Javaプログラミング資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-03-13

システムエンジニアやネットワークエンジニアが作成したシステム開発仕様書に基づき、Webサーバ構築、Web系アプリケーションシステム(ネットワーク系、音楽配信などのエンターテイメント系、商品管理データベースなど)の開発を行います。

       

Javaプログラミングは幅広い年齢層の男女が目指せる、仕事に直結させやすい資格です。
Javaプログラミング資格取得者は他にもJavaエンジニアと呼ばれております。
Javaプログラミングの資格は「民間資格」です。

資格広場は、Javaプログラミングになるには?Javaプログラミングなるためには?Javaプログラミングになりたいを応援しております。

Javaプログラミングに必要な知識・受験資格

3級はJavaに関する基本的な知識を持っており、簡単なプログラムが書けることです。オブジェクト指向についての基本的な概念を理解していることが必要です。2級は、3級の知識に加えJavaに関する一般的な知識を持っており、小規模なプログラム(アプリケーション、アプレット)が適切に書けることが必要です。オブジェクト指向についての一般的な概念を理解していることが必要です。1級は、2級・3級の知識に加え、オブジェクト指向に基づく分析・設計(UML)により業務システムの流れを把握し、変更仕様に従ってプログラムの保守ができる能力を持っていることです。なおUMLの表記はユースケース図、シーケンス図、クラス図などの基本的な知識が必要です。

Javaプログラミングの資格は「株式会社サーティファイ認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社サーティファイ認定試験事務局とは:
これからJavaを学ぶ入門者を対象にした3級から、プログラマやシステムエンジニアとして活躍されているの保有レベルを客観的に測定をする1級まで、幅広いスキルを測定します。

Javaプログラミング

Javaプログラミングの仕事内容

Javaエンジニアとしての基本的な仕事内容は当然Javaというプログラミング言語を使用した様々なアプリケーションの開発です。Javaは初心者向けの言語としても知られ、比較的修得しやすい言語となっています。Javaを扱う求人・案件の業務は大部分を開発・テストが占め、その次に要件定義・設計と続きます。また他言語によって作られたアプリをJava仕様に書き換えるという業務があることも特徴です。

Javaプログラミング資格の勉強法

試験対策としては、運用機関サーティファイから出ている公式テキストと問題集で独学するのが通例となっています。繰り返し過去問を解くことで、試験本番では問題なく対応できるといわれています。各級とも100時間程度の勉強時間が目安となっているため、働きながら空いた時間を使って勉強することで対応できそうです。

Javaプログラミングの専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

Javaプログラミングの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Javaプログラミングの資格試験料

1級は7600円です。2級は6200円です。3級5100円となっております。

Javaプログラミング試験・検定の年間試験回数

1級は6月頃で年に1回です。2級は6月と1月で年に2回です。3級は6月・9月・1月で年に3回です。

Javaプログラミング試験科目等の内容

上位の級は、下位の級の範囲を含みます。1級は実務試験です。2級3級の内容も含みます。テーマプログラムに対する仕様変更、仕様追加等の課題についてのプログラム作成。 (変更仕様書の作成を含む)です。2級は筆記試験で3級の内容も含みます。多肢選択式と記述式の併用です。①演算子②クラスと継承③変数とメソッド④総称⑤パッケージ⑥例外処理⑦スレッド⑧クラスライブラリ⑨アプレットです。3級は筆記試験で、多肢選択式と記述式の併用です。①Javaの基礎②Javaの扱うデータ③演算子④制御文⑤クラスとメソッドです。

Javaプログラミング資格の難易度

3級は基本的な概念を理解していれば問題はありません。かなり易しいと言えます。2級は基本的な知識からもう一歩踏み込んだ問題ですので易しいというレベルです。1級は公開しているテーマプログラム(2200行程度)に対しての仕様変更に対応したプログラム作成を行います。1級が普通レベルです。アプリケーションを作成するということを楽しく勉強をしていれば問題ないはずです。3級から順に受験したほうが良いです。当然ではありますが業務に関わっている方には1級は簡単すぎると思います。

Javaプログラミング資格の合格率

平成27年度平均合格率は、66.4%です。

Javaプログラミング試験の合格発表

試験終了後、1ヶ月を目処に直接受験者宛に受験結果が送付されます。合格者には認定証を発行します。

Javaプログラミング

Javaプログラミング資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Javaプログラミング所持者の職業例

通信会社、Webコンテンツ制作会社、アミューズメント関連企業

Javaプログラミングに向いている人

プログラマーとしての能力を客観的に証明してくれる資格ですので、プログラマーを目指す方はぜひ取得しておきたい資格です。また、IT業界で仕事をしたくて就職・転職を検討している人、コンピュータに興味がある全ての人におすすめの資格です。

Javaプログラミングと同じ分野の他の資格

Oracle Certified、シスコ技術者認定

Javaプログラミングの年収・給料相場

プログラマーの平均年収は、350万~550万円程度といわれています。年齢や就業年数によっても大きく変わってくるでしょう。また、Javaの他の言語を併せて修得すると、より待遇アップが期待できそうです。システム開発の際には、プログラムなどだけでなく、Microsoft Officeなどのソフトを絡めた処理を行うこともあるので、Microsoft Officeなどの資格を併せて取得しておくのも良いでしょう。将来的には、このように他の資格と併用することでキャリアップしていけそうです。プログラマーの間では、特定の言語に特化するよりは、幅広い言語に対応できたほうが後々良いともいわれています。

Javaプログラミングの現状

Javaというのはプログラミング言語の1つなのですが、最近ではウェブサイトやAndroidスマートフォンで使われており、プログラマーを目指す者にとって欠かせないものとなっています。IT革命により、これからますます需要が増えますし、必要とされる技術のレベルのますます高くなっていくことが予想されます。現在の社会的ニーズに合致した資格で、まさに、旬のIT資格ということができると思います。

Javaプログラミングの将来性

iPhoneの登場以来、ソフトウェア開発の主流がPC向けではなくスマートフォン向けのアプリになってきています。世界で最大のシェアを誇るAndroidのアプリを開発するプログラミング言語がJavaであることから、今後もますますJavaは重要なプログラミング言語になっていくと思われます。

Javaプログラミングの独立について

Javaプログラミングの能力を示すための資格としては、最適な資格試験です。Javaはプログラムの中でも人気のプログラム言語です。そのためクラウド型の仕事やフリーランスとしても十分独立は可能です。企業からアプリケーションの作成を依頼されることもあります。またAndroidやiOSでも使われておりますので、独立されている方は多いです。資格取得してなくても独立はできますが、給与などを考えれば資格取得してからの方が良いと言われております。

Javaプログラミング資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*