C言語プログラミング資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-03-13

C言語とはUNIXを開発する目的で作られたプログラミング言語です。プログラミングを勉強する際の登竜門的な言語と言えます。C言語の考え方やアルゴリズムを学んでおけば、他のプログラム言語も比較的習得しやすくなります。


C言語プログラミングは幅広い年齢層の男女が目指せる、高度な知識が要求される資格です。
C言語プログラミング資格取得者は他にもプログラマ、ファームウェアエンジニアと呼ばれております。
C言語プログラミングの資格は「民間資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、C言語プログラミングになるには?C言語プログラミングなるためには?C言語プログラミングになりたいを応援しております。

C言語プログラミングになるために必要な知識・受験資格


C言語では、標準ライブラリ関数の動きの知識です。
基本的なビット演算の知識も必須です。プログラミングはビット演算によって計算させますので必須です。ファイル操作に関する知識です。ポインタを理解していることが必要です。

これらをまんべんなく知識として入れていないと、何のプログラムなのか分かりませんのでこういった知識が必要です。

勉強法と似たようなものですが、知識がゼロであっても、勉強していれば自然と知識が付きます。
最初から知っているというのは、ほぼ無いため恐れたり苦手意識を持たなければ問題ないです。

C言語プログラミングの資格は「株式会社サーティファイ認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社サーティファイ認定試験事務局とは:
C言語は、記述の自由度が高く、使用可能なプラットホームが多いなど、使用できる場面が多いことから、現在最も広く普及しているプログラミング言語です。
このC言語のプログラミング能力の測定を目的に、1992年より開始されたのがサーティファイ 情報処理能力認定委員会が主催するC言語プログラミング能力認定試験です。

C言語プログラミング

C言語プログラミングってどんな仕事?(仕事内容など)

C言語プログラミング能力認定試験は、特に1級に合格すると、C言語を駆使する業務に活かすことができます。

例えば一般企業では、基幹システムや高度なアプリケーション開発などに携わることができたり、ソフトウェア会社ではソフトの開発業務などに携わることができます。

試験では実際にPCでプログラミングを行うことで、簡潔な応用プログラムの作成能力を問われるので、現場での実践力を培うことができます。

C言語プログラミング資格取得の為の勉強法

3級試験は筆記試験の選択問題だけなので、C言語プログラミングの入門レベルが理解できれば問題はないようです。

2級試験も同様に、筆記試験の選択問題で、3級よりもさらに複雑な穴埋めタイプの問題が出題されているようです。
3級、2級は試験の問題集を繰り返し解くことで合格が見込めるでしょう。

一方、1級試験だけは実務試験があることから、試験対策として、実際にプログラミングを練習して備える必要があります。
実務試験では、実務のシュミレーションが主となるため、実際にいくつものプログラムを作ることで経験を重ねつつ、試験問題集を暗記するくらい繰り返し解くという万全の態勢で臨む必要があるでしょう。

またビジネススクールもありますので、活用すると良いでしょう。

C言語プログラミングの専門学校や通信講座について

先ずは無料で資料請求

C言語プログラミングの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

C言語プログラミングの資格試験料

1級は7600円です。2級は6200円です。3級5100円です。
この試験料はすべての級で消費税込みです。

C言語プログラミング試験・検定の年間試験回数

1級と2級はは年に2回で6月と1月です。
3級は年に3回ありますが6月と9月と1月でです。

C言語プログラミング試験科目等の内容

2級と3級では、筆記試験(多肢選択解答形式・マークシート形式)です。
C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能を出題範囲に従って出題(プログラムの空欄を補完する問題を含む)されます。

1級では、実技試験(パソコンを使用)です。事前に公開しているテーマプログラム(1700行程度)に対する仕様変更、仕様追加に対応したプログラム作成(コーディング・入力・コンパイル・デバッグを含む)、および変更仕様書の作成を行います。

