建設機械施工技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

施工管理試験の中では一番早くから行われている施工管理技士国家資格の1つです。資格の種類が1級と2級に分かれており、1級は各種の建設機械を用いた施工に関する指導・監督的業務で、土木工事業や舗装工事業など指定建設業の専任技術者や工事現場の監理技術者になることができます。


建設機械施工技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、現場管理者、技術監督者で建築現場の主任や管理者資格です。
建設機械施工技士資格取得者は他にも建設機械施工技士と呼ばれております。
建設機械施工技士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、建設機械施工技士になるには?建設機械施工技士なるためには?建設機械施工技士になりたいを応援しております。

建設機械施工技士になるために必要な知識・受験資格

試験自体の難易度は、学科は1級も2級も建築施工管理技士や土木施工管理技士などと比較するとかなり易しいと思っていいでしょう。実地試験もそれほど難しくありませんが、事前に行われる試験準備講習会は受験対策にはプラスになります。全体的に学科試験は出題範囲が土木施工管理技士や舗装施工管理技術者と重複する部分や建設機械に関する出題などは過去問で傾向を把握しながら勉強をすると効果的でしょう。

建設機械施工技士の資格は「一般社団法人日本建設機械施工協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本建設機械施工協会とは:
建設事業の機械化を推進し、国土の開発と経済の発展に 寄与することを目的に発足いたしました。以来、建設機械施工に係わるあらゆる分野において研究、普及、啓発活動を行い、我が国の建設の機械化を精力的に推進し、建設生産性を向上させ、今日の隆盛を見る原動力の役目を果たしてきました。

建設機械施工技士

建設機械施工技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

工事の現場ではさまざまな建設機械が活躍していますが、それら機械の運転技術および施工技術を体得していることを証明するのが建設機械施工技士の資格です。1級は指導・監督の立場で実務に当たれるレベルであり、2級は1級への大事な足がかりとなります。いずれの級も学科と実地の試験で構成されていますが、それぞれ試験地が異なります。

建設機械施工技士資格取得の為の勉強法

建設機械施工技士試験を独学するには、市販の参考書や問題集を使う方法が挙げられます。それなりに大きな書店であれば、建設機械施工技士の試験対策の書籍は売られています。とくに過去問題集を繰り返し解き、わからないところはきちんと解説を読むなどして理解しておき、苦手分野をなくすようにするとよいでしょう。学科試験では、建設機械を用いた工事を安全かつ正確に行うための知識が問われます。実地試験では、2級が建設機械を使った操作施工法について、1級は操作施工法に加えて、組合せ施工法に関する記述試験も行われます。1級の記述試験は合格率があまり高くないため、1級受験者はこちらの対策もしっかりとしておくことが重要です。

建設機械施工技士の専門学校や通信講座について

準備中です。


建設機械施工技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

建設機械施工技士の資格試験料

試験料は、<1級>(学科)10,100円(実地)27,800円。<2級>(学科)10,100円(実地)21,600円。となっています。

建設機械施工技士試験・検定の年間試験回数

年間の試験の回数は、(学科)6月中旬頃、(実地)8月下旬~9月中旬頃となっています。

建設機械施工技士試験科目等の内容

試験試験内容は、<1級>(筆記)土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、建設機械、建設機械施工法、法規(実地)組合せ施工法(記述式試験)、操作施工法(実技試験)第1種(ブルドーザ)、第2種(油圧ショベル)、第3種(モータ・グレーダ)、第4種(ロード・ローダ)、第5種(アスファルト・フィニッシャ)、第6種(アースオーガ)から1種目選択し科目を受験します。<2級>(筆記)土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、法規、選択種の建設機械施工法(実地)操作施工法(実技試験)第1種(ブルドーザ)、第2種(油圧ショベル)、第3種(モータ・グレーダ)、第4種(ロード・ローダ)、第5種(アスファルト・フィニッシャ)、第6種(アースオーガ)から1種目選択し科目を受験します。といった内容になります。

建設機械施工技士資格の難易度

建設機械施工技士の試験は、受験資格として必ず実務経験が求められるため、現職として建設業で重機オペレーターなどの仕事に就いている人が受験することがほとんどです。とくに実地試験については、実際に関連業務に携わっている人であれば、そこまで難しいと感じることはないくらいの基礎的なレベルの試験といわれています。

建設機械施工技士資格の合格率

建設機械施工技士は「1級」と「2級」の2種類の区分に分かれて実施されており、それぞれで学科試験と実地試験が行われます。合格率は、1級の学科が40%前後、実地が90%程度で、2級は学科が60%前後、実地が90%程度となっています。

建設機械施工技士試験の合格発表

合格発表は11月下旬頃に合否の通知が郵送されます。


建設機械施工技士

建設機械施工技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

建設機械施工技士所持者の職業例

建築業界、建設・工事現場など。

建設機械施工技士に向いている人

建設機械施工技士は、建設現場で用いられる大きな機械の取扱いに関わる仕事です。ブルドーザーやロードローラーといった、私たちの日常生活ではなかなか触れることのできない建設機械を正確かつ安全に動かすには、特別な勉強をして専門的な知識・技術を身につけなくてはなりません。一人前になるまでには覚えることも多いですが、こうした機械を見たり触れたりことが好きな人であれば、仕事を楽しみながら学ぶことができるでしょう。最近ではコンピュータが搭載された新しいタイプの建設機械も増えてきているため、最新の技術をどんどん身につけることを楽しめる人にも向いている仕事です。

建設機械施工技士と同じ分野の他の資格

足場の組立て等作業主任者、圧入施工技士、一級建築士、解体工事施工技士、基礎施工士、建設機械施工技士、建築施工管理技士、建築設備士、コンクリート技士など。

建設機械施工技士の年収・給料相場

年収は400万円~500万円程度がボリュームゾーンといわれますが、経験やスキルがある人ほど高く評価されやすく、よりよい収入を得ることが可能です。ベテランの建築機械施工技士となって責任あるポジションを任されるようになると、年収800万円程度を得ている人もいるようです。また、建設会社は大小さまざまな規模の会社があり、大手企業になればなるほど給与水準は高くなる傾向にあります。

建設機械施工技士の現状

建設機械施工技士は、建設業界で広く活躍することができます。建設機械を動かすためにはさまざまな資格が必要となりますが、建設機械施工技士は、それに関連する知識・技術を有し、工事が安全かつ効率的に進むように施工管理することができます。建設業法によって、工事現場には必ず「主任技術者」や「監理技術者」を選任することが義務づけられています。その選任条件のひとつとして「施工管理技士」の資格を持っていることが挙げられますが、建設機械施工技士を取得していれば、建設機械を扱っている現場で主任技術者や監理技術者になることが可能です。

建設機械施工技士の将来性

日本の建設機械は世界最高水準にあるといわれており、最近ではコンピュータ制御によるハイテクな建設機械も増えています。建設業界の仕事というと肉体労働が中心と思われがちですが、建設機械を取り扱うには繊細な操縦技術が求められ、非常に頭を使う面も出てきます。新しい技術にすぐ対応できる柔軟さや向上心がますます求められてくるでしょう。建設機械施工技士は、現場で働く多くの技術者たちをまとめていく存在として、今後もさらなる活躍が期待されています。

建設機械施工技士の独立について

現在調査中

建設機械施工技士資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*