Excel表計算処理技能認定試験資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

最終更新日:2018.07.17

公開日:2018.04.04

ビジネス技能のなかでもコンピュータに関連するスキルを専門に資格を認定しているサーティファイ。Excel表計算処理技能認定試験は、そのサーティファイが実施するMicrosoft Excelの技能を認定する資格試験です。ビジネスに欠かせない表計算ソフトだけに受験者は多いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel表計算処理技能認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネス実務として重宝される資格です。
Excel表計算処理技能認定試験資格取得者は他にもExcel検定と呼ばれております。
Excel表計算処理技能認定試験の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、Excel表計算処理技能認定試験になるには?Excel表計算処理技能認定試験なるためには?Excel表計算処理技能認定試験になりたいを応援しております。

Excel表計算処理技能認定試験になるために必要な知識・受験資格

1級はMicrosoft Excelを用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができることです。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することが必要です。2級はMicrosoft Excelを用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことです。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する実践的な技能が必要です。3級はMicrosoft Excelを用いてビジネス社会における簡単なワークシートの作成とデータの入力を行うことができることです。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する基礎的な技能が必要です。

Excel表計算処理技能認定試験の資格は「株式会社サーティファイ認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社サーティファイ認定試験事務局とは:
コマンド名や機能だけの知識を身に付けても、実際のビジネスシーンでは上手にExcelを活用できない場合があります。Excel表計算処理技能認定試験は、表計算とエクセルに関する知識を問う知識試験に加え、見栄えの良い表を作成したり、関数やグラフを用いてより実践的なExcel活用能力を測定する実技試験により、知っていることだけではなく使いこなせる実践的な能力を測定します。

Excel表計算処理技能認定試験

Excel表計算処理技能認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

Microsoft Excel を用いた表計算処理技能と、ビジネス実務への展開能力を認定する資格です。 Microsoft Excel は、ビジネスによく使われるアプリケーションをひとまとめにしたマイクロソフト社の Microsoft Office に含まれる表計算ソフトで、事実上、ビジネス用表計算ソフトの標準といえる存在となっています。 社内の表計算ソフトを Microsoft Excel で統一している企業も多いため、就職や転職時にスキルをアピールしやすい資格です。2017年2月末でExcelを含めたOffice2013はサポート終了となります。現在はOffice2016です。バージョンアップするごとに受験する必要があります。

Excel表計算処理技能認定試験資格取得の為の勉強法

学習のポイントとしては知識・実技試験は練習問題を何回も復習して勉強するのが大切です。それに伴い間違えた箇所を用紙に記載しておいて数日後同じ練習問題をした時に同じ箇所が間違ってないかをチェックすれば自分の苦手な場所をいち早く把握できると思います。これを数回繰り返せば間違えた箇所が少しずつ減少し、ほぼ安定した合格点を出せるようになります。独学や対策講座を開講しているパソコンスクール、通信講座の利用などがあります。運用機関であるサーティファイからも公式テキストが出ているので、それに沿って公式問題集と共に勉強するのが通例です。各級2ヶ月ほどの勉強時間で取得できるといわれています。

Excel表計算処理技能認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

Excel表計算処理技能認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Excel表計算処理技能認定試験の資格試験料

1級は7900円です。2級は6800円です。3級は5800円となっております。

Excel表計算処理技能認定試験試験・検定の年間試験回数

全国一斉試験と随時試験があります。全国一斉試験は、1級は3月中旬頃で年に1回です。2級と3級は3月中旬頃・7月中旬頃・11月上旬頃と年に3回あります。

Excel表計算処理技能認定試験試験科目等の内容

1級は知識試験と実技試験です。試験内容は、作業環境・環境の設定と変更・基本操作・数式と計算・グラフ・オブジェクト・データベース機能・入出力・リンク・マクロ・共有と保護です。2級は知識試験と実技試験です。内容は、作業環境・環境の設定と変更・基本操作・数式と計算・グラフ・オブジェクト・データベース機能・入出力・リンク・マクロ・共有と保護です。3級は実技試験のみです。内容は、作業環境・環境の設定と変更・基本操作・ 数式と計算・グラフ・オブジェクト・データベース機能・入出力です。

Excel表計算処理技能認定試験資格の難易度

合格率が非常に高いためやや易しいと言われております。しかし、テキストをしっかりと反復練習することが大事です。1級は少し易しいレベルです。2級と3級は簡単なレベルとも言われています。

Excel表計算処理技能認定試験資格の合格率

合格率は全体で83.3%ほどという情報があります。

Excel表計算処理技能認定試験試験の合格発表

知識、実技問題の各得点率をお知らせしています。合格者には認定証が発行されます。正答状況、配点などの詳細は非公開とされています。

国家資格バナー

PR



Excel表計算処理技能認定試験

Excel表計算処理技能認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Excel表計算処理技能認定試験所持者の職業例

デスクワークを行うすべての業界や業種、リサーチ会社、設計・経理などの業務など

Excel表計算処理技能認定試験に向いている人

ExcelやWordなどは使えるのが当たり前とされていますが、実際のExcelの関数やグラフなどを使いこなせる人はそう多くないため、職場では重宝されたりします。そして、働きたい業種の資格も合わせて取得しておいたほうがいいです。大学などで論文を書いたり、仕事でExcelを使う業務、医療費の計算や家計簿にも使えますので、何か表を作って整頓したいという方に向いています。

Excel表計算処理技能認定試験と同じ分野の他の資格

Word文書処理技能検定試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト

Excel表計算処理技能認定試験の年収・給料相場

Excel表計算処理技能認定試験の資格は、特に職種を選ばず役立たせることができるため、職種を特定することは難しいです。そこでExcel表計算処理技能認定試験を活かすことのできる一般事務職の年収を参考できるでしょう。事務職の平均年収は、男性で330万円、女性で300万円程度です。どの職場でもExcelの操作が必須となっています。

Excel表計算処理技能認定試験の現状

どの業界の職場でもExcelの操作が必須となっています。論文でも使うことがありますし、メーカーなど製造業でも生産のデーターなどでも使います。また経理などお金に関することでも使われます。操作も初めての方は本だけで作業できるようになります。

Excel表計算処理技能認定試験の将来性

Excel表計算処理技能認定試験を取得していれば、将来的にどこに就職・転職することになっても役立つことは確かです。面接時にも、ただ単に基本操作ができる・関数が使えるというだけでなく、直接実務に役立つスキルをアピールできます。

Excel表計算処理技能認定試験の独立について

どの業界・業種へ独立してもエクセルが無くては仕事にならないという状態です。どちらかと言えば、この資格を持って独立というよりは、他の資格を取ってから独立の方が良いと思います。フリーランスという道もありますので、他の多くの資格を取得した方が良いでしょう。

Excel表計算処理技能認定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*