C言語プログラミング資格の難易度

1級はC言語を駆使し、応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)が作成できる能力を持つことです。
また使用しているOSについて理解をしていなければなりません。

2級は小規模のプログラム(500行程度)が適切に(理路整然・簡潔・正しく・速く)書けることです。また各種基本アルゴリズムを理解することです。

3級はC言語の概念を理解し、簡単なプログラムが書けることです。

これらができれば問題はありません。一般的な難易度としては、やや易しいとされております。

C言語プログラミング資格の合格率

C言語プログラミング能力認定試験の合格率は50%から60%台程度となっています。
高い合格率となっています。

C言語プログラミング試験の合格発表

試験終了後、1ヶ月を目処に直接ご本人宛に受験結果が送付されます。
また合格者には、認定証を発行します。

C言語プログラミング

C言語プログラミング資格取得後の就職先・年収・報酬相場

C言語プログラミング所持者の職業例

WEBクリエイター・機械・電機・設計・CAD・SE・プログラマー・テクニカルサポート・ネットワークエンジニア・OAインストラクター

C言語プログラミングに向いている人

常に新しいことに興味を持って知識を増やしていける人、一人で一つの仕事を行なうことよりもグループで一つの仕事をこなす場合が多いので、協調性や管理能力も重要です。

開発したものは一般的にその人意外には理解が難しいものなので、責任を持てる人が向いているいます。

先ずは無料で資料請求

C言語プログラミングと同じ分野の他の資格

CompTIA認定資格、画像情報技能検定CG部門、建築CAD検定試験

C言語プログラミングの年収・給料相場

一般的なプログラマの平均年収は400万円程度だと言われていますが、中でもプログラミング言語別の想定年収ランキングにおいて、C言語は第2位の543.5万円でした(2010年・株式会社ワークポート調べ)。

C言語プログラミング能力認定試験は、C言語のプログラミングに関する知識や、プログラマやシステムエンジニアとしてのスキルを証明できることから、IT業界の就職・転職においては、将来的に充分、力を発揮する資格であると言えるでしょう。

また、他の実務に役立つプログラミング言語資格との併用で、高収入を得られる可能性も高まります。試験は1~3級までありますが、企業において実力が認められるのは、実務試験のある1級だと言われています。

C言語プログラミングの現状

Objective-CやC++・C#はC言語をベースに作られた言語です。
したがって、システムソフトウェアのプログラミング用に設計されましたが、ゲームやゲームエンジン、デスクトップアプリ、モバイルアプリ、Webアプリにも使用されてきました。

C++は迅速なので、Facebookもいくつかの高性能で高信頼性のあるシステムをこの言語で構築しています。

C#は、Web開発、ゲーム開発及びマイクロソフトの開発一般に使用されています。
C#をiOSやAndroid向けのネイティブモバイルアプリに使用できる様になりましたので、現状で困ることはないと言えます。

C言語プログラミングの将来性

歴史が長い分、参考書やネット上の記事などは豊富にあります。
そのため、未だに使っている人も多く、またそういったものを出す価値があると言うことなので、まだまだ先のあるものだと思います。

これから勉強したいという方、勉強をする環境はすぐできると思うので、敷居が高いということはないです。
今使っているという方も、これからも、特に組み込み系の分野では活躍していける言語だと思います。

C言語プログラミングの独立について

ITエンジニアの働き方は、会社勤め以外にも多様な形式のものが増えています。

特に最近は、クラウドソーシングの登場や営業代行・事務手続き代行サービスの増加などもあってか、フリーランスのエンジニアという働き方が注目されることが増えてきました。大学時代からクラウドソーシングで仕事を請負い、卒業後にフリーランスとして働き始めるというエンジニアもいます。

社員としてエンジニアをやっていた頃は月収20万円もいかなかったのが、フリーランスになった最初の月で月収60万円、多いときで100万円という収入にかわったという人もいます。

C言語プログラミング資格を所有している主な著名人

該当なし

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*