれております。
インテリア設計士の資格は「国家資格」です。


資格広場は、インテリア設計士になるには?インテリア設計士なるためには?インテリア設計士になりたいを応援しております。

インテリア設計士になるために必要な知識・受験資格

インテリア設計士

使われる材料も、手触りや耐久性、適した物を選べる知識がなければなりません。インテリア設計士資格では、そういった素材から構造、さらに全体のバランスを計画し、空間への配置の仕方まで幅広い知識が必要です。さらに、電気系統や水回り、空調設備、いざという時の為の防犯設備などの知識も必要でしょう。

インテリア設計士の資格は「日本インテリア設計士協会」が運営管理を行っております。

日本インテリア設計士協会とは:
日本インテリア設計士協会の歴史は古く、昭和32年(1957年)に「全日本室内装備設計士協会連合会」として発足しました。翌33年(1958年)には、第1回の「室内装備設計士資格認定」を行い、それが今の「インテリア設計士資格検定」の始まりです。日本インテリア設計士協会の目的とするところは、インテリアに関する設計技術の向上を図ることにより、より快適で安全、かつ、豊かで魅力的な生活空間の創造に寄与し、さらに設計技術者の社会的地位の向上を図ることにあります。現在全国26ヶ所に支部協会があり、それぞれ、地域に密着した活動を行っているます。

インテリア設計士ってどんな仕事?(仕事内容など)

インテリア設計士は、経済産業大臣の許可を得た社団法人日本インテリア設計士協会が認定する資格で、インテリア空間ならびにインテリアに関する設計・施工などに関して、高度な知識・技術・技能があることを証明するものです。協会が行うインテリア設計士資格検定試験に合格し登録を行うことによりインテリア設計士の資格を取得することができます。

インテリア設計士資格取得の為の勉強法

インテリア設計士試験では、歴史から実際の設計技術まで、インテリアデザインに関するありとあらゆることを学びます。インテリアを勉強するには、まず知ることから始じまり、今までどんな技術が開発されてきたのか、またどのようなデザインが流行し求められてきたのか。家具一つデザインするにも、形だけでなく素材のことまで知っておく必要があります。また、協会が発行している「試験問題集」、「インテリア設計士テキスト(実技編)」、「インテリア設計士テキスト(学科編)」、この3冊からインテリア設計士試験のおよそ60%以上が出題されていますので購入しておくのもおすすめでしょう。

インテリア設計士の専門学校や通信講座について

準備中です。

インテリア設計士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

インテリア設計士の資格試験料

試験料は、2科目受験の場合15,000円(学科・実技、両科目受験の場合)。1科目受験の場合10,000円(学科・実技の片方受験の場合)。1科目合格済者10,000円(不合格科目再受験の場合)。となっています。

インテリア設計士試験・検定の年間試験回数

インテリア設計士資格試験は毎年年1回、7月に実施されます。試験は土曜・日曜の連続した2日間で行われます。試験時間は、まず1日目の初めに15分試験の説明があります。その後午前中に学科試験午後から実技試験となります。2日目は、午前、午後共に終日実技試験を行います。2日間にわたる試験になります。

インテリア設計士試験科目等の内容

2級では、「企画計画」生活住空間としての計画案・仕様書の作成「設計製図」室内設計図(設計意図・平面図・天井伏図・パースグリッドによる透視図・家具図面など)。1級では、「企画計画」生活住空間としての企画計画・仕様書の作成「設計製図」室内設計図(設計意図・平面図・展開図・天井伏図・透視図・詳細図)となっています。実技試験では、企画計画と表現技術が身に付いているかが評価されます。

インテリア設計士資格の難易度

他のインテリア関係の資格に比べて取りやすい資格となっています。特に2級試験は合格率80%程で、1度で受からなくも、何度か受ければ必ず取得できるでしょう。学歴や実務経験が必要なものの、その業界で働きたいと思っている人や、実際働いている人にとっては、気軽に受けることができる資格試験です。

インテリア設計士資格の合格率

合格率は2級で80%前後。1級で50%程度となっています。

インテリア設計士試験の合格発表

合格発表は8月で、受験者本人に郵送されてきます。学校で受けられた方は、まとめて学校から渡されることもあります。合格したら、日本インテリア設計士協会に登録する必要があります。

インテリア設計士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

インテリア設計士

インテリア設計士所持者の職業例

住宅展示場、マンションモデルハウス、インテリアショップ、デザイン事務所など。

インテリア設計士に向いている人

インテリア設計士の資格は、インテリア系の資格の中でも、設計をしたい人にとってはおすすめの資格でしょう。建築の資格は、高度に専門的で、実技試験も特にハードと言われています。インテリア設計士は、試験のハードルが低く設定されていますので、仕事をするために何か資格的な肩書きが欲しい、いずれ建築士の資格を取るためのステップを踏みたい、という人にもおすすめでしょう。

インテリア設計士と同じ分野の他の資格

インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、インテリアアドバイザー、インテリアデザイナーなど。

インテリア設計士の年収・給料相場

現在調査中

インテリア設計士の現状

インテリア製品(家具、カーペットなどの床材、照明器具、内装材)を企画・デザイン・設計する仕事。こういったデザインをする上での、素材に関する知識、人間工学の知識や、製図やパース(透視図)を仕上げる技術もインテリア設計士に求められています。また、近年の高齢化社会に伴う住宅やオフィスのバリアフリー化などのリフォーム需要が拡大していることも、インテリア設計士の需要として追い風になっています。

インテリア設計士の将来性

この資格の何より有利な点は、活躍できる職域がたいへん広いことです。住生活に関連するさまざまな業界や企業がインテリア設計士を必要としています。また、住宅以外にも学校やオフィス、店舗、病院など、活躍の場は多彩といえるでしょう。今後ますます活躍の場は広がり、有資格者の価値もさらに高まるでしょう。

インテリア設計士の独立について

インテリアの仕事には、コーディネートの知識だけでなく、各アイテムの知識や建築関係の知識と経験、そしてもちろんセンスが非常に問われる仕事なのです。また何よりお客様との会話が主になってきますのでコミュニケーション能力も大変重要になってきます。インテリア関連の仕事をする人は、設計事務所やデザイン事務所、メーカーで働く人も多いですが、フリーで仕事をする人が多いのも特徴です。

インテリア設計士資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*