CADトレース技能審査資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.04.04

建築・土木・インテリア

CADトレース技能審査は、CADをもちいたトレース業務に従事している人、または就業をこころざしている人のCAD技能を評価するための試験です。試験は機械部門と建築部門に区分されており、それぞれ実践的な実技試験がおこなわれます。合格者には上級~初級それぞれに応じたCADトレース技士の称号があたえられます。また、平成29年度で試験は廃止になります。


CADトレース技能審査は幅広い年齢層の男女が目指せる、建築や機械の分野で高い評価を受けてる資格です。
CADトレース技能審査資格取得者は他にもCADオペレーター、CADデザイナーと呼ばれております。
CADトレース技能審査の資格は「公的資格」です。

資格広場は、CADトレース技能審査になるには?CADトレース技能審査なるためには?CADトレース技能審査になりたいを応援しております。

CADトレース技能審査になるために必要な知識・受験資格

上級の場合、実務経験1年以上の人です。または中級取得後、実務経験3ヶ月以上の人です。中級の場合、実務経験6ヶ月以上の人です。そして同一部門の初級取得後、実務経験6ヶ月以上の人です。または同一部門の初級取得後、職業訓練を修了又は受けている人です。もう1つ、同一部門の初級取得後、学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程、専修学校又は各種学校においてCADトレースに関する学科を修めて卒業した方又はCADトレースに関する学科に在学している人です。中央職業能力開発協会会長が指定する3ヶ月(300時間)以上の関連する教育訓練課程を修了した人または受講している人です。初級は、CADトレースに関する業務に従事されている方または予定が見込まれる人です。

CADトレース技能審査の資格は「中央職業能力開発協会」が運営管理を行っております。

中央職業能力開発協会とは:
CADトレース技能審査は、主に、CADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。試験実施に当たっては。各都道府県職業能力開発協会の協力を得て実施しています。

CADトレース技能審査

CADトレース技能審査ってどんな仕事?(仕事内容など)

CADトレース技能審査試験を取得していると、デザイン事務所、建築設計事務所、印刷会社などで、主にCAD関連の職である設計技術者、CADオペレーター、CADインストラクターとして従事することができます。特にCAD業務においてトレースや設計の技術を活かすことができます。CADトレースとは、設計士や製図家、デザイナーなどが描いた設計図やデザイン画のラフスケッチや手描きの図面などを、CAD専用のコンピュータソフトを使用して清書する仕事です。昔は手写しで行われていたトレース作業ですが、CADが発展してからコンピュータを使って、設計の規格で決められた記号や作図コマンドを入力することで、作図を行うようになりました。CADの資格としてはレベルが高いことから、CADを必要とする企業では非常に重要視されています。平成29年度をもって試験が廃止になります。なお類似の試験のご案内といたしまして、技能検定(国家検定)「機械・プラント製図」職種(機械製図CAD作業)及び「テクニカルイラストレーション」職種(テクニカルイラストレーションCAD作業)となります。

CADトレース技能審査資格取得の為の勉強法

CADトレース技能審査の資格試験の勉強方法としては、主要団体のテキストや市販の参考書を利用した独学、専門学校や各種学校などの資格スクールなどが多いようです。

CADトレース技能審査の専門学校や通信講座について

準備中です。


CADトレース技能審査の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

CADトレース技能審査の資格試験料

上級は15430円(実技試験13370円、学科試験2060円)となっています。中級では13370円(実技試験11310円、学科試験2060円)です。初級は10290円(実技試験8230円、学科試験2060円)となっております。

CADトレース技能審査試験・検定の年間試験回数

試験は年に2回です。前期と後期に分かれております。前期では、建築部門・機械部門そして上級・中級・初級の試験は9月で2日間行われます。後期では、建築部門・機械部門そして初級・中級の試験は2月で2日間行われます。平成29年度をもって試験は廃止になります。

CADトレース技能審査試験科目等の内容

機械部門では、①製図一般②機械加工全般に関する基礎事項③CADアプリケーションソフトの活用④CADシステムの活用となっております。建築部門では、①製図一般②建築全般に関連する基礎事項及び関係法規③CADアプリケーションソフトの活用④CADシステムの活用となっております。またこの試験にはランクがあり、上級(四肢択一式40分・中級(○×式と四肢択一式40分)・初級(○×式40分)となっております。それに加え実技試験があり、トレース実技 (上級では120分、中級では90分、初級では60分)という試験内容です。

CADトレース技能審査資格の難易度

簡単に記載します。機械上級は普通・機械中級は易しい・機械下級はもっと易しい・建築上級は普通・建築中級は易しい・建築下級はもっと易しいとされています。

CADトレース技能審査資格の合格率

機械部門上級は13.6%、建築部門上級は40.0%、機械部門中級は50.7%、建築部門中級は42.1%、機械部門初級は49.6%、建築部門初級は54.3%となっております。

CADトレース技能審査試験の合格発表

合格発表は、前期が10月です。後期は、3月です。

国家資格バナー

PR



CADトレース技能審査

CADトレース技能審査資格取得後の就職先・年収・報酬相場

CADトレース技能審査所持者の職業例

建築会社のCAD操作、製造業の会社のCAD操作、インテリア関連業務

CADトレース技能審査に向いている人

CADトレース業務に従事している人、これから就業する人の職業能力を評価したい方。就職、転職、キャリアアップを目指す人に最適です。

CADトレース技能審査と同じ分野の他の資格

CAD利用技術者基礎試験、3次元CAD利用者技術者試験

CADトレース技能審査の年収・給料相場

年収は経験1年以上の人で350万~500万円ほどと言われています。2次元CADと3次元CADがある中で、3次元CAD技術者は業界でもより重宝されることから、高給が支給されることもあるようです。また時給換算すると、通常の一般のOAオペレーターと比べて、100~300円ほど高いとも言われています。

CADトレース技能審査の現状

CADトレース技能審査は、CADの資格としてはレベルも少し高く、CAD企業では重要視されていることもあり、人気のある資格です。試験はCADを操作してCADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験ですが、実際には設計寄りの能力が必要な試験です。

CADトレース技能審査の将来性

CAD技術職は、建築・設計・デザイン、機械・電気・電子業界において欠かせない業務となっているため、将来廃れることはないと思って良いでしょう。資格を所有しているだけで就職や転職の際に有利に働きます。またこの試験に合格するには、トレースだけでなく設計の能力も必要となることから、他のCAD資格と比べて高度レベルであるという見方があり、注目されることも多いようです。試験廃止のため類似の試験の技能検定(国家検定)「機械・プラント製図」職種(機械製図CAD作業)及び「テクニカルイラストレーション」職種(テクニカルイラストレーションCAD作業)などを取得しておくといいです。

CADトレース技能審査の独立について

CADトレース技士の称号が与えられ、図面の製図やトレースでCADが主流になっている現在、就職や転職の際には大きな評価につながる可能性は高いです。仕事の場は主にCADを利用している設計事務所や土木会社などですが、フリーで仕事をする人も多く、独立開業を考えている人には、心強い肩書となる。

CADトレース技能審査資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*