国際的な仕事や活躍を目指せる資格一覧!海外就職・転職におすすめ!

語学力や海外経験を活かして、国際的な仕事で活躍したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

海外での就職・転職に有利になる、おすすめの資格を一覧にまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。一覧に載せきれていない資格も無料で資料請求できるので、まずはいろいろな資格を比較してみることをおすすめします。

自分のスキルアップに繋がる資格を取得して、世界で活躍できるように1歩踏み出してみませんか?


国際的な仕事に生かせる資格一覧

メディパートナーバナー

無料で資料請求する

早速ですが、国際的な仕事で活躍を目指せる資格一覧を紹介していきます。この一覧以外にも様々な資格があるので、まずは無料の資料請求で比較してみることもおすすめです。

通信講座やスクールの情報が豊富に揃っているので、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

全国通訳案内士試験

メディパートナーバナー

通訳の資料を取り寄せ

全国通訳案内士試験とは、日本へ観光に来た外国の方にガイドや通訳を行うために必要な資格です。国家資格であるため難易度が高いので、通信講座やスクールに通って資格取得を目指す方が多いです。無料で資料請求ができるので、是非チェックしてくださいね。

通訳の仕事は、語学力はもちろんのことコミュニケーションスキルや判断力も必要といわれています。さらに、通訳ガイドとして活躍するには日本の文化や地理、歴史、政治、伝統などの知識も求められるでしょう。

日本にいながら国際的な仕事をしたいのであればおすすめの資格ですし、将来海外で就職・転職を考えている方にも有利な資格といえそうですね。

米国公認会計士(USCPA)

メディパートナーバナー

USCPAの資料請求なら

米国公認会計士とは、米国の各州で認定されている会計士の国家資格のことを指します。資格を取得するために通信講座や通学スクールを利用する方が大半です。難易度が高い資格なので、まずは無料の資料請求で自分に合った講座を見つけてみてはいかがでしょうか?

会計をはじめ経理、財務、法務、税務、監査などのビジネスに生かすことができる専門知識が求められることに加え、出題される試験内容は全て英語のため英語力も試される資格です。また、出題範囲が広いことで知られています。

米国公認会計士は世界中のビジネスシーンで1番に認知されている会計士の資格であることから、海外就職や転職に非常に有利な資格といえます。

日本語教育能力検定試験

メディパートナーバナー

日本語教員になるには

日本語教育能力検定試験とは、「公益財団法人日本国際教育支援協会」が認定している民間資格を指します。日本語教員を目指している方におすすめの資格であるので、気になる方はまず無料の資料を取り寄せてみませんか?

日本国内・国外問わず、教育機関にて就職・転職を考えているのであれば、日本語教員の資格を取得することで有利になる可能性があります。試験で出題される問題は、日本語はもちろん日本の社会についてや教育に関係する知識も求められます。

さらに、海外で日本語教員として就職・転職するのであれば、日本とその国の言語や文化、風習、政治の違いについても把握しておく必要がありそうです。

BATIC(国際会計検定)

メディパートナーバナー

BATIC資料を無料請求

BATICとは、日本の「東京商工会議所」が認定する公的資格を指します。BATICの資格を確実に取得するには、通信講座やスクールに通うことを視野に入れて考えましょう。まずは無料の資料請求で、様々な講座を比較してみることをおすすめします。

国際会計や英文簿記の知識やスキルに関する能力が求められ、海外のビジネスシーンに必要不可欠な英語力と国際的な会計スキルを同時に試される試験に合格する必要があります。

受験資格に制限は特に設けられていないため、学歴や年齢、国籍を問わずだれでも受験することが可能です。試験内容は全て英語で出題されるため、確かな英語力が必要といえます。

海外就職はもちろん、国内の外資系企業に就職・転職を考えている方におすすめの資格といえます。会計や財務職に就いている方がスキルアップのために取得する資格でもあります。

海外での就職に有利になる?海外で取得できる資格をまとめてみた
海外で取れる資格・海外でしか取れない資格をご存知でしょうか。就職活動中の学生さんや転職を考えている社会人の方は是非ご参考ください。海外での就職に有利になる資格だけではなく、変わった資格もご紹介しています。
国際公務員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析
国際公務員とは、大きく分けて「国際連合」「国連総会により設立された国連の下部機関」「専門機関」「その他の国際機関」の4種類の国際機関で働く人のことをいい、国際公務員は、「国」という概念を超えて国際社会の利益と共存のために仕事をすることが求められます...

