ネットワークスペシャリスト資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-04-04

情報処理技術者試験のうちの一つであるネットワークスペシャリストは、試験制度のスキルレベル4の高度情報処理技術者試験となっおります。実務経験者でも合格することが難しい試験となっており、ネットワークエンジニアの実力をはかる上では最難関の国家資格となります。


ネットワークスペシャリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、大学や企業で優遇される資格です。
ネットワークスペシャリスト資格取得者は他にもNWと呼ばれております。
ネットワークスペシャリストの資格は「国家資格」です。

資格広場は、ネットワークスペシャリストになるには?ネットワークスペシャリストなるためには?ネットワークスペシャリストになりたいを応援しております。

ネットワークスペシャリストになるために必要な知識・受験資格

ITの高度な知識を必要となります。ネットワークに関係する固有技術を有し最適な情報システム基盤の企画、開発、運用、保守を行うのに中心的に活動できるスキルが必要となります。

ネットワークスペシャリストの資格は「独立行政法人 情報処理推進機構」が運営管理を行っております。

独立行政法人 情報処理推進機構とは:
経済産業省認定団体として2004年の法改正により情報処理振興事業協会から業務を継承し設立された

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストってどんな仕事?(仕事内容など)

ネットワークシステムを企画し開発することで、パートナー企業からの目的に応じた要求に応え技術支援を行うことができます。また、組織内でも自らネットワークシステムを保守、管理することで効率性や安全性を追求した運用を行うことができ、それを部下に指導することもできます。ネットワークエンジニアとしての情報通信の架け橋として、サービス提供のプラットフォームや実働するサービスの特性を理解しケーブルや回線などの物理的要素やプロトコルなども精通することが求められます。

ネットワークスペシャリスト資格取得の為の勉強法

ほとんどの受験者が実務経験がある方ですが合格率は低く情報処理技術者試験の最難関試験のひとつとなっております。独学では難しいところがあるためスクールに通うことが賢明となるでしょう。スクールでは半年~1年間かけてカリキュラムを行います。独学で勉強する場合も最低1年間は時間を設けて勉強することを意識したほうがよいでしょう。一通りの知識を網羅したあと過去問を中心に問題の傾向を確認しながら繰り返し解いていきましょう。

ネットワークスペシャリストの専門学校や通信講座について

準備中です。


ネットワークスペシャリストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ネットワークスペシャリストの資格試験料

受験手数料は5,700円(税込)となっており、インターネットでの決済も可能です。郵送の場合は郵便局の窓口で払い込むことになります。

ネットワークスペシャリスト試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は1回のみとなります。10月の第3日曜日が実施予定日となっております。申込受付期間は7月の中旬~8月の中旬の1か月ほどとなっております。

ネットワークスペシャリスト試験科目等の内容

午前に2試験、午後に2試験の計4試験受験します。午前Ⅰでは四肢択一の30問で試験時間は50分、午前Ⅱでは四肢択一の25問で試験時間は40分となります。午後Ⅰは記述式となっており出題3問に対し2問解答します。試験時間は90分となっております。最後の午後Ⅱでは120分の試験時間に出題数2問のうち1問を解答する記述式となっております。

ネットワークスペシャリスト資格の難易度

国家試験である情報処理技術者試験のひとつであるネットワークスペシャリストはスキルレベル4段階のうちの一番高いスキルレベル4の高度情報処理技術者試験となります。受験者のほとんどが実務経験がある受験生ですが合格率は15%ほどと低く国内で行われているネットワークに関する試験では最難のひとつとなっております。

ネットワークスペシャリスト資格の合格率

平成28年度の合格率は受験者数11,946名で合格率15.4%でした。平成21年度からの累計合格率は14.4%となっており、毎年合格率15%を切っていることが多い試験となります。

ネットワークスペシャリスト試験の合格発表

合格発表は毎年12月の中旬~後半となります。そのため合格証書などは翌年の1月初旬の発送になります。採点方法は午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰ・Ⅱの4種類ぞれぞれ100点満点の配点のうち60点が基準点となります。採点は午前Ⅰから順に行い、基準点に達しなかった場合は次の時間帯の採点は行わない多段階選抜方式となっております。


ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ネットワークスペシャリスト所持者の職業例

ネットワークの設計や管理などを行うネットワークエンジニアが主な職業となります。インターネットの普及が一般的となる現在では、インタネットを利用する方は人数は莫大に増えたが、それを設計、管理、保守を行うネットワークエンジニアなどの専門的な知識を要する人材は不足しております。

ネットワークスペシャリストに向いている人

インターネットを通じて技術力の企画や提案、保守、管理を行える方や行いたい方などには非常み向いている資格であり、今後の人手不足の解消を担うことができる。

ネットワークスペシャリストと同じ分野の他の資格

ITパスポート、情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験、データベーススペシャリスト試験、エンペデッドシステムスペシャリスト試験、ITサービスマネージャー試験、システム監査技術者試験

ネットワークスペシャリストの年収・給料相場

ネットワークエンジニアとしての平均年収は30代で472万円、40代で546万円、50代で596万円ほどとなっております。常に新しい知識を必要とされるため、どれだけの業務をこなせるかで年収が変わるため年齢よりも業務内容が重要となってきます。

ネットワークスペシャリストの現状

昭和63年にスタートし様々な法改正のもと試験内容なども変化してきました。現在、資格のもととなるネットワークエンジニアの人材不足が深刻となっているため、資格の重要度が高まっております。

ネットワークスペシャリストの将来性

人材不足であるネットワークエンジニアを対象にしている試験であるため合格することで今後の仕事の幅がより広まることでしょう。アメリカでは2014年から2015年にかけてIT職で一番給与の中央値が上昇したのがネットワークエンジニアでした。今後も注目を集める職業となるでしょう。

ネットワークスペシャリストの独立について

独立をすることも可能です。独立では営業先を探すことが重要となりますので、独立前の会社経由かエージェントにお願いするか、派遣で登録するかになると思います。できるだけ人脈を作ってから独立するほうがよいでしょう。

ネットワークスペシャリスト資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*