不動産実務資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

国家公務員 総合職 なるには

健全な経営を望む大家の方、不動産投資によって安定した将来を実現したい方、より高度なコンサルティング技能を身につけ顧客に安心したサービスを提供したい建築不動産関係の方のため不動産運用にまつわる実践知識を体系的に網羅した不動産投資専門資格です。


不動産実務は幅広い年齢層の男女が目指せる、安定した満室経営を実現するのに必要な実務知識を体系的に学べます。資格です。
不動産実務資格取得者は他にも旧大家検定と呼ばれております。
不動産実務の資格は「民間資格」です。

資格広場は、不動産実務になるには?不動産実務なるためには?不動産実務になりたいを応援しております。

不動産実務になるために必要な知識・受験資格

不動産に関する基礎的、あるいは全般的な知識が求められます。マスター認定講座になると、不動産運用設計に関する実務的な知識・技能を学ぶことができるようになり、不動産コンサルタントとして独立できる程度の知識も身に付きます。

不動産実務の資格は「一般財団法人日本不動産コミュニティー」が運営管理を行っております。

一般財団法人日本不動産コミュニティーとは:
不動産を通じて社会の発展に貢献するという考えのもと、全国35箇所以上の支部・SG(スタディーグループ)をネットワークし、実務知識の研鑽に努めている一般財団法人です。全な不動産市場の醸成のため、実際の経営に活かせる知識・ノウハウを学べるプラットフォームを構築しています。

不動産実務

不動産実務ってどんな仕事?(仕事内容など)

不動産実務検定(旧大家検定)は、大家さんに賃貸住宅の経営に必要な知識を高め、入居者に暮らしの良い住環境を提供することで、日本の賃貸住宅の向上と発展に貢献する資格です。 アパート・マンション経営者、建設不動産業界関係者、個人不動産投資家の方が、安定した満室経営を実現するのに必要な実務知識を体系的に習得できる資格です。

不動産実務資格取得の為の勉強法

全国各地の認定講座でライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。2級では主に賃貸管理運営に関する知識・技能、1級では不動産投資及び土地活用に関する知識・技能、そしてマスター資格では不動産運用設計に関する専門的かつ実務的な知識・技能を身につけることができます。

不動産実務の専門学校や通信講座について

準備中です。


不動産実務の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

不動産実務の資格試験料

2級は、受講料、テキスト代、送料、受験チケット・税込で39,720円です。1級は同じく、94,800円です。マスター認定講座では、216,840円となります。認定講座を受けずに検定試験のみを受験する場合、2級は7000円+税、1級は8000円+税となっています。

不動産実務試験・検定の年間試験回数

ほぼ毎日受験可能です。

不動産実務試験科目等の内容

2級認定講座では、賃貸管理運営に関する全般的な知識・技能を学ぶことができます。また1級認定講座では、不動産投資、土地活用に関する知識・技能を学ぶことができます。マスター認定講座になると、不動産運用設計、建築プランニング、相続対策等、総合的な不動産コンサルティングに関する知識・技能まで、不動産の運用に関するあらゆる知識を総合的に学ぶことができます。

不動産実務資格の難易度

認定講座を受講していれば、それほど難しいものではないでしょう。

不動産実務資格の合格率

全体としての合格率は明らかとなっていませんが、各々の試験において7割の正答率で合格します。

不動産実務試験の合格発表

受験方法は2通りあります、1つ目は、認定講座を受講し、その後に終了試験や認定試験を受けるというものです。2つ目は、直接、検定試験を受験するというものです。どちらも全国各地の試験会場におけるコンピューター受験であり、ほぼ毎日実施されています。また、合格発表は即日です。


不動産実務

不動産実務資格取得後の就職先・年収・報酬相場

不動産実務所持者の職業例

「J-REC公認不動産コンサルタント」として地域のインストラクター、不動産投資家など

不動産実務に向いている人

金融機関勤務や士業(税理士など)関係、不動産の売買や管理、建築など、不動産業従事者、既に大家さんとして安定的な収益を得ている人、これから不動産投資をスタートされる予定の人などに向いている資格でしょう。

不動産実務と同じ分野の他の資格

宅地建物取引士資格登録者、不動産鑑定士など

不動産実務の年収・給料相場

不動産関係のコンサルティング業務を行う場合は、勤務先の会社の規模によっても異なるでしょう。しかし、平均年収は600万円を超えており、全職種の中でも上位に位置します。また、賃貸業務を営む場合は、所有不動産の立地や環境、入居率によっても大きな差が出ます。

不動産実務の現状

たとえば不動産のコンサルティング業務の場合、どうしても胡散臭さがつきまといます。主な仕事がアドバイスをすることなのですから、誰にでもできるように思われてしまいがちです。また、今後、大きな需要が見込める業種ですが、現状の市場は決して大きなものではありません。

不動産実務の将来性

この資格を取得することによって、不動産に関する広範知識を有していることを客観的に証明できることになります。そのため、たとえば金融機関勤務の人や税理士の方などに関して言えば、仕事の幅が広がります。また、既に大家さんとして安定的な収益を得ている方も、後輩大家さんへ賃貸経営ノウハウを伝えていくといった、人生の次のステージに立つことができます。

不動産実務の独立について

大家などは、個人で行うことが前提です。また、不動産コンサルティング業務でも、十分な知識を有し、取引先を地道に開拓していけば独立可能でしょう。

不動産実務資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*