再開発プランナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-17

公開日:2018-05-31

森林 インストラクター 資格

再開発プランナーとは、再開発の分野で幅広い知識をもち、関係機関と連携しながら仕事を進めていくの民間資格です。人口減少や高齢化社会、環境問題などの社会情勢にも配慮することで、そこに住む人の生活の質を高めるまちづくりに寄与することができるのです。男性が約95%を占めています。


再開発プランナーは20歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、これからのまちづくりを担う専門家資格です。
再開発プランナー資格取得者は他にも再開発専門技術者と呼ばれております。
再開発プランナーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、再開発プランナーになるには?再開発プランナーなるためには?再開発プランナーになりたいを応援しております。

再開発プランナーになるために必要な知識・受験資格

都市開発法及び事業実施に係ること、都市計画法等の関連法規、不動産関連法規、評価・補償、都市づくりの理念・歴史等都市開発に関する基礎知識が筆記試験で出題されるので、必要な知識となっています。

再開発プランナーの資格は「一般社団法人再開発コーディネーター協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人再開発コーディネーター協会とは:
昭和54年に再開発コーディネーター協議会として設立されました。平成24年に一般社団法人再開発コーディネーター協会へ移行されました。

再開発プランナー

再開発プランナーってどんな仕事?(仕事内容など)

市民と専門家が協力して、より快適、安全なまちにつくりかえる再開発事業はとても大規模な事業となりますので、高度な専門家の参画が必要不可欠なものとなっています。その企画、事業計画、権利調整などの専門技術者が再開発プランナーであり、非常に重要な役割を担うことになり責任も大きいですが、その分やりがいもあるでしょう。

再開発プランナー資格取得の為の勉強法

スクール通学や通信講座などがあります。スクール通学や通信講座はあまり多くありませんが、インターネットで調べると開講しているスクールを見つけることができるので、自分に合った講座を選ぶことが大切です。これらのメリットは、わかりやすい教材が用意されていることや、わからない点を講師に質問することができる点です。また、スクールの過去の実績から合格者の体験談を聞くことができるのも、勉強を進めていく上で大変役に立ちます。一方、仕事をしながら通学する時間が確保できない、費用を抑えて勉強したいという方には、独学でも合格できる資格ともいえます。独学で勉強する際のポイントは、何と言ってもスケジュールを立てて勉強時間をしっかりと確保することです。働きながら合格を目指す方も多い資格なので、早朝や仕事後などにちゃんと自己管理できるかが合格への近道となります。

再開発プランナーの専門学校や通信講座について

スクール通学や通信講座があります。

再開発プランナーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

再開発プランナーの資格試験料

受験手数料は、税込21,600円となります。

再開発プランナー試験・検定の年間試験回数

毎年、筆記試験が8月下旬、実務経験審査が11月~12月に行われます。

再開発プランナー試験科目等の内容

試験は、都市再開発事業(都市における土地の合理的かつ健全な高度利用及び都市機能の更新に寄与する建築物及びその敷地の整備に関する事業)の企画、調整等に関する知識及び技術の水準を審査するため、都市再開発法をはじめ都市計画法、建築基準法、区分所有法、借地借家法、不動産鑑定評価基準など再開発に関する法規等の知識や事業計画、権利変換計画の作成などに関する技術についての筆記試験を行い、その合格者に対して実務経験審査を行います。筆記試験は、四肢択一式問題となっています。 実務経験審査は、3年以上の都市開発事業に関する実務経験の有無を、書類及び面接によって審査されます。

再開発プランナー資格の難易度

合格率が27%と低いので、難易度は難しいといえるでしょう。

再開発プランナー資格の合格率

合格率は、27%と少し低めになっています。

再開発プランナー試験の合格発表

筆記試験の合格発表日は10月上旬、実務経験審査の合格発表日は1月下旬となっています。


再開発プランナー

再開発プランナー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

再開発プランナー所持者の職業例

コンサルタント業、建設業、不動産業などです。

再開発プランナーに向いている人

完成すれば新しい街として残り続けるので、街の新しい歴史をつくることにやりがいを感じる方に向いています。

再開発プランナーと同じ分野の他の資格

建築士、インテリアプランナー、中小企業診断士、販売士、商業施設士

再開発プランナーの年収・給料相場

都市再開発は大規模な事業になるため、必然的に大手の不動産デベロッパーやゼネコンが主に手掛けることになります。したがって、これらの企業で働く再開発プランナーは比較的に高い水準の収入が期待できます。

再開発プランナーの現状

現在、東京などの大都市では、国際競争力強化に向けた都市機能の再編が進む一方で、老朽建築物等が密集した市街地や耐震性が不十分な中小ビルが残り、郊外では高齢化が進んだ住宅団地が取り残されています。地方都市では中心市街地が疲弊し、シャッター街となっている商店街が多く見られます。これからの市街地整備は、このような現在の都市の抱える様々な課題を解決し、安全、安心で活力と魅力のあるまちづくりを行っていくことが課題です。近年の人口減少・高齢化、地球環境問題、財政的制約などから、コンパクトな集約型都市構造への転換が求められていますが、その中で、防災性の向上、低炭素化の促進、そして豊かさを実感でき、また国際的にも魅力あふれる都市づくりを進めていく必要があります。そのためには、都市基盤整備とともに、都市機能の再編を目指した建築物の整備を一体的に行う市街地再開発事業が大きく寄与すると思われます。

再開発プランナーの将来性

再開発プランナーは、権利者の死産保全・有効活用と生活再建という観点から権利調整を行い。様々な法規制との整合を図りつつまちづくり事業を実現に導く包括的な役割を担っており、これからのまちづくりで最も期待される専門家であると言って良いと思います。市街地再開発事業のみならず、マンション建て替え、共同化、等価交換方式による建て替え、不動産の信託・証券化など、再開発を中心としたまちづくり手法が多様な広がりをみせているなかで、再開発プランナーはこれおからのまちづくりに大きく貢献することが期待されています。

再開発プランナーの独立について

ディベロッパーに関する企業や部署への移動が必要なため、独立は難しいといえます。

再開発プランナー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*