ITコーディネータ

企業の情報技術化をサポートする専門的なアドバイザーです。ITC試験に合格し、ケース研修を修了することで取得できる民間資格です。平成不況で低迷した企業の業績を回復させるためにITの導入を促進する役割が期待されており、ITの専門知識はもちろん、コミュニケーションの力も要求されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITコーディネータは幅広い年齢層の男女が目指せる、実践に強いスキルである資格です。
ITコーディネータ資格取得者は他にもITCと呼ばれております。
ITコーディネータの資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、ITコーディネータになるには?ITコーディネータなるためには?ITコーディネータになりたいを応援しております。

ITコーディネータになるために必要な知識・受験資格

幅広いスキル・知識が求められます。会社の経営層が、適切な経営判断ができるように、効率かつ迅速な対応ができるIT設備の導入を分析・検討して提案・提言していくが必要です。IT関係の知識だけではなく、経営に関する知識も持ち合わせておかなければなりません。そのために、資格も経営分野とIT分野に分かれています。

ITコーディネータの資格は「特定非営利活動法人ITコーディネータ協会」が運営管理を行っております。

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会とは:
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会は、平成11年6月に通商産業省(現、経済産業省)の産業構造審議会情報産業部会情報化人材対策小委員会の中間報告において提唱された「戦略的情報化投資活性化のための環境整備の試み」の趣旨を踏まえ、設立しました。平成12年10月31日特定非営利活動法人(NPO法人)として設立するための申請を東京都に提出し受理され、平成13年2月に法人登記を完了し、発足しました。

ITコーディネータ

ITコーディネータってどんな仕事?(仕事内容など)

ITコーディネータは、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。時代の潮流はSaaSやクラウド、経営革新・業務改革ニーズに合致する戦略的なIT利活用の推進人材として新たな役割を担います。

ITコーディネータ資格取得の為の勉強法

ITコーディネータの資格を勉強する過程で、過去問題を解く勉強法も取り入れることが多いです。進化しているIT分野なので、常に最新動向を把握しておくことが望ましいことです。並行して最新技術傾向を取り入れておくことが大事です。

ITコーディネータの専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

ITコーディネータの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ITコーディネータの資格試験料

ITコーディネータ試験は、19440円です。専門スキル特別認定試験は、9720円です。ケース研修は216000円です。

ITコーディネータ試験・検定の年間試験回数

1年に3回行われます。ITコーディネーター試験・専門スキル特別認定試験は、2月上旬~下旬・7月上旬~下旬・10月中旬~11月中旬頃です。ケース研修は、4月中旬~7月上旬頃・9月上旬~11月中旬頃・12月下旬~3月上旬です。

ITコーディネータ試験科目等の内容

ITC試験は、基本問題(A)+応用問題(B)+選択問題1+選択問題2もしくは、基本問題(A)+応用問題(B)+選択問題1+選択問題2+選択問題3+選択問題4のどちらかを選択し受験します。(必須問題/基本問題(A)IT経営認識プロセスに関することでは、①変革認識における概要・基本原則・プロセスなど②是正認識における概要・基本原則・プロセスなど③持続的成長認識における概要・基本原則・プロセスなどです。(選択問題1)経営戦略に関することでは、①全体概要と基本原則②経営の成熟度③事業環境分析④戦略⑤プロセス改革⑥顧客(満足とマーケティング)⑦知の経営⑧財務マネジメント⑨リスクマネジメントなどです。(選択問題2)IT戦略策定に関することでは、①全体概要と基本原則②IT化の成熟度③IT経営の意義、④業務プロセス最適化⑤内外IT環境評価⑥IT戦略の策定・展開⑦セキュリティ&リスクマネジメントなどです。(選択問題3)IT資源調達に関することでは、①全体概要と基本原則②IT資源調達の成熟度③IT資源調達計画④RFPの作成と発行⑤調達先の決定・契約⑥IT導入計画策定などです。(選択問題4)IT導入に関することでは、①全体概要と基本原則②IT導入の成熟度③IT導入④業務プロセス改革とチェンジマネジメント⑤総合テスト・移行などです。(選択問題5)ITサービス活用に関することでは、①全体概要と基本原則②ITサービス活用の成熟度③ITサービス提供④IT戦略達成度評価⑤IT環境の改革⑥業務プロセス改革の提言などです。(必須問題/応用問題(B))プロセス&プロジェクトマネジメントに関することでは、①プロセスマネジメントにおけるプロセスおよび主要要件②プロジェクトマネジメントにおけるプロセスおよび主要要件です。(必須問題/応用問題(B))モニタリング&コントロールに関することでは、①全体概要と基本原則②ビジネス活動・成果におけるモニタリング&コントロール③IT活動・成果におけるモニタリング&コントロールなどです。(必須問題/応用問題(B))コミュニケーションに関することでは、①コミュニケーションにおけるプロセスプランニング②リーダーシップ③リレーション形成④合意形成⑤関係維持・調整⑥ダイアローグ・デシジョン・プロセスなどです。ケース研修は経営戦略からITサービス活用までの一連のプロセスを体験する研修です。①eラーニング個人学習(6日間)②集合研修(6日間)出席率が90%以上で、与えられた課題を100%提出しないと修了となりません。1日目は①IT経営プロセス全体概要説明②ファシリテーション③変革認識フェーズ課題です。2日目は①経営戦略フェーズ課題×3です。3日目は①経営戦略フェーズ課題×3です。4日目は①IT戦略策定フェーズ課題×3です。5日目は①IT戦略策定フェーズ課題②IT資源調達フェーズ課題③IT導入フェーズ課題です。6日目は①ITサービス活用フェーズ課題②持続的成長認識フェーズ課題③是正認識フェーズ課題です。専門スキル特別認定試験(ITC試験の一部を免除した当該制度用の試験)では、ITコーディネータ資格保有者、もしくは資格失効者の方で、当制度に該当する資格保有の方は、ポイント取得のための知識試験としてITC専門スキル特別認定試験を受験することができます。その内容ですが、(必須問題)IT経営認識プロセスに関すること①変革認識における概要・基本原則・プロセスなど②是正認識における概要・基本原則・プロセスなど③持続的成長認識における概要・基本原則・プロセスなどです。(必須問題)プロセス&プロジェクトマネジメントに関することでは、①プロセスマネジメントにおけるプロセスおよび主要要件②プロジェクトマネジメントにおけるプロセスおよび主要要件です。(必須問題)モニタリング&コントロールに関すること①全体概要と基本原則②ビジネス活動・成果におけるモニタリング&コントロール③IT活動・成果におけるモニタリング&コントロールなどです。(必須問題)コミュニケーションに関することでは、①コミュニケーションにおけるプロセスプランニング②リーダーシップ③リレーション形成④合意形成⑤関係維持・調整⑥ダイアローグ・デシジョン・プロセスなどです。

