設備士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-06-04

設備士とは、設備に関する資格取得者で、設備管理に関する深い知識と経験を有する技術者です。設備士と一口に言っても対象設備によって各種の設備士があります。国家資格である消防設備士、建築設備士から民間資格の防犯設備士まで、その内容もさまざまです。


設備士は資格によって異なるの男女が目指せる、各種種類があり、多様性に富む資格です。
設備士資格取得者は他にも消防設備士、防犯設備士などと呼ばれております。
設備士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、設備士になるには?設備士なるためには?設備士になりたいを応援しております。

設備士になるために必要な知識・受験資格

各資格によって異なります。たとえば国家資格であり消防設備士の場合、消防関係法令に関する知識、整備対象である設備の構造や機能、工事・設備についての知識が要求されます。また液化石油ガス設備士は、設備工事にひつような機械や器具に関する知識はもちろんのこと、配管理論や配管設計、燃焼理論も試験されます。もちろん、この場合においても各種関連法令についても知識は絶対に必要です。

設備士の資格は「資格によって異なります。」が運営管理を行っております。

資格によって異なります。とは:
資格によって異なります。

設備士

設備士ってどんな仕事?(仕事内容など)

一般的に、設備に関する資格取得者で、設備管理に関して専門的な知識や技術を持つ技術者のことです。各種設備士が存在していますが、国家資格では、例えば消防設備士、液化石油ガス設備士、浄化槽設備士、建築設備士などが設備士として挙げることができます。また民間資格として防犯設備士、空気調和・衛生工学会設備士などが存在します。

設備士資格取得の為の勉強法

各資格によって異なります。たとえば消防設備士では、試験問題が持ち帰り不可のため、過去問題集なるものは存在しません。そのため、市販されている「予想問題集」などを購入して対策していくのが一般的です。また、液化石油ガス設備士などのように、技能講習が課されるものもあります。この場合は、単なる知識習得にとどまらず、実地の経験を積むことが必要とされます。

設備士の専門学校や通信講座について

準備中です。


設備士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

設備士の資格試験料

各資格によって異なります。また、それぞれの資格の中でも試験の種類によって異なります。たとえば消防設備士試験では、甲種の試験は5,000円で、乙種の試験は3,400円です。一方、浄化槽設備士の資格を講習によって取得しようとする場合、受講料は86,700円となっています。

設備士試験・検定の年間試験回数

各資格によって異なります。たとえば液化石油ガス設備士試験は、47都道府県知事が施行する試験ですが、筆記試験は例年11月第2日曜日に全国一斉実施され、技能試験はいくつかの県における例外を除き、同月第4日曜日に行われています。

設備士試験科目等の内容

各資格によって異なります。国家資格である消防設備士の甲種特類では、筆記試験が課され、その内容は「消防関係法」「工事整備対象設備等の構造・機能・工事・設備」「工事整備対象設備等の性能に関する火災・防火」で構成され、それぞれ15問ずつ出題されます。また、同じく甲種でも特類以外では筆記試験以外に実技試験が課され、「鑑別等」が5問、「製図」が2問出題されています。

設備士資格の難易度

各資格によって異なります。実際に試験が行われるものもあれば、講習を受講してその修了をもって資格取得を認定するものもあります。ただし、受験をする際に学歴によって実務経験が必要であったり、他の資格を保持していることが必要な場合もあります。講習の受講も同様で、ある一定の資格を保持していることが、受講のための要件となっている場合があり、決してハードルが低いわけではありません。

設備士資格の合格率

各資格によって異なります。たとえば、国家資格である建築設備士では、三次まで試験がありますが、最終合格率は15%から20%の間で推移しています。

設備士試験の合格発表

各資格によって異なります。たとえば、国家資格である浄化槽設備士の場合は、9月中旬に(公)日本環境整備教育センターのHP上で発表となっていて、例年9月第2月曜日に行われています。

国家資格バナー

PR



設備士

設備士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

設備士所持者の職業例

各資格によって異なります。たとえば建築設備士は、建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対し、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行うものとされています。また液化石油ガス設備士は、一般家庭用等のLPガス供給設備・消費設備の設置工事又は変更工事を行うことができます。

設備士に向いている人

各資格によって異なります。しかし、どれもインフラに関わる資格であるため、対象の設備等に対する深い知識と経験が要求されます。そのため、常に勉強を怠らず、最新の知識の習得に努めることが出来る人が向いているでしょう。また、独立した場合には、自ら取引先を開拓していくなどの営業力なども必要とされるでしょう。

設備士と同じ分野の他の資格

危険物取扱者、放射線取扱主任者、技術士など

設備士の年収・給料相場

各資格によって異なります。建築設備士の場合、平均年収は700万円以上800万円未満とされています。消防設備士の場合、平均年収は400万円とされていますが、雇用先の企業の規模や役職によって異なってきます。大手企業の場合なら、500万円~700万円程度、中小企業の場合では、300万円~400万円程度です。また、消防設備士の場合で独立すると、年収は800万円ほどになります。

設備士の現状

各資格によって異なります。たとえば、消防設備士の場合、社員が数名しかいない会社では、顧客によっては休日に点検作業が発生することがあります。休日出勤は当たり前の世界です。代休も簡単には取れないでしょう。また仕事の内容についても、消防設備の会社は、仕事の請負形態が様々で、施工管理をメインにしているところから、現場オンリーの会社までさまざまです。求人は、比較的安定している職業です。

設備士の将来性

消防設備士の資格は、受験した県だけでなく全国どこでも有効です。ビル管理やメンテナンスを行っている企業に転職を希望している人には、大きな強みになる資格です。主な転職先としては、建物の防災設備の工事や管理業務を行うビル管理会社やプラント建設会社、ビル設備会社などの企業が考えられます。防災設備の設置や点検、整備は必ず行わなくてはならないため、求人が比較的安定している職業といえるでしょう。将来は独立することも可能です。

設備士の独立について

各資格によって異なります。たとえば消防設備士などは、前項で記したとおり将来的に独立も可能です。

設備士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*