情報セキュリティマネジメント資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-11-19

公開日:2018-04-04

平成28年に開始された新しい試験です。IT化が進む現代で組織の情報管理のマネジメントを学ぶことができるため今後需要が伸びる資格試験です。業種問わず必要となる知識を学び企業価値を高めることができ、ITパスポート試験の上位資格となります。


情報セキュリティマネジメントは幅広い年齢層の男女が目指せる、大学や企業で優遇される資格です。
情報セキュリティマネジメント資格取得者は他にもSGと呼ばれております。
情報セキュリティマネジメントの資格は「国家資格」です。

資格広場は、情報セキュリティマネジメントになるには?情報セキュリティマネジメントなるためには?情報セキュリティマネジメントになりたいを応援しております。

情報セキュリティマネジメントになるために必要な知識・受験資格

ITの用語などの知識だけでなく企業としての管理やマネジメント知識が必要となるため、学生の方は経営学なども学習しておくことがよいでしょう。ITを専門職として働いている人向けというよりも、ITを利用する立場の人のための試験となりますので組織の現場のケーススタディを把握しておくことが良いでしょう。

情報セキュリティマネジメントの資格は「独立行政法人 情報処理推進機構」が運営管理を行っております。

独立行政法人 情報処理推進機構とは:
経済産業省認定団体として2004年の法改正により情報処理振興事業協会から業務を継承し設立された

情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメントってどんな仕事?(仕事内容など)

インターネットの一般的な普及によって組織としての仕事が優位にはたらく一方、ITの高度化に伴いサイバー攻撃の手口も複雑化し個人情報などの管理は一層厳しい対応を行わなければなりません。情報セキュリティマネジメントを通して組織における漏えいリスクに対応する知識を習得し、被害を最小限に食い止めより安全な企業ITの利用を実現できます。業種や部門問わず発揮できるため現代の企業には必須の国家資格となります。

情報セキュリティマネジメント資格取得の為の勉強法

勉強法としては資格の学校にて通学や通信で受講することができますが、独学で勉強されている方も多いです。受講する場合は10回ほどのカリキュラムを受講することで試験に挑むことになります。独学で勉強する場合はおよそ3か月ほど見込み問題集や参考書を使用し勉強していきます。また、情報処理機構のホームページには過去問が掲載されているため活用することがよいでしょう。午前と午後では問題形式が異なるためそれぞれの対策を行いながら勉強していきましょう。

情報セキュリティマネジメントの専門学校や通信講座について

準備中です。


情報セキュリティマネジメントの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

情報セキュリティマネジメントの資格試験料

受験手数料は5,700円(税込)となっており、インターネットでの決済も可能です。郵送の場合は郵便局の窓口で払い込むことになります。

情報セキュリティマネジメント試験・検定の年間試験回数

1年間に春と秋の2回開催されます。春は1月中旬~2月中旬の前後に申込が行われ4月の第3日曜日辺りに開催されます。秋の開催は7月の中旬~8月中旬に申込が行われ10月の第3日曜日辺りに開催されます。

情報セキュリティマネジメント試験科目等の内容

午前と午後それぞれ90分間行います。午前では四肢択一となっており50問出題されます。情報セキュリティにおける管理や対策、関連法規、全般が重点分野として出題され、データベースやマネジメント、システム戦略などの関連分野も出題されます。午後の出題内容は実際に想定されるケーススタディから3問を多肢選択式で出題されます。

情報セキュリティマネジメント資格の難易度

国家試験である情報処理技術者試験の試験制度ではスキルレベル1~4のうち2に相当します。比較的難易度は高くなく合格率が高い資格試験ですが、学生の合格率が低いため企業としての一般知識も必要となっていきます。同じ分野の資格試験としてITパスポートと基本情報技術者試験がありますが、ITパスポート<情報セキュリティマネジメント<<基本情報技術者試験とITパスポートよりの難易度となります。

情報セキュリティマネジメント資格の合格率

平成28年度の第1回春期合格率は17,959名受験の15,800名が合格し合格率88%、第2回秋期合格率は18,630名が受験の13,105名が合格し合格率は70.3%と合格率が非常に高い資格となります。しかし、第2回では合格率が下がっており、特に学生の合格率は33.6%と低くなっております。

情報セキュリティマネジメント試験の合格発表

午前・午後それぞれ100点満点となっており60点の基準点をどちらも上回っていたら合格となります。試験日のおよそ1か月後にホームページで発表されます。

国家資格バナー

PR



情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメント資格取得後の就職先・年収・報酬相場

情報セキュリティマネジメント所持者の職業例

学生の場合は理系や情報系学部を専攻している人には必須の試験です。企業に勤めている人は個人情報を管理している業務部や監査系の部署には必要とされるでしょう。ソフトウェアを開発するSEや企業コンサルを行う人にも必要な資格となります。

情報セキュリティマネジメントに向いている人

今後、企業管理はとても重要となってくるため、企業のリスクマネジメントを中心に人とITを管理できる人に向いています。組織で働く人は働き続けることで役職が上がり、部下の管理だけでなく組織が安全に経営していくことも管理していくことが必要ですので、管理職の方のスキルアップや今後の組織の方向性をまとめるための知識の増加も見込めるでしょう。

情報セキュリティマネジメントと同じ分野の他の資格

基本情報技術者試験の難易度は?日程・過去問・年収を調査
基本情報技術者試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、エンジニアの登竜門的資格です。基本情報技術者資格取得者は巷ではプログラマー・SE(システムエンジニア)と呼ばれております。ITパスポート試験も一緒に申...
ITパスポート試験 資格取得の難易度は?試験情報や取得後の年収など
ITパスポート試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、ITの入門的な資格資格です。ITパスポート試験資格取得者は他にも初級シスアド(旧称)と呼ばれております。ITパスポート試験の資格は「国家資格」です。資格広...
応用情報技術者試験資格取得の難易度は?年収や過去問も調査しました
応用情報技術者試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、幅広く役に立つ資格です。応用情報技術者試験資格取得者は他にも情報セキュリティアドミニストレータと呼ばれております。応用情報技術者試験の資格は「国家...

その他の資格・・・・は、ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、エンペデッドシステムスペシャリスト試験、ITサービスマネージャー試験、システム監査技術者試験

情報セキュリティマネジメントの年収・給料相場

各企業のスキルアップのための場合はそれぞれですが、システムエンジニアとしての平均年収は592万円となっております。また、30代前半の社内SEの場合は510万円が平均年収となっております。

情報セキュリティマネジメントの現状

平成28年度からスタートした新しい国家試験となります。ITパスポート試験のステップアップとしての立ち位置となっておりITを利用する全ての人を対象にしています。

情報セキュリティマネジメントの将来性

ITがより高度になっていくにつれて専門的なエンジニアだけでなく一般企業でもITに関する知識は必要となってくるでしょう。2005年に個人情報保護法が施行され、IT化が進むにつれて法改正も行われております。今後も企業内のひとつの指針として就職での優位性や大学の評価などにも高く利用されることでしょう。

情報セキュリティマネジメントの独立について

情報セキュリティマネジメントを取得したことで独立には大きく関係しないですが、企業間取引の中でパートナー選定を行う上で重要な役割を担う可能性もあります。そのため組織を大きくしていく中で自身もステップアップできることとなるでしょう。

情報セキュリティマネジメント資格を所有している主な著名人

平成28年度に始まったばかりのため有名人の情報はまだありません。

コメントを残す

*

*