情報処理検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-17

公開日:2018-03-12

商業高校の生徒であれば必ず受けさせられるといってもいいほどメジャーで受験者数が多い資格です。コンピュータの知識を示す資格であるため、一般企業からプログラマーまで幅広い職業で役立つ資格だと言えるでしょう。


情報処理検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、コンピュータに関する実力を図れる、スキルアップができる資格です。
情報処理検定は他にもプログラミング検定と呼ばれております。
情報処理検定は「民間資格」です。


メディパートナーバナー 情報処理検定の通信講座はコチラ!

情報処理検定取得のために必要な知識・受験資格

筆記試験では用語知識が必要となり、実技ではエクセルをある程度使いこなせる必要があります。関数やグラフ・切り離し円、フィルタ、マルチシート・ピボットテーブル・2軸上の折れ線などが必要となります。

全商情報処理検定は「公益財団法人全国商業高等学校協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人全国商業高等学校協会(全商)とは:
昭和31年に設立された、我が国の産業社会の発展に資するため、主として高等学校における商業教育の復興、普及を図る諸事業を行い、社会に貢献できる自立した有為な人材育成に寄与することを目的としている団体です。

情報処理検定ってどんな資格?

情報処理検定

コンピュータのハードウェアやソフトウェアに関する知識、ビジネスにおける実務的表計算ソフトウェアの活用やデータベースソフトウェアの活用、プログラミングに関する技能をはかるものです。1級から3級までありますが、3級はビジネス情報部門のみ、2級と1級はプログラミング部門とビジネス情報部門の2つがあります。IT分野への就職を希望する生徒にとっては憧れの資格の1つです。

情報処理検定取得の為の勉強法

日頃からコンピューターに触れていて、ある程度の実務経験がある人は最初から学習する必要はありません。そんな方はまず過去問を解き自分の現在のレベルを知ることが重要となります。そして、すでに理解している分野は除外し、間違った問題の理由を理解し勉強することが大切です。また、参考書などで勉強する際は文字よりも図などが多いテキストがおすすめです。この方が頭に残りやすいからです。また、IT系の資格は過去問に似た、もしくは同じ問題が毎回出題される傾向があるため、何度も繰り返して解いておくと合格確率がアップします。

情報処理検定の専門学校や通信講座について

メディパートナーバナー 情報処理検定の通信講座はコチラ!

IT関連の職業に就職するのであれば、必ず持っておきたい資格の一つである情報処理検定

特に、ITの事務関係で資格手当や就職の際の試験合格を考慮する制度を取り入れている企業も多いので、就活中の学生なら特にオススメの資格です!

情報処理検定の資格は、効率よく勉強が出来るWeb通信講座などが人気です!詳しくは上のボタンをチェック!

情報処理検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

情報処理検定の試験料

1級 各部門1800円、2級 各部門1500円、3級 1300円です。1人で複数級を受験することもできますが、それぞれの級の受験料を払う必要があります。

情報処理検定の年間試験回数

1年に1回、毎年9月・1月の第3、第4、第5のいずれかの日曜です。申し込み期間は9月試験だと6月、1月試験だと10月下旬頃~、となっています。その年によっても違いますのでHPでチェックすると良いでしょう。

情報処理検定試験科目等の内容

3級は筆記20分、実技20分です。筆記はハードウェア・ソフトウェアに関する知識、通信ネットワークに関する知識、表計算ソフトウェアに関する知識、データベースソフトウェアに関する知識に関してです。実技は表計算ソフトウェアを利用した実務的な表やグラフの作成となります。

2級のビジネス情報部門は筆記30分実技20分です。ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、通信ネットワークに関する知識、情報モラルとセキュリティに関する知識、表計算ソフトウェアの活用、データベースソフトウェアの活用についてです。実技は提供されたデータを開き、入力が途中まで済んでいるExcelブックにデータを追加入力のうえ、計算式や関数、書式などを設定して表やグラフを完成させます。2級のプログラミング部門は筆記50分で、ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、 通信ネットワークに関する知識、情報モラルとセキュリティに関する知識、 関連知識、 アルゴリズム、プログラム言語に関してです。

1級のビジネス情報部門、プログラミング部門はともに筆記60分の試験です。内容はビジネス情報部門はハードウェア・ソフトウェアに関する知識。通信ネットワークに関する知識、情報モラルとセキュリティに関する知識、関連知識、表計算ソフトウェアの活用、データベースソフトウェアの活用となります。プログラミング部門は関連知識までは同じですがそのアルゴリズム、プログラム言語が入ってきます。

情報処理検定の難易度

2級の合格率はビジネス部門、プログラミング部門とどちらもあまり差はありませんが、プログラミング部門の方が難易度が高めです。特に1級を1科目とると1冠と数えられるほど難しく、筆記で落ちることも多いです。全商情報処理検定だと用語の範囲は狭いものの、プログラミングの知識は必要となってきます。

