車両系建設機械運転技能者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

車両系建設機械運転手は、ブルドーザーやパワーショベルなど建設・土木の現場で必要不可欠となる建設機械を運転、操作できる資格を持った人たちです。各種の技能講習又は特別教育を修了する等によってそれらの運転又は操作を行うことができるようになります。


車両系建設機械運転技能者は18歳以上の男女が目指せる、仕事の幅が広がります資格です。
車両系建設機械運転技能者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
車両系建設機械運転技能者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、車両系建設機械運転技能者になるには?車両系建設機械運転技能者なるためには?車両系建設機械運転技能者になりたいを応援しております。

車両系建設機械運転技能者になるために必要な知識・受験資格

すべての種別について、該当車両に関する全般的な知識が要求されます。走行装置の構造や取り扱いの方法、また作業に関する装置についても構造、取り扱いおよび作業方法に関する知識が必要です。また、これらは実技講習でも課されるため、実地に車両や装置を操作できることが要求されます。

車両系建設機械運転技能者の資格は「厚生労働省」が運営管理を行っております。

厚生労働省とは:
国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つです。健康・医療、子ども・子育て、福祉・介護、雇用・労働、年金に関する政策分野を主に所管しています。

車両系建設機械運転技能者

車両系建設機械運転技能者ってどんな仕事?(仕事内容など)

労働安全衛生法の規定によって就業制限が課されている一定の車両系建設機械について、各種の技能講習又は特別教育を修了するなどの要件を満たすことにより、それらの運転又は操作を行うことを認められた作業者のことをいいます。ブル・ドーザーやパワーショベル、油圧ショベルなどの各種の建設機械を操作することができます。

車両系建設機械運転技能者資格取得の為の勉強法

試験ではなく、一定の講習を受講することにより取得することができます。ただし、学科・実技とも、修了試験が課せられます。修了済みの特別教育の実務経験の有無などにより所要時間は異なります。講習科目は、例えば学科であれば、「走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識」「作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識」などを学びます。また、実技では「作業のための装置の操作」などについて学びます。

車両系建設機械運転技能者の専門学校や通信講座について

準備中です。


車両系建設機械運転技能者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

車両系建設機械運転技能者の資格試験料

受講するコースや運転車両の種別によって大幅に異なります。たとえば、車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習の38時間コースならば105,000円かかります。また、同じ講習の14時間コースならば44,000円です。

車両系建設機械運転技能者試験・検定の年間試験回数

講習を実施する機関によって異なります。

車両系建設機械運転技能者試験科目等の内容

運転種別によって異なります。しかし、概ね学科においては、「走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識」「作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識」「運転に必要な一般的事項に関する知識」および関連法令を受講することになります。また、実技では「走行の操作」「作業のための装置の操作」を受講します。

車両系建設機械運転技能者資格の難易度

前項で記したとおり、講習受講のみで取得することができます。

車両系建設機械運転技能者資格の合格率

講習受講だけで取得することができます。

車両系建設機械運転技能者試験の合格発表

講習受講後に、修了試験が実施されることになります。


車両系建設機械運転技能者

車両系建設機械運転技能者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

車両系建設機械運転技能者所持者の職業例

ブルドーザーやパワーショベル、ホイールローダー、コンクリート圧砕機、コンクリートポンプ車の運転および操作を行うことができるようになります。建設・土木工事の現場においては必要不可欠の国家資格となっています。

車両系建設機械運転技能者に向いている人

まず、大型の機械や装置を扱うことに習熟しており、尚且つ車両の運転技術が優れた人に向いているでしょう。建設・土木の現場では危険な個所も多々あるため、臨機応変にそして慎重に物事を処理していくことが出来る人が望ましいと言えるでしょう。

車両系建設機械運転技能者と同じ分野の他の資格

フォークリフト運転技能者、移動式クレーン運転士、揚貨装置運転士、クレーン・デリック運転士など

車両系建設機械運転技能者の年収・給料相場

年収は会社や取得免許種別によって異なります。平均年収は417.2万万円(賞与込)です。

車両系建設機械運転技能者の現状

これらの資格を持っていないと、運転すらできない車両はたくさんあります。こういったブル・ドーザーやパワー・ショベル、油圧ショベルなどは建設・土木現場では欠かせない車両です。そのため、車両系建設機械運転者は、どのような種別であっても建設業界・土木業界では必要不可欠な存在です。

車両系建設機械運転技能者の将来性

現在、建設・土木業界では人手不足が叫ばれています。そのため、これらの業界はますます活気づいていくことが予想され、当然のことながら車両系建設機械の運転手の需要もますます大きくなっていくでしょう。

車両系建設機械運転技能者の独立について

独立を目指すよりは、建設・土木関係の会社に勤務することが一般的です。これらの講習を受講して資格を取得することによって仕事の幅は確実に広がります。

車両系建設機械運転技能者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメント・口コミ・体験談

  1. calpis0141 より:

    工業系の高校に通っていたので、3年生の夏休み期間に、学校で資格を取得することができました。
    実技試験と筆記試験があり、両方合格しないと取れない資格です。
    工業系の高校だったので、特別教育で13時間講習で早く取れますが、通常は、専門の教習所に通い、38時間講習を受けなければいけません。
    筆記試験が結構難しく、合格ライン点も高いです。
    専門的知識や重機の取り扱いについて、覚えなければならないので、他の運転資格を持ってないと結構キツかったです。
    実技試験も、ブルドーザーやトラクターショベルなど、何種類かあり、その中でもトラクターショベルは、前後左右の動きがなかなか上手く操作できず、後ろが見にくいので、バックが難しかったです。
    実際に乗る重機は、全部ではなく、代表的ないくつかの重機に乗りました。
    資格を取ったあと、公道で重機を運転する場合は、普通自動車免許(MT)が必要になります。
    最近多くの人が取得するAT限定では公道で重機を扱うことはできません。
    (calpis0141/愛知県在住/20代/女性)

コメントを残す

*

*