国際的な仕事で活躍するのに必要なスキルは?

国際的な活躍を目指せる資格一覧

国際的な仕事で活躍できる資格を一覧で紹介したところで、資格の他に取得しておきたい知識やスキルを一覧にして紹介していきます。

海外で就職・転職を考えている方はもちろん、国際的な仕事に就きたい方は参考にしてみてくださいね。無料で資料請求も可能なので、目を通してみることもおすすめですよ。

国際的な仕事で活躍するには「語学力」

国際的な仕事で活躍するために必要なスキルは、なんといっても「語学力」でしょう。語学力は、英語に限らず中国語や韓国語など様々な言語も必要とされる場合もあります。

就職・転職する企業と直接関係がある国の言語を話せることで、内定まで有利になる可能性が高まるといわれています。

国際的な仕事に就き、第一線で活躍するためには語学力を磨くことが第一優先です。英語の実力を試すにはTOEICのスコアが証明になりますので、挑戦してみるのもおすすめです。

国際的な仕事で活躍するには「理解力」

国際的な仕事をするにあたって、理解力は非常に重要なスキルでしょう。

国によって文化や歴史は異なりますし、価値観や考え方は人によっても違いがありますよね。まず異文化への理解を深めなければ、人間関係で柔軟な対応もできません。

国柄の特色を理解することで、現地で生活する人々へ対する対応もだんだん理解することができるようになるといえます。そのため、理解力を高めることは重要なカギとなりそうですね。

国際的な仕事で活躍するには「判断力」

国際的な仕事では、適切な判断力が求められます。

判断力は自分自身の経験や体験によって培い、身に付けなければなりません。そのためには、現地の方々と交流を深めたり、コミュニケーションを取ることによって得られるスキルとも言えそうです。

もちろん、初めは失敗から学ぶことも多いでしょう。そうやって適切な判断力を磨いていくことが大切なのかもしれません。

国際的な仕事で活躍するには「資格取得」

資格を持っていないと働くことができない職種も存在します。

明確につきたい職業や業種が決まっているのであれば資格を取得することが、国際的な仕事を始める為の第一歩でしょう。

国際的な仕事で求められる資格は様々な種類がありますが、どれも難易度が高い傾向があります。通信講座やスクールに通って試験対策する方も多いので、まずは無料で資料請求を利用することをおすすめします。

国際的な仕事で活躍するには「海外経験」

国際的な仕事に就職・転職を決めているなら、海外文化を知るためにも「海外経験」を積んでおくことをおすすめします。

海外で生活することによって、語学力だけでなくコミュニケーションスキルも身に付きます。国際的な仕事で活躍するには必要な力といえるでしょう。

また、慣れない海外生活で学ぶことも沢山あります。異文化に触れることで、自分の自信に繋がる経験ができるはずです。

国際的な仕事にはどんな種類がある?

国際的な活躍を目指せる資格一覧

いざ国際的な仕事に就きたいと思ってはいても、どんな職種や業種があるのかご存知ですか?

自分の興味のある分野や、知識やスキルによって仕事や業務内容を考えてみるのもいいかもしれません。また、資格を取得してから考えたい方は無料の資料を取り寄せてみるのも1つの手ですよ。

国際的な仕事で活躍したいと考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

語学力を生かす国際的な仕事

自分自身の語学力を生かせる国際的な仕事を一覧で紹介していきます。

英語や他の言語に自信のある方にはぴったりな職業かもしれません。また、語学力を生かす職業は日本語の能力も求められますので、日々の勉強や努力が必要だといわれています。

通訳・通訳ガイド

異なる言葉を話す方たちの仲介をするのが通訳の仕事ですが、外国人を案内・ガイドする「通訳案内士」や、特許翻訳ともいわれている「知財翻訳者」など、通訳の業務内容は様々な分野に特化しています。

