管理業務主任者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-03-14

公開日:2018-05-30

管理業務主任者は、現行のマンションの管理の適正化の推進に関する法律制定にともないマンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うために設けられた国家資格のひとつです。マンション管理業(以下管理業務主任者の設置義務に記載の場合のみ)を営む際に設置が義務付けられているため、管理業務主任者はマンション管理業務上、その諸問題に精通していなければなりません。


管理業務主任者は幅広い年齢層の男女が目指せる、実生活に役立つ資格です。
管理業務主任者資格取得者は他にも管理業務主任者・管業・管理主任者と呼ばれております。
管理業務主任者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、管理業務主任者になりたいを応援しております。

資料請求はこちら

管理業務主任者になるために必要な知識・受験資格

民法に関する基本的な知識は、区分所有法・民法・組合運営・建築、建築基準法、設備・マンション適正化法です。試験科目は、管理事務所の委託契約に関すること・管理組合の会計の収入及び肢シユツの調定並びに出納に関すること・建物及び附属施設の維持または修繕に関する企画、実施の調査に関すること・マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること・前各号に掲げるものの他、管理事務の実施に関することになります。

管理業務主任者の資格は「一般社団法人マンション管理業協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人マンション管理業協会とは:
マンション管理業協会は、昭和54年に誕生しました。元は社団法人日本高層住宅協会内に設置された「高層住宅管理問題懇談会」とビルメンテナンス業界の有志で組織した「高層住宅管理懇話会」でした。専門性を高める方策の調査研究等目指す方向が同じであったことから、同年10月11日に任意団体として設立されました。分譲マンションをめぐるさまざまな問題が都市住宅問題の課題として注目され、この分野における専門団体の設立は各方面から大きな期待が寄せられたため、同年12月15日には建設大臣から社団法人設立の許可を得ました。平成25年4月1日より一般社団法人へ移行し、協会名称を一般社団法人マンション管理業協会へ変更となりました。

管理業務主任者

管理業務主任者ってどんな仕事?(仕事内容など)

管理業務主任者は、現行のマンションの管理の適正化の推進に関する法律制定にともない、マンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うための国家資格のひとつです。平成12年12月1日に成立した「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」に基づいて、マンション管理士、管理業務主任者という国家資格ができました。マンションの管理業を営む際に設置が義務付けられます。


管理業務主任者資格取得の為の勉強法

試験項目は、マンションの管理に関する法令及び実務に関すること(建物の区分所有等に関する法律・被災区分所有建物の再建等に関する法律・マンションの建て替えの円滑化等に関する法律・民法・不動産登記法・マンション標準管理規約・マンション標準管理委託契約書・マンションの管理に関するその他の法律等)、管理組合の運営の円滑化に関すること(管理組合の組織と運営・管理組合の業務と役割・管理組合の苦情対応と対策・管理組合の訴訟と判例・管理組合の会計等)、マンションの建物及び付属施設の構造及び付属施設の構造及び施設に関すること(マンションの構造・設備・長期修繕計画・建物設備の診断・大規模修繕等)、マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること(マンションの管理の適正化の推進に関する法律・マンションの管理の適正化に関する指針等)があり、そのための通信教育があります。

管理業務主任者の専門学校や通信講座について

管理業務主任者を目指すには、専門学校や通信講座を受講するというのも一つの手です。

資料請求はこちら

管理業務主任者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

管理業務主任者の資格試験料

管理業務主任者の試験料は手数料を含めて8,900円になります。

管理業務主任者試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回行われます。通報は12月の第1日曜日、実施地域は、札幌市・仙台市・東京都・名古屋市・大阪市・広島市・福岡市・那覇市で行われます。(周辺市町村の場合もあります)

管理業務主任者試験科目等の内容

試験内容は、マンションの管理に関する法令及び実務に関すること(建物の区分所有等に関する法律・被災区分所有建物の再建等に関する法律・マンションの建て替えの円滑化等に関する法律・民法・不動産登記法・マンション標準管理規約・マンション標準管理委託契約書・マンションの管理に関するその他の法律等)、管理組合の運営の円滑化に関すること(管理組合の組織と運営・管理組合の業務と役割・管理組合の苦情対応と対策・管理組合の訴訟と判例・管理組合の会計等)、マンションの建物及び付属施設の構造及び付属施設の構造及び施設に関すること(マンションの構造・設備・長期修繕計画・建物設備の診断・大規模修繕等)、マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること(マンションの管理の適正化の推進に関する法律・マンションの管理の適正化に関する指針等)が出題されます。

