土地区画整理士技術検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

土地区画整理士とは、土地区画整理法に基づき、土地区画整理事業のが円滑に進むように、公平な立場で、土地提供者間の利害を調整する専門家です。公園や住宅、オフィスビル、商業施設等の街の中の調和を図り、より機能的で暮らしやすい街づくりに貢献します。

       

土地区画整理士技術検定は学歴によってそれぞれ異なる実務経験が必要です。の男女が目指せる、土地区画整理の専門家資格です。
土地区画整理士技術検定資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
土地区画整理士技術検定の資格は「国家資格」です。

資格広場は、土地区画整理士技術検定になるには?土地区画整理士技術検定なるためには?土地区画整理士技術検定になりたいを応援しております。

土地区画整理士技術検定に必要な知識・受験資格

土木工学や都市工学、衛生工学、交通工学、建築学、法律学、経済学、商学、経営学及び地理学に関する知識があるとよいでしょう。また、換地計画に関する実地試験があるので、これらの実務経験が必要となってくるでしょう。

土地区画整理士技術検定の資格は「一般財団法人 全国建築研修センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人 全国建築研修センターとは:
建設関連12分野90数コースの研修を開催のほか、土木施工管理技士試験、管工事施工管理技士試験、造園施工管理技士試験、土地区画整理士試験、監理技術者講習などを実施する団体です。以前は国土交通省所管の財団法人でしたが、公益法人制度改革に伴って一般財団法人へ移行しました。

土地区画整理士技術検定

土地区画整理士技術検定の仕事内容

土地区画整理士とは、土地区画整理事業をスムーズに施行できるように、土地区画整理の専門知識を有している者にあたえられる国家資格です。公平な立場で、土地提供者間の利害を調整する専門家で、事業の推進について中心的な役割を担います。土地区画整理事業に関する専門的知識の維持向上を図るために、国土交通大臣が主催する技術検定試験に合格すると、この資格が与えらます。土地の区画整理についての技術的な問題点から、建築についての知識にとどまらず法律についても専門知識があるので、土地収用に関してはすべてを任せることができる人材です。

土地区画整理士技術検定資格の勉強法

土地区画整理士技術検定は、択一問題の学科試験と記述式問題の実地試験とがあります。土地区画整理士の試験対策としては、学科試験については択一式の問題が出題されるため、過去問や問題集を数多く解いていくことが効果的です。実地試験は記述式であり、中には計算も必要とする問題もあります。そのため素早く正確に計算を出来るように練習しておくことや、法的手続きの手段や用語の説明をする問題もあるので相当量の暗記が必要になります。どちらの問題も、試験対策としてはテキストを購入して、数多くの問題を解いていくことが必要となるでしょう。過去問題集を利用すれば、試験問題の傾向や特徴を捉えることができるでしょう。

土地区画整理士技術検定の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

土地区画整理士技術検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

土地区画整理士技術検定の資格試験料

18000円です。ただし、実地試験のみの受験ですと、9000円になります。

土地区画整理士技術検定試験・検定の年間試験回数

1年に1回、9月上旬に実施されます。受験地は、東京・名古屋・大阪・福岡です。

土地区画整理士技術検定試験科目等の内容

学科試験と実地試験に分かれています。学科試験では ① 土地区画整理事業総論② 土地評価③ 換地計画④ 法規の各分野から出題されます。また、実地試験は、換地計画に関するものです。

土地区画整理士技術検定資格の難易度

前項で記述したとおり、容易な試験ではありません。ただし、それほど狭き門というわけでもなく、難易度としては「普通」とされています。

土地区画整理士技術検定資格の合格率

近年の合格率は学科試験においては、54.9%、実地試験においては40.8%ほどです。決して容易な試験とは言えないでしょう。

土地区画整理士技術検定試験の合格発表

合格発表日は、毎年12月中旬頃です。学科試験では、満点中、おおよそ60%以上の正解率(一部免除者も同様)で合格となります。実地試験では、総得点が、満点中60%以上の得点率で、以下の各試験科目中それぞれ以下の得点以上で合格となります。① 換地設計:満点45点中、12点以上② 実務経験:満点25点中、9点以上③ 事業計画:満点30点中、9点以上④ 移転補償:満点30点中、7点以上⑤ 法 規:満点30点中、7点以上です。

土地区画整理士技術検定

土地区画整理士技術検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

土地区画整理士技術検定所持者の職業例

土地区画整理事務所や、建設コンサルタント会社などで勤務することができます。特に大規模に土地を収用して再開発を行っているようなデベロッパーで働くときには、この土地区画整理士という資格が大変重要なものとして尊重されます。デベロッパー以外にも土地区画整理事務所や建設コンサルタント会社などへの就職もよくあります。

土地区画整理士技術検定に向いている人

土地区画整理士になるには、まず規定の実務経験が必要です。そのため、これらの実務経験を堅実に積んでいける人でないといけません。そして、整理事業の円滑な施行が進められるように、公平な立場で、土地提供者間の利害を調整する立場になるので、常に冷静に公正な判断ができるバランス感覚のある人が望ましいでしょう。

土地区画整理士技術検定と同じ分野の他の資格

行政書士、土地家屋調査士、宅地建物取引士など。

土地区画整理士技術検定の年収・給料相場

土地区画整理士とは、土地区画整理法に基づいて、公園や住宅とオフィスビル、商業施設等の街の中の調和を図り、より機能的で暮らしやすい街づくりに欠かせない土地区画整理業に関わる国家資格です。基本的にはこの資格が無いと出来ない仕事という訳ではありませんが、色々な場面で資格を所持しているというステータスが役立つので、不動産業の就職、転職に有利です。収入は、一般的には45歳前後で年収600万円ほどになります。

土地区画整理士技術検定の現状

土地区画整理士のメリットは、不動産会社への転職ができるようになることです。特に大規模に土地を収用して再開発を行っているようなデベロッパーで働くときには、この資格が大変重要なものとして尊重されます。土地の区画整理についての技術的な問題点から、建築についての知識にとどまらず法律についても専門知識があることが証明されているため、優遇されるでしょう。

土地区画整理士技術検定の将来性

地区画整理事業に伴う土地提供者間の利害関係を公正な立場から調整し、道路・公園・宅地などの区画整理事業をスムーズに進行させる仕事です。都市開発や環境整備への社会的ニーズの高まりとともに、注目度も増しています。この資格を取得することで、さらなるキャリアアップを実現することが可能です。

土地区画整理士技術検定の独立について

自分で 土地区画整理事務所や、建設コンサルタント会社などを設立して、独立開業してしまうことも可能です。

土地区画整理士技術検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*