情報処理検定の合格率

ビジネス情報部門の合格率は、1級20%、2級50%、3級60%ほどです。プログラミング部門の合格率は1級35%、2級47%ほどです。

情報処理検定の合格発表

合格発表は試験会場によって合格発表日が異なりますが、最短で5日後、受験日より1ヶ月以内となっています。合格証書の甲府は最短で3ヶ月後です。

情報処理検定取得後の就職先・年収・報酬相場

情報処理検定

情報処理検定所持者の職業例

一般企業から情報処理・システム開発関連企業まで幅広い職場で役に立ちます。

情報処理検定の取得に向いている人

ITなど情報の基礎知識を付けたい方や、プログラミングを学びたい人に向いている資格といえるでしょう。

情報処理検定と同じ分野の他の資格

ITパスポート試験基本情報技術者試験

情報処理検定の年収・給料相場

一般的なプログラマーやシステムエンジニアの平均年収は400万~700万と言われています。将来的に有望で資格手当も出る情報処理技術者試験の土台として取得しておくと良いでしょう。

情報処理検定の現状

商業高校であればどの学科の人も受けさせられる検定のため、受験者数も多くメジャーな資格だと言えるでしょう。

情報処理検定の将来性

現代社会社会ではすべての企業にコンピュータが導入されているため、コンピュータは必要不可欠、かつ重要な要素です。全商情報処理検定は国家資格であるITパスポート・基本情報技術者試験の登竜門として位置づけられています。所有していると就職の際強みとなるでしょう。

情報処理検定所持者の独立について

特にこの資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。

情報処理検定を所有している主な著名人

1級:松井玲奈(AKB48)
2級:田村ゆかり(声優)、香西かおり(歌手)
3級:山田菜々(元NMB48)、川島章良(芸人・はんにゃ)

情報処理検定の資格取得まとめ

メディパートナーバナー 情報処理検定の通信講座はコチラ!

これからの情報化社会において、情報をより正確に読み解く能力や、ネットワークを通じた情報発信の能力・ネットリテラシーなど、高い能力が求められます。

特に、ITパスポートや基本情報技術者などの資格の登竜門でもあるため、より高い位置のスキルを求める人の基礎となる資格でもあります。

商業高校に通っている高校生や、就職先・進路などを決めす時期になった学生には特におすすめの資格です!
資格取得を考えている学生や社会人は、まずは通信講座の資料をチェックしてみては?

コメント・口コミ・体験談

  1. マスオ より:

    試験は、午前中の選択式の問題と、午後の記述式試験、論文試験の3つから成っています。選択式と記述式の試験は、それまでの業務経験と不足分は参考書籍、問題集により補いました。勉強場所は基本的に通勤電車の中、片道45分、往復1時間半、試験前のおよそ3か月ほ前からですのでやく90時間程度です。参考書によって試験範囲をひととおり読んだ後、問題集によって確認をしました。問題集はわからなかっと所を参考書に戻り、2回目以降は出来無かった問題だけを再度やりました。ある程度の業務経験があればここまではそれほど難しくはないと思います。
    自分にとって課題だったのは論文の試験です。問題によっては経験をまったく生かせません。
    実際はいくつか過去の出題から実際に論文を書き、自分なりに時間をかけて論文を完成させました。さらにその論文をどんな問題がでてもある程度対応できるように、過去の複数の問題に合わせ結論を変更したり、論理の展開を変えたりと、どんな出題でもある程度対応できるよう準備をしました。
    これにより論文問題も何とかクリアでき、無事合格することが出来ました。
    (マスオ/栃木県在住/50代以上/男性)

  2. toshiynjp より:

    20年ほど前、転職活動中に取得しました。特に専門学校などに通わず、独学で勉強しました。本屋で資格用の教材、問題集と参考書の2種類、購入し、毎日、勉強しました。少しの時間でもよいから、毎日、勉強することと、それぞれの教材を3回、回すことを目標に行いました。結果は、1度目の試験で合格しました。勉強期間は半年ほどだったと思います。特に情報系の職種を目指していたのではありませんが、パソコンが好きでしたので、何かの役に立てればと思い、取得しました。転職先は、資格が活かせるところでは、ありませんしたが、良い経験でしたし、自信につながりました。取得して分かりましたが、若いならともかく、実績なしでは、資格だけあっても役に立ちません。両方兼ね備えるよう、計画立てて、取得する方が役立つと思います。
    (toshiynjp/富山県在住/50代以上/男性)

  3. 中村 恵美 より:

    あまり認知されていない資格ですが、パソコンを使う仕事に優位とされていると思います、とるのは大学の決められた単位を取る必要があります、パソコン系の授業の決められた単位は20単位以上です。
    最初はパソコンに慣れていなくとてもたいへんでした。
    なれてくるといろいろな意味もわかり楽しかったです。
    これから情報処理士という資格が認知されていけばいいと思います
    持っていない人はこの情報化社会には持っていた方が便利だと思います。
    Ward、excel、パワポが使えるという証明にもなります。

    私はパソコンがほとんど使えなかったので、フリーでパソコンが使える部屋で毎日パソコンを触っていました。
    当自宅にもパソコンが無かったためそのフリーでパソコンを使える部屋が助かりました。
    (めぐ/神奈川在住/30代/女性)

コメントを残す

*

*