また、通訳には、正確さが求められる「逐次通訳者」と、即時に通訳する「同時通訳者」というものが存在しています。

翻訳家

外国語で書かれた文章を日本語に翻訳するのが「翻訳家」の仕事です。

翻訳家には、英語教材を編集する仕事や、医療関係の書類を日本語訳し作成する「メディカルライター」さらに、映画を翻訳し字幕を作る「映画字幕翻訳」なども存在します。

日本語教師・語学教師

教師として語学を教える仕事もあります。

外国人に日本語を教える「日本語教師」や日本人に外国語を教える「外国語教師」また、子供を相手とする「児童英語教師」という仕事もあります。

知識やスキルを生かす国際的な仕事

個々の知識やスキルを生かせることができる国際的な仕事一覧を紹介します。

すでに知識やスキルを身に着けていて、それを国際的な仕事に生かしたい方におすすめできる職業をまとめてみました。

貿易事務

海外企業・メーカーや商社の事務職を行う仕事です。書類関係が英語で書かれていることが多く、英語力が求められます。

貿易会社や総合商社、航空会社などで活躍できます。

国際秘書

海外で活躍する方のサポートに回ることが仕事の国際秘書。秘書業務は日本語と外国語で行われるため、語学力が求められます。

外資系の企業や国際の機関で勤務することが多いです。また、海外と取引することが大半なので、国際的なビジネスマナーが問われます。

通関士

輸出入品の関税手続きを行うのが通関士。書類関係は全て英語で作成します。物流の専門家として、通関法や関税法の専門知識が必要です。

海外営業・商社

海外の企業に対して営業・取引を行う「海外営業」「商社」も語学力が求められます。ビジネス英語が必要不可欠な職業であり、商談力も求まられる仕事です。

国家公務員として働く国際的な仕事

国家公務員としてグローバルに働くことができる、国際的な仕事を一覧で紹介します。

国家公務員は人気の職業ですが、そんな国家公務員の中でも国際的に活躍できる部署が存在するので参考にしてみてくださいね。

国際公務員・国連職員

国際連合などの国際機関で働いているのが「国際公務員」「国連職員」です。英語、もしくはフランス語が必須スキルであり、国際問題を解決できる人材が求められます。

外交官・外務省専門職員

海外と外交を行うことや、語学のスペシャリストとして仕事しているのが「外交官」「外務省専門職員」です。

日本の顔として働くことができる、行動力・社会的な人材でなければ務まらない仕事であるといわれています。

入国審査官・入国警備官

日本へ入国、または出国する日本人や外国人の審査と管理、警備を行うのが「入国審査官」「入国警備官」の仕事です。

航空管制官

空港や航空交通管制部で勤務し、航空機を誘導するのが「航空管制官」の仕事です。

専門的な分野の国際的な仕事

専門的な分野で活躍する、国際的な仕事の一覧を紹介していきます。

国際的な仕事の中には、専門性の高い職業も豊富に存在します。国際的に活躍する方法は沢山あるので参考になれば嬉しいです。

パイロット

航空機を操縦する「パイロット」も、海外へ行くことがあれば語学力が必要です。

航海士

パイロットと同じく、海外へ出向くことがあることがあれば語学力は必須です。

国際ボランティア・NGOスタッフ

NGOと呼ばれる民間団体で、多種多様な分野で活躍する「国際ボランティア」「NGOスタッフ」は、ボランティアもしくは有償で働いています。

青年海外協力隊員

発展途上国で事業の開発などを手助けするのが仕事の「青年海外協力隊員」は、語学力だけでなくコミュニケーション能力が問われる仕事です。

留学カウンセラー

日本人・外国人の留学を手助けする仕事です。海外で就職し、日本人の留学をサポートする場合も。

観光局スタッフ

日本国内に存在する諸外国の観光局に勤務する「観光局スタッフ」は、語学力が欠かせない仕事です。

国際的な仕事で活躍するおすすめ資格一覧!海外就職・転職方法まとめ

メディパートナーバナー

無料で資料請求する

いかがでしたか?

国際的な仕事で活躍が期待できる資格を一覧にして紹介してみました。一覧以外にもおすすめの資格が数多く存在しますので、まずは無料の資料請求で比較してみることをおすすめします。

国際的な仕事に就職・転職するには資格取得も大事ですが、個々のスキルや知識も大きく関係してくるといえそうですね。

就きたい職業によって必要な能力は異なってくるので、まずは自分自分自身と向き合うことが大切なのかもしれません。