特殊建築物等調査資格者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-30

特殊建築物等調査資格者とは、多くの人が出入りする特殊建築物(学校、病院、診療所、映画館、オフィスビルなど)の敷地構造や建築設備を定期的に検査する専門家です。受講要件は定められているものの、資格の取得自体は、講習と修了考査で完了します。

       

特殊建築物等調査資格者は幅広い年齢層の男女が目指せる、仕事の幅が広がります。資格です。
特殊建築物等調査資格者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
特殊建築物等調査資格者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、特殊建築物等調査資格者になるには?特殊建築物等調査資格者なるためには?特殊建築物等調査資格者になりたいを応援しております。

特殊建築物等調査資格者に必要な知識・受験資格

特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等定期調査制度、建築学概論をはじめ、 建築基準法令の構成と概要、 特殊建築物等の維持保全、 建築構造、 防火・避難などについて学んでいきます。受講資格にもあるように、もともと消防や消防設備、防火対象物点検、建築全般などについて知識と実務経験を持っていることが要求されます。

特殊建築物等調査資格者の資格は「一般財団法人日本建築防災協会」が運営管理を行っております。

一般財団法人日本建築防災協会とは:
建築に関する災害の発生を未然に防止するとともに、万一災害が発生した場合においても、人命の安全及び財産の保全を確保するため、建築の防災、維持管理に関する制度、技術に関する調査研究、開発、普及及び人材育成等を行う一般財団法人です。

特殊建築物等調査資格者の仕事内容

特定建築物調査員とは、登録特定建築物調査員講習を受講・修了した後、特定建築物調査員資格者証の交付をうけた者のことを言います。民間建築物、公共の建築物について定期調査・定期点検を行う者が特定建築物調査員です。具体的には、多くの人が出入りする特殊建築物(学校、病院、診療所、映画館、オフィスビルなど)の敷地構造や建築設備を定期的に検査する専門家のことです。

特殊建築物等調査資格者資格の勉強法

講習と修了考査で取得できます。講習内容としては、建築学概論、建築基準法令の構成と概要、特殊建築物等の維持保全、建築構造、防火・避難、その他の事故防止、特殊建築物等調査業務基準等などです。講習修了後には、受講内容についての修了考査が実施されます。

特殊建築物等調査資格者の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

特殊建築物等調査資格者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

特殊建築物等調査資格者の資格試験料

受講料は50,760円(テキスト代含む)です。

特殊建築物等調査資格者試験・検定の年間試験回数

東京では、10月上旬、12月上旬頃の年2回、開催されます。その他の開催地である名古屋では10月下旬頃、大阪では11月中旬頃、福岡では10月下旬頃にそれぞれ年1回、開催されます。

特殊建築物等調査資格者試験科目等の内容

特殊建築物等定期調査制度、建築学概論をはじめ、 建築基準法令の構成と概要、 特殊建築物等の維持保全、 建築構造、 防火・避難、特殊建築物等調査業務基準等などについて講習を受講します。こういった科目を4日間に分けて受講し、最終日に修了考査を受検します。

特殊建築物等調査資格者資格の難易度

講習と修了考査で終わります。そのため資格取得の難易度としては、非常に易しいと言えるでしょう。ただし、次のような受講要件があります。たとえば、「消防吏員として、5年以上の火災予防業務の実務経験を有する者」、「甲種消防設備士として、実務経験、5年以上の者」、「防火対象物点検資格者として、実務経験5年以上の者」、「これらと同等以上の知識及び実務経験を有する者」などです。そのため資格取得自体は易しいのですが、受講すること自体がハードルが高いものだと言えるでしょう。

特殊建築物等調査資格者資格の合格率

講習と修了考査で終わるため、合格率のデータはありません。

特殊建築物等調査資格者試験の合格発表

講習と修了考査で終わるため、別途に試験の合格発表があるわけではありません。

特殊建築物等調査資格者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等調査資格者所持者の職業例

建築設備会社などに勤めることができます。

特殊建築物等調査資格者に向いている人

普段から、防災や防火などの意識が高い人に向いているでしょう。また、点検が主な作業となりますので、細かいことにもよく気が付き指摘できる几帳面な人が向いているでしょう。

特殊建築物等調査資格者と同じ分野の他の資格

建築設備士、建築設備検査資格者、一級建築士、二級建築士など

特殊建築物等調査資格者の年収・給料相場

勤務する建築設備会社の規模や業務内容、および本人の役職などによって大きく異なります。平均的には300万円~500万円程度が最も多い年収ゾーンです。

特殊建築物等調査資格者の現状

建築基準法によって、公共施設や指定された民間施設は、建築物の点検を定期的に行うことが要求されています。この定期調査・定期点検を行うことができる資格であるため、建築設備関連会社の求人などでは、この資格を有することが条件になっている場合も多々あります。

特殊建築物等調査資格者の将来性

不特定多数の者が利用する大規模な公共性の高い建物は年々増加しているため、多数の人の生命・身体の安全を守るため特定建築物調査員の役割は広がっています。建築物の検査等の業務をしている会社にとっては特定建築物調査員の有資格者は必ず必要な人材であるために、求人も継続的に出ているので持っていると非常に役立つ国家資格であると言えます。

特殊建築物等調査資格者の独立について

独立を目指すよりは、建築設備関連会社に勤務する形が一般的です。

特殊建築物等調査資格者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*