就職にも有利!?MOS資格取得のメリットや就職先についてご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2018-12-13

公開日:2018-11-12

モス資格

今回はこれからの時代ますますニーズが高まるMOS資格に関して、就職の際になぜ有利になるのかその理由や資格取得のメリットについて調査しました。またMOS資格取得者の主な就職先も紹介しているので是非参考にして下さい。


今の時代どんな業種に就職するにしてもパソコンスキルの取得が必須となっています。

そのため、特に人気の就職先であるIT関連企業等に就職する際にそのスキルを証明するMOS資格を持っていることで多くのメリットが享受でき、就活も有利に働くかもしれません。

今まさに就活中の学生、もしくは転職中の方はこの記事は必見です。

就職の際に絶対取っておきたいMOS資格とは?

モス資格

MOS資格とは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の略でWord、Excel、 Access、 Power Point、Outlookの5つのマイクロソフトオフィスのツールの各技能を証明するための資格です。

パソコンや情報技術がこれだけ発達している時代。あらゆるビジネスシーンにおいてこれら5つのソフトを含めたパソコンスキルやそれらを活用する力は必要不可欠になっています。

MOS資格の取得を募集条件として定めている企業も少なくないため、就職や転職の際に絶対取っておきたい資格の一つとなります。

MOS資格は就職に有利に働く理由

MOS資格が就職の際に有利に働く理由として、MOS資格はビジネスパーソンにとって必要不可欠なパソコンスキルを証明する資格だからです。

「毎日パソコン使ってるし・・・」「ある程度できるから必要ない!」と自信のある方でもプライベートとビジネスの現場に求められるスキルは異なるため、本当に実用的なパソコンスキルがあるわけではありません。

また、たとえMOS資格を持っているからといって実際の業務において活用できなければ意味がありません。

国際資格でもあるMOS資格を取得することによってそれらのスキルを公式的に証明することができ、就職の際に活かすことができるのです。

MOS資格取得のメリットとは?

現在ほとんどの企業ではWindows製のパソコンを使用しているため、自然とMicrosoft Officeのツールを使用することになり、どの役職においてもMOS資格は必要になります。

MOS資格を取得することによってどのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

メリット1:「正しい」パソコンスキルの取得

MOS資格取得の1つ目のメリットは、「正しい」パソコンスキルの取得につながるということです。

学校の課題や私用として日常的にパソコンを使用している方も少なくないと思いますが、先程も少し述べたようにビジネスの現場においては自己流ではなく、専門的な「正しい」スキルが必要となります。

例えばWordにおける文章作成方法や企画書の作成、ExcelやAccessでは数式の活用やデータの絞り込みなど単純作業一つにおいてもこれまで以上に知識とスキルが必要になる場面が数多くあるため、あらゆるビジネスシーンに対応したパソコンスキルをMOS資格で取得しましょう。

メリット2:各専門業におけるスキルアップに繋がる

MOS資格は全てのビジネスパーソンが持っておきたい資格ですが、特に会計士や事務職などの各専門業の方がこの資格を得ることによってスキルアップやキャリアアップに繋げることができます。

MOS資格試験合格のためには、各ソフトの持つ一つ一つの機能を理解する必要があり、各専門業務における発展的な知識の活用や何か問題やトラブルが生じた際の早期解決、教育指導にもその知識を用いることができ、結果的にスキルアップや昇格にもつながります。

会計士や各企業の事務職は特にWord、 Excel、そしてAccessを使いこなせることが大前提となっている場合が多く、就職面接の際も必ずチェックされる項目となるためそれらの専門職への就職を考えている方は是非取得しましょう。

メリット3:初心者でも目指せる関連パソコン資格

MOS資格は公式的な正しいパソコンスキルの証明や就職の際の十分なアピールポイントになることから、素人にとっては難しい資格と思われがちです。

しかしMOS資格は特に受験資格もなく、パソコンに関して全くの初心者の方でもしっかり勉強すれば取得を目指せるパソコン資格となっています。

WordとExcelに関しては、一般レベルのスペシャリスト取得後、より高度な書式設定、索引の作成などの知識、数式への関数適用、データ分析などより高度な知識を必要とするエキスパートを目指すことができます。

自分に合ったレベルの試験をまず受け、徐々にスキルアップを目指せるのもMOS資格の魅力となります。

MOS資格取得者の主な就職先とは?

モス資格

MOS資格取得者のほとんどは会計・事務などの専門職への就職がほとんどですが、それ以外の職業に就職する際にもMOS資格は必ず役に立ちます。
そこで資格取得者の主な就職先について見ていきましょう。

就職先1:アパレル・小売業

意外かもしれませんが、アパレルや小売業などの就職先においてもMOS資格取得者はたくさんいます。

というのも多くの商品を扱う物販業種において、仕入れや発注などの在庫管理は全てパソコン上で行うことになるためもちろんExcelやAccessの表計算やデータ算出は必要不可欠なスキルとなります。

またどのような店舗の売上や客層のニーズの変化などの情報をまとめ、業務に活かすためにもMOS資格取得が重要になります。

就職先2:弁護士や税理士等の公務員職

弁護士や税理士など国家公務員職において、顧客の管理やデータ処理の際にはMicrosoft Officeのツールなくしては業務を行うことは不可能です。

そのため最難関の国家公務員試験を受ける弁護士や税理士でさえMOS資格は持っておくべき資格となります。

フォーマットへの入力や専門ソフトの使用など単純作業であってもパソコンに慣れていない方にとって顧客の管理やデータ処理は複雑な作業になる可能性もあるため、是非積極的にMOS資格の取得を目指しましょう。


就職にも有利!?MOS資格まとめ

以上で就職の際に絶対に有利になるMOS資格に関して、取得のメリットや取得者の就職先について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

これからますますパソコンスキルを始めとする情報処理能力がビジネスシーンにおいて求められる時代が今まさに来ています。

それらのスキルが必須とされていた専門職以外の産業分野でもこれから需要が高まってきます。

今まさに就活や転職活動をされている方は、たとえパソコンスキルに自信があったとしても面接の際のアピール材料のため、実際の業務に就いてからのスキルアップのためにもMOS資格の取得にチャレンジしてみて下さい。

MOSについての関連記事

独学でMOS資格取得を目指す勉強法とは?オススメの参考書もご紹介
パソコンに苦手意識を感じているけどMOS資格を取りたい!という方、ズバリMOS資格は独学で目指すことができます。しかし実際に独学で資格取得を目指すためには必要なステップを踏むことが重要であり、また取得の...
MOSエキスパートとスペシャリストの違いは?試験の難易度もご紹介
どの業種・業態においても全てのビジネスパーソンに必要なパソコンスキルを証明するためのMOS資格。その中のWordとExcelには各レベル別にスペシャリストとエキスパートの試験があります。「いきなりエキスパート...
最難関!MOS・Access(アクセス)試験の難易度や勉強法は?
MOS試験の科目の一つであるAccess(アクセス)は、データベースに関する専門的知識と問題をしっかりと読み解き指示通りに操作する必要があるため、スペシャリスト試験の中で最も難易度の高い試験と言われておりま...

コメントを残す

*

*