木材加工用機械作業主任者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

木材加工用機械作業主任者は、木材加工用機械を5台以上を有する事業場において、木材加工用機械による作業についての労働災害を防止する国家資格です。この資格は、満18歳以上の木材加工用機械による作業に3年以上従事した経験を有する方が受講できます。


木材加工用機械作業主任者は18歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、木材加工現場の責任者資格です。
木材加工用機械作業主任者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
木材加工用機械作業主任者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、木材加工用機械作業主任者になるには?木材加工用機械作業主任者なるためには?木材加工用機械作業主任者になりたいを応援しております。

木材加工用機械作業主任者になるために必要な知識・受験資格

講座中に講師から修了考査に出題されるポイントが指示されるので、指示を守りながら受講しましょう。

木材加工用機械作業主任者の資格は「公益社団法人東京労働基準協会連合会」が運営管理を行っております。

公益社団法人東京労働基準協会連合会とは:
昭和34年に発足されました。労働基準法及び労働安全衛生法並びに関係法令の普及促進と働く人々の一般労働条件の確保・改善、労働災害防止、健康保持増進等を図ることを目的としています。

木材加工用機械作業主任者

木材加工用機械作業主任者ってどんな仕事?(仕事内容など)

木材加工機械を取り扱う作業を直接指揮し、機械及びその安全装置を点検し、それらに異常を認めたときには、直ちに必要な処置をとり、治具、工具等の使用状況を監視する責任者です。木材加工用機械作業主任者が係る作業には、技能講習研修が必要となります。技能講習を終了していないものに対して事業者が誤った作業指示等を行うと、事故や労働災害等の重大な災害要因にもつながる可能性もあります。ですから事業者としては仕事上、労働者である従業員にこの業務をさせる場合には、必ずこの作業主任者の資格である技能講習を受講させる必要があるのです。

木材加工用機械作業主任者資格取得の為の勉強法

木材加工用機械作業主任者講習規程で規定されている講習会に参加します。講習内容は、「木材加工用機械、その他安全装置などの種類、構造及び性能に関する知識(6時間)」「木材加工用機械、その他安全装置の保守点検に関する知識(2時間)」「木材加工用機械作業の方法に関する知識(5時間)「関係法令(2時間)そして修了考査が1時間というカリキュラムです。取扱いに慎重さが求められる木材加工用機械の安全管理に関する内容がメインとなっています。木材加工用機械作業主任者は、技能講習に参加すればほぼ確実に取得できる資格なので、特別な試験対策などは必要ないでしょう。受講者の多くは実際の木材加工現場での業務を経験している方ばかりですから、講習内容も当たり前の知識が多く、特に難しいと感じる内容ではありません。ただ木材加工現場の責任者として現場で指示を出すには、各種の法令や法規について精通しておく必要があるので、試験には「関係法令」からの出題があります。この部分は法律用語になじみのない方にとって若干難易度が高いと感じられるかもしれません。講習中には、講師から修了考査に出題されるポイントについては指示がありますので、このような指示は聞き漏らさないようにして、修了考査前にざっと確認できるようにしておきましょう。技能講習に際しては別売りのテキストがあるので、ほかの書籍や参考書などを購入する必要はありません。より深い内容に興味のある方や木材加工に関しての専門用語などについての参考資料を手元に置いておきたいのであれば、「木材加工用語辞典」や「木材切削加工用語辞典」などの書籍を用意しておいても良いでしょう。講座中に講師から出題個所についてのマーク指示などが細かく出ますので、こうした指示を守りながら受講しておけばほぼ確実に取得することができるでしょう。

木材加工用機械作業主任者の専門学校や通信講座について

団体によって実施されている講習があります。

木材加工用機械作業主任者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

木材加工用機械作業主任者の資格試験料

受講費用は10,000円程度とテキスト代が1,260円必要ですが、各都道府県によって受講費用額に違いがあるので、最寄りの教習機関の情報をよく確認しておきましょう。

木材加工用機械作業主任者試験・検定の年間試験回数

各都道府県の指定教習機関などで1年に数回行われています。

木材加工用機械作業主任者試験科目等の内容

修了考査は、講座科目の各科目での正答率40%以上、総合展は正答率60%以上で合格です。

木材加工用機械作業主任者資格の難易度

講習と修了考査で取得できるため、難易度は易しいです。

木材加工用機械作業主任者資格の合格率

合格率は、ほぼ100%となっています。

木材加工用機械作業主任者試験の合格発表

講習修了後に合格発表がされます。合格すると、原則として当日修了証(写真入りプラスチックカード)を交付されます。

国家資格バナー

PR



木材加工用機械作業主任者

木材加工用機械作業主任者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

木材加工用機械作業主任者所持者の職業例

木材加工業で特定の機械を5台以上備えている事業所は、作業主任者をおかなければならないと定義されていますので、資格手当などや給料面で優遇される可能性もあります。

木材加工用機械作業主任者に向いている人

責任感がある人に向いています。

木材加工用機械作業主任者と同じ分野の他の資格

家具製作技能士、

木材加工用機械作業主任者の年収・給料相場

木材加工機械を使った作業は基本的にアルバイトや派遣社員が行うことが多く、年収はそれほど高くないようです。資格を取得することで正社員としてもされリーマンくらいの年収を見込むことは可能なようですが、資格の有無のみでなく経験年数も大切なので、高収入を狙うならば実務経験があることが大切です。木材加工の作業では欠かせない資格でもあるので需要があり転職などでも利用できる資格です。

木材加工用機械作業主任者の現状

仕事場である木材加工業において、「丸のこ盤」・「かんな盤」・「帯のこ」・「面取り盤」及び「ルーター」に限るものとし、携帯用のものを除くなどの、特定の機械を5台以上備えている事業者においては作業主任者をおかなければならないと定義されていますので、大変責任のある資格となっています。

木材加工用機械作業主任者の将来性

この作業主任者以外にも実務や現場に応じてさらに別の資格会社から要求されることと思われます。労働安全衛生法に定められている技能講習の上位資格である免許もあり、現場に大路手取得した方が自身にも役に立ちます。技能講習の買い資格でもある特別教育をわざわざ後日に取得する必要はありません。なぜなら、技能講習終了した作業主任者の業務範囲に入っているからです。

木材加工用機械作業主任者の独立について

独立は可能です。独立を目標にしている方は、遅かれ早かれこの資格を取得するのがいいでしょう。

木材加工用機械作業主任者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*