PR

ITコーディネータ資格の難易度

難易度もそれほど高くなく、まじめに根気よく勉強をすれば取れるので、効率よく勉強する方法学習方法・教材を選ぶことが大事です。人気のある資格なので通信講座も多いです。

ITコーディネータ資格の合格率

近年合格率は、59.1%ほどです。

ITコーディネータ試験の合格発表

試験を終了した時点で、合否結果と分野別正答率が記載された受験記録が渡されます。受験者の個別の点数は公表していません。3月下旬頃に、合格者へ申請時の住所へ合格証が郵送されます。専門スキル特別認定試験は、ITコーディネータ試験と同様に、試験を終了した時点で、合否結果と分野別正答率が記載された受験記録が渡されます。資格保有者は、合格番号又は認定番号を受験申込時のアンケートで必須入力をします。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です!

資格の専門学校や大学の無料パンフレット・願書などをまとめて10校以上請求するだけで、 高校生なら誰でも全員に1000円分の図書カードがプレゼントされます!!!

気になる専門学校の資料を請求して、自分にあった資格を見つけましょう!

↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 資格・専門学校請求キャンペーンページへ 】


ITコーディネータ

ITコーディネータ資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ITコーディネータ所持者の職業例

公認会計士、税理士、中小企業診断士、経営品質協議会認定セルフアセッサー

ITコーディネータに向いている人

経営とITの両面からのアプローチが求められるので、すでにどちらか一方に関わっている人であれば、比較的、容易に取得できるでしょう。たとえば経営者や経営指導者、公認会計士、税理士、中小企業診断士、あるいはIT技術者やITコンサルタント、ベンダー企業の営業職の人などです。また、ITコーディネータは、ITパスポート試験などIT系の資格を取得していて、さらなるスキルアップを目指す人にも最適な目標となります。ノウハウの蓄積と更新が重要なので、常に新しい経営およびITの知識を追い求めることができる探究心おうせいな人に向いています。

ITコーディネータと同じ分野の他の資格

情報処理技術者試験、情報セキュリティーマネージメント

ITコーディネータの年収・給料相場

実力のあるITCでは1000万円以上稼ぐ人も多くいます。ITCで年収を上げるためには、大きなシステム導入に関わるコーディネートをすることが必要でしょう。また、中小規模のシステム導入を伴うコーディネートでも、回数が増えれば年収があがります。

ITコーディネータの現状

大企業、官公庁、地方自治体からCIOが設置できない中堅・中小企業まで、業種・業態を問いません。特に中堅・中小企業経営者の悩みに応える頼れるパートナーとなります。経営者の立場に立って、親身に企業経営の未来を見据え、IT投資を成功に導くキーパーソンの役割を果たします。売上拡大、コスト削減、業務プロセス効率化、競合他社との差別化、コストダウンに人材の確保などの課題を解決するため、企業にとってもはや欠かせない経営上の戦略となっているのが、経営改善・業務改善に直結する効果的なIT投資です。国をはじめとする公的機関による各種の中小企業IT化支援施策を活用しながら、経営戦略の企画立案をアドバイスし知識と実務に裏付けられたプロセスにより、ITの導入・活用までを一貫してサポートしております。

ITコーディネータの将来性

IoT・ビッグデータ・人工知能時代の到来。今、ビジネスや社会の在り方そのものが大きく変わろうとしています。市場環境とともに変化する経営環境に対応することは、必須の経営課題といえます。個人においても、経営とITの両面に精通し柔軟に対応できるスキルが強く求められています。その役割を担い、これからの時代のイノベーションをリードしていく人財として「ITコーディネータ」が期待を集めています。

ITコーディネータの独立について

独立しているITCの中には、税理士や中小企業診断士など他の資格との相乗効果で仕事をしている人も多くいます。ITCとして経営戦略を策定した後、税理士のスキルを活かして、中期経営計画(収支計画など)を作り実行を指導します。また、中小企業診断士のスキルを活かして、戦略に基づく戦術(工場の現場改善など)を指導するケースがあります。このように、ITCだけでなく相乗効果のある資格と併せることにより、仕事を多く受注することができます。

ITコーディネータ資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*