管理業務主任者資格の難易度

平成13年度から始まった試験で、試験の知名度が上がったこともあり、年々難化傾向となっています。また、試験範囲がほぼ同じで管理業務主任者試験より難度が高いマンション管理士とのダブル取得を目指す受験生も多く、管理業務主任者の合格者はマンション管理士試験の一部(マンション管理適正化法の5問)が免除されます。

管理業務主任者資格の合格率

合格率は2003年以降毎年20%前後で推移していて、合格率に対応した得点が合格基準点に設定されているようです。 問題が難しい年は高得点者の割合が少なくなるので、合格基準点が低くなり、逆に問題が易しい年は基準点が高くなるようです。 合格基準点は約33~35点の間で変動していて、合格には35点以上を目安に全体の7割弱の得点が要求されます。 また、総合得点で採点されます。

資料請求はこちら

管理業務主任者試験の合格発表

合格発表は、全受験者に対し、郵送にて合否通知が送られます。一般社団法人マンション管理協会の合格発表専用ページには合格者の受験番号が掲載されます。同時期に一般社団法人マンション管理協会の合格発表専用ページに、合格基準点・試験問題の正解が掲載され、官報に合格者の氏名及び受験番号が公告されます。


管理業務主任者

管理業務主任者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

管理業務主任者所持者の職業例

マンション管理会社・ビル管理会社

管理業務主任者に向いている人

管理業務主任者は、契約の際、説明をする管理業務主任者の所属するマンション管理業者の名称や住所など契約は新規に結ぶのか更新するのか、対象となるマンションの情報、委託される管理事務はどんな内容なのか、金銭の取扱いはどのように行うのか、保証契約の内容はどんなものか、契約の期間はどのくらいか、 更新・解除をする際はどうしたらいいのか、などこれらの説明を必ず行い、関連書類に記名押印をしなくてはいけませんので責任感の強いしっかりと内容を理解できて説明ができる人が向いているのではないでしょうか。

管理業務主任者と同じ分野の他の資格

マンション管理士・行政書士・宅建(宅地建物取引士)・社会保険労務士・区分所有管理士・建築物環境衛生管理技術者・建築整備士・賃貸不動産経営管理士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・一級建築士・二級建築士・木造建築士等

管理業務主任者の年収・給料相場

管理業務主任者の平均年収は410万円~800万円です。

管理業務主任者の現状

管理業務主任者のニーズは年々高まりつつあります。中でも特にニーズが高いのは、やはりマンション管理会社で、現在でも管理業務主任者資格保有者の多くがマンション管理会社に籍を置いて業務をこなしています。不動産会社や建設会社を系列に持つマンション管理会社であれば、規模も大きく、管理しているマンションの数も多いため、ある程度のスケールメリットが期待できます。管理業務主任者にとっても、働きやすい環境といえるのではないでしょうか。

管理業務主任者の将来性

マンション管理の仕事はマンションが存在する限りなくなることはありません。現在、日本には何百万戸といった単位のマンションが存在しますが、その多くは戦後まもなくや高度成長期に建てられたものであるため、深刻な老朽化の問題を抱えており、長期修繕計画の作成や、保守点検の外注の企画・調整などに携わる管理業務主任者の出番は、今後ますます増えることは間違いありません。

管理業務主任者の独立について

資格取得後に出来るだけ大手のマンション管理会社へ就職し、3年~5年は管理業務主任者としてしっかりと勤めれば経験や人脈も広がります。この経験を活かして、マンション管理会社を立ち上げ、地域に密着したマンション管理会社として営業活動をしていけば信頼を得ることが出来、成功するでしょう。

管理業務主任者資格を所有している主な著名人

尾崎勇気(タレント、元力士・隆乃若)

資料請求はこちら

コメントを残す

*

*