自動ドア施工技能士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-06-04

自動ドア施工技能士は、国家資格です。この資格は独占名称資格であるため、資格取得者でなくても自動ドアの施工は行えますが、取得者以外が自動ドア施工技能士と称するのは禁じられています。自動ドアを扱う会社の技術者のうち、3人に1人が取得しています。


自動ドア施工技能士は幅広い年齢層の男女が目指せる、キャリアアップに最適資格です。
自動ドア施工技能士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
自動ドア施工技能士の資格は「国家資格」です。


資格広場は、自動ドア施工技能士になるには?自動ドア施工技能士なるためには?自動ドア施工技能士になりたいを応援しております。

自動ドア施工技能士になるために必要な知識・受験資格

自動ドア施行技能士が必要とされる知識は、機械と電子機器による高度なシステム全般についての知識です。人命にかかわる重要な業務を行うため、確かな技術を持っていることも必要です。受験資格で実務経験が要求されていることからも分かる通り、自動ドア施工技能士の資格を目指すつもりであれば、早い段階から実技試験を意識したスキルアップを図っていかなくてはならないのです。

自動ドア施工技能士の資格は「都道府県職業能力開発協会」が運営管理を行っております。

都道府県職業能力開発協会とは:
職業能力の開発及び向上の促進の基本理念の具現に資するため、各都道府県に設置された機関です。中央職業能力開発協会の下に属しています。

自動ドア施工技能士

自動ドア施工技能士ってどんな仕事?(仕事内容など)

街の至るところで見かけられる自動ドア。いまや商店などでは、あって当然の設備ですが、まれに死亡事故が発生するなど、その施工には重大な責任がともないます。そのような自動ドアの施工に必要な技能を有していると公的に認められているのが、自動ドア施行技能士です。この資格は独占名称資格であるため、資格取得者でなくても自動ドアの施工は行えますが、取得者以外が自動ドア施工技能士と称するのは禁じられています。現在では自動ドアを扱う会社の技術者のうち、3人に1人が取得していると言われ、自動ドアの業界の中ではメジャーな資格となっています。キャリアアップはもちろん、転職の際にも有利に働く資格です。

自動ドア施工技能士資格取得の為の勉強法

自動ドア施工技能検定には1級と2級があります。1級2級ともに学科試験と実技試験があります。自動ドア施工技能士の合格率は70%以上と、国家資格の中では取得が容易な方です。しかし、学科試験の内容については情報自体が少ないのでどのように勉強すればよいか悩んでしまうかもしれません。そういう場合は、過去問題を入手して繰り返して問題を解いてみるのが良いでしょう。技能検定試験の問題は過去の類似問題が多いため、丸暗記するだけではなく、なぜその答えになるのかという考え方の道筋や理屈などについて理解することが大切です。また独学だけでは不安だと思うのであれば、講習に参加するという方法もあります。

自動ドア施工技能士の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

自動ドア施工技能士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

自動ドア施工技能士の資格試験料

学科試験は3100円、実技試験は16500円です。ただし、この金額に関しては都道府県によって異なる場合もありますので、それぞれのホームページなどで確認するようにしてください。

自動ドア施工技能士試験・検定の年間試験回数

実技試験、学科試験ともに年に2回実施されます。実技試験は、6月上旬~9月上旬および12月上旬~2月中旬に行われます。また、学科試験は、7月中旬~9月上旬および1月下旬~2月上旬に行われています。

自動ドア施工技能士試験科目等の内容

1級2級ともに、学科試験と実技試験があります。学科試験は択一式です。科目は「自動ドア一般」「施工法」「材料」「保守点検」「建築構造」「製図」「関連法規」「安全衛生」です。一方、実技試験ですが、2級は「自動ドア装置の取り外し、分解、組み立て、調整」と「アルミ板の切断、穴あけ、タップ加工、組み立て、部品の取り付け」を実際に行い、1級はそれに加えて指示されたシーケンス回路を完成させるという課題を実施します。

自動ドア施工技能士資格の難易度

前項にも記しましたが、国家試験の中では、やや易しい方の試験です。ただし、級別で見てみると、2級は「簡単」と分類されていても、1級に関しては、もう少し難易度が上がり「普通」となります。

自動ドア施工技能士資格の合格率

学科試験と実技試験を合わせた合格率は70%~80%程度です。学科試験だけの合格率は80%を超えています。国家試験の中での難易度としては、やや易しい部類の資格でしょう。

自動ドア施工技能士試験の合格発表

試験の日程によって、それぞれ10月上旬・3月中旬に行われます。結果は、本人に直接通知されます。

自動ドア施工技能士

自動ドア施工技能士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

自動ドア施工技能士所持者の職業例

資格を活かした主な就職先は自動ドア関連会社になります。資格を所持していると数万円の資格手当を支給される場合もありますし、転職の際にも有利に働きます。会社の方も常に有能な人材を求めているため、逆に、費用を負担して資格取得を後押ししてくれるケースも少なくありません。

自動ドア施工技能士に向いている人

人命にかかわる重要な仕事であるため、責任感が強く、自らの仕事の重要性についてしっかりと自覚できる人が望ましいでしょう。また、自動ドアは機械と電子機器による高度なシステムが詰まったものです。そのため、常に勉強を怠らず、機械や精密機器のプロフェッショナルを目指せる人が向いているでしょう。

自動ドア施工技能士と同じ分野の他の資格

昇降機検査資格者、建築設備士、建築施工管理技士、特殊建築物等調査資格者、設備士、建設機械施工技士など

自動ドア施工技能士の年収・給料相場

年収は会社によってかなり異なりますが、キャリアを積んで40代になれば450万円~600万円程度が目安となるでしょう。

自動ドア施工技能士の現状

現在では自動ドアを扱う会社の技術者のうち、3人に1人が取得していると言われ、自動ドアの業界の中ではメジャーな資格です。一方、自動ドア関連会社では、有資格者を多く抱えていることが会社の評価にもつながります。そのため、資格を所持していることは大きなプラスとなります。会社の方も常に有資格で有能な人材を求めているというのが現状です。

自動ドア施工技能士の将来性

自動ドアのシステムは年々複雑化していっているため、信頼のおける施工を行うためには本資格取得者が欠かせません。自動ドア関連会社では重宝されるため、本資格取得は決して小さくない意味があります。自動ドア業界に進むのならまずこの資格を押さえておくべきです。

自動ドア施工技能士の独立について

独立するための資格ではなく、自動ドア関連会社でのキャリアアップに必要な資格です。

自動ドア施工技能士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*