木材接着士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-05-30

木材接着士は、木材や木質材料の接着などに関する知識などを有するかどうかを試す民間資格です。接着技術の技能・知識の向上を図り、木材産業を発展させることを目的としています。接着製品では、丈夫さが最も気になるところです。その要となる「接着」の確実性と製品の安定を確保し、良質の製品を市場に送り出す木材接着士の果たす役割は大きいです。


木材接着士は幅広い年齢層の男女が目指せる、良質の製品を市場に送り出す資格です。
木材接着士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
木材接着士の資格は「民間資格」です。


資格広場は、木材接着士になるには?木材接着士なるためには?木材接着士になりたいを応援しております。

木材接着士になるために必要な知識・受験資格

講習で習うことができますが、接着の基礎知識、接着剤の一般知識、木材・木質材料・木製品の一般知識、接着技術が必要です。

木材接着士の資格は「公益社団法人日本木材加工技術協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本木材加工技術協会とは:
昭和23年に発足されました。環境負荷の少ない適正な木材加工・利用に関する学術の振興と技術の向上及び普及を図るために活動しています。

木材接着士

木材接着士ってどんな仕事?(仕事内容など)

木材の接着技術は合板や集成材、パーティクルボードなどの気質材料の製造では欠かせない大切な工程のひとつです。この資格を取得するとJISやJASが認定している工場などで目次や木質材料の相互間あるいはほかの材料との接着、その製品化の業務を行う専門家となることができます。木材接着士は、技術と経験により接着による製品化に対して責任を持ち、安全で確実に行うことが必要となります。それによって、工場での接着の確実性や品質の管理に貢献しています。この資格を受験するためには、受験資格として学歴に応じた実務経験が定められているので、それを満たすことがまず必要となります。実務経験があることが前提となっているので、受験者にとってはこれまでの技術の再確認のような試験となっているようです。現在までに4000人を超える人々が受験しています。それほどメジャーではありませんが、木材の接着に関しては歴史があり、信頼のある資格のひとつとなっています。木材を扱う会社で働いている技術者が取得することで、社内的にも、対外的にも木材加工に関するスペシャリストであるというアピールにつながっていくことが期待できます。

木材接着士資格取得の為の勉強法

木材接着士資格検定試験を実施するにあたり、東京や他数か所で、「接着の基礎知識」「接着剤の一般知識」「木材、木質材料及び木製品に関する一般知識」「木材接着技術など求められる知識」「新しい接着技術を取り入れるために必要な知識の普及」についての講習会が、2日間にわたり開催されます。

木材接着士の専門学校や通信講座について

講習が実施されています。

木材接着士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

木材接着士の資格試験料

試験料は税込20,000円です。試験合格後、登録手数料は税込40,000円となります。会員は税込30,000円です。

木材接着士試験・検定の年間試験回数

毎年8月下旬頃に1回行われます。

木材接着士試験科目等の内容

接着に関する基礎知識、接着剤に関する一般知識、木材・木質材料や木製品に関する一般知識、木材接着に関する技術などですが出題されます。講習を受けることが可能になっているので、試験で出る内容などもそこで学ぶことができます。

木材接着士資格の難易度

これまでの技術の再確認のような試験なので、難易度はそれほど高くありません。

木材接着士資格の合格率

合格率は90%ほどです。

木材接着士試験の合格発表

受験修了後に合格発表があります。この資格は有効期限があり、期限は6年間です。更新するには協会が指定する講習を受講し、更新料を納付する必要があります。

木材接着士

木材接着士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

木材接着士所持者の職業例

工場や建設メーカなどです。

木材接着士に向いている人

基本的に立ち仕事が多く、手作業などでかなり体力や集中力が求められる仕事です。なので、健康第一、体力、集中力がある方に向いています。

木材接着士と同じ分野の他の資格

木材乾燥士、木材切削士

木材接着士の年収・給料相場

月収はおよそ15万~30万円、年収はおよそ200万~360万円となります。安定性のある収入が得られますがあまり高くなく、長く勤めても大きな昇給は見込めないでしょう。

木材接着士の現状

木材を利用した建築工事などでは、木材の加工や生産、利用に関する専門知識を持ったスタッフが必要不可欠です。木材接着士はそれほどメジャーではありませんが、木材の接着に関しては歴史があり、信頼のある資格のひとつとなっています。この資格は今後も消えない職業です。建築の為の資材から家具や楽器など、様々な用途で使われる合板は今後も需要があり、安価なため生産は続いていきます。新しい金属やそのほかの資材もありますが、合板ならではの良さが求められるため製品もあるため、今後も必要であり消えない職業となります。

木材接着士の将来性

将来性は資格の有無によって変わります。仕事をするだけであれば資格は必要ありませんが、就職する会社がJAS規格の認定申請をする際に必要とされている資格でもあるため、資格の有無が収入や転職に有利となるため、将来性にも期待できます。

木材接着士の独立について

木材接着士だけでは独立は難しいでしょう。木材乾燥士、木材切削士、構造物集成材管理士などのほかの資格も取得すれば独立できるのではないかと思います。

木材接着士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*