Linux技術者認定試験資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.04.04

Linux技術者認定試験(LPIC)とは、Webサーバーや企業内の基幹サーバーとして急速にシェアを伸ばしているLinuxの中立的なベンダーニュートラルな資格としてネットワークの運用・管理が出来るエキスパートを認定する資格です。


Linux技術者認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、資格取得後の満足度89%の資格です。
Linux技術者認定試験資格取得者は他にもLPICと呼ばれております。
Linux技術者認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、Linux技術者認定試験になるには?Linux技術者認定試験なるためには?Linux技術者認定試験になりたいを応援しております。

Linux技術者認定試験になるために必要な知識・受験資格

レベル1は、Linuxの基本的な操作やシステム管理・Linuxディストリビューションの利用にあたっての知識が必要です。レベル2は、アドバンストレベルLinux専門家を認定するためのもので,Linuxによるシステムやネットワークの構築および応用的なシステム管理などの知識が必要です。レベル3は、Linuxに関するエンタープライズレベルでのシステムやネットワークの構築・システム管理やコンサルティングなどが行うことができる必要があります。

Linux技術者認定試験の資格は「特定非営利活動法人エルピーアイジャパン」が運営管理を行っております。

特定非営利活動法人エルピーアイジャパンとは:
日本での Linuxの技術力認定試験の普及とITプロフェッショナルの育成のため2000年7月に設立され、現在は対象を広げOSSのデータベースソフトウェア、クラウドソフトウェアであるCloudStackやOpenStack、更にはHTML5のプロフェッショナルの認定試験を実施するNPO法人です。LPI-Japanは、ITプロフェッショナルの技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるITプロフェッショナルの育成、さらにはOSS/HTML5に関連するビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

Linux技術者認定試験

Linux技術者認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

世界中の技術者が開発を行い進化を続けるのがオープンソースOSのLinuxです。世の中のさまざまなサーバ環境でLinuxが採用されています。全員取得を推進する企業もあるなど、評価の高い資格であり、就職や転職にも有利と言われています。技術者だけでなく、営業担当者がスキルアップのために受験するなど、受験者の裾野も広がりつつあります。

Linux技術者認定試験資格取得の為の勉強法

LPIC資格の勉強方法は、実務経験や知識レベルによって異なります。初心者や自主学習だと怠けてしまう人、学生、最短で合格を狙いたい人などは、アカデミック認定校である大学・専門学校・PCスクール・企業研修期間などに通ったり、LPI-Japanにより開催されている、試験のレベルごとに出題範囲やポイントを解説する技術解説無料セミナーを受講したりする方法が最適です。他の受験者と意見交換ができるので、独学が不安な人に向いています。また、実務経験があり、実機環境を自分で用意できるという人であれば、独学で試験対策をすることもできます。LPI-Japanからは、レベルごとの例題解説などを行っているメールマガジンも発行されているので、学習ツールは非常に充実していると言えるでしょう。

Linux技術者認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


Linux技術者認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Linux技術者認定試験の資格試験料

LPIC-1は15000円です。LPIC-2は15000円です。LPIC-3は各試験共通30000円です。

Linux技術者認定試験試験・検定の年間試験回数

CBT方式のため随時受験可能です。

Linux技術者認定試験試験科目等の内容

レベル1では、101試験:LPI Level1 Exam 101と、102試験:LPI Level1 Exam 102の双方合格で認定されます。試験No.101 LPI Level1 Exam 101① システムアーキテクチャ②Linuxのインストールとパッケージ管理③GNUとUnixコマンド④デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準です。試験No.102 LPI Level1 Exam 102①シェル、スクリプト、およびデータ管理②ユーザインターフェイスとデスクトップ③管理業務④重要なシステムサービス⑤ネットワークの基礎⑥セキュリティです。レベル2はレベル1を取得後次の科目を取得するとレベル2として認定されます。試験No.201 LPI Level1 Exam 201① キャパシティプランニング②Linuxカーネル③システムの起動④ファイルシステムとデバイス⑤高度なストレージ管理⑥ネットワーク構成⑦システムの保守です。試験No.202 LPI Level1 Exam 202①ドメインネームサーバ②Webサービス③ファイル共有④ネットワーククライアントの管理⑤電子メールサービス⑥システムのセキュリティです。レベル3ではレベル2を取得後、300試験、303試験、304試験のいずれか1つに合格することで、「LPICレベル3 Specialty」に認定されます。試験No.300 Mixed Environment Exam①OpenLDAPの設定②OpenLDAPの認証バックエンドとしての利用③Sambaの基礎④Sambaの共有の設定⑤Sambaのユーザとグループの管理⑥Sambaのドメイン統合⑦Sambaのネームサービス⑧LinuxおよびWindowsクライアントの操作です。試験No.303 Security①暗号化②アクセス制御③アプリケーションセキュリティ④操作のセキュリティ⑤ネットワークセキュリティです。試験No.304 Virtualization & High Availability Exam①仮想化②ロードバランシング(負荷分散)③クラスタ管理④クラスタストレージとなっております。

Linux技術者認定試験資格の難易度

レベル1であれば実務未経験者の方でも独学で十分取得可能です。ITパスポートと同じような感覚です。レベル2は基本情報技術者と同等レベルになるので、実務未経験者の独学での受験はかなり難しく感じるでしょう。レベル3は実務経験者でも独学での取得は難しく、スクールに通うなどして人の手助け無しに取得するのは困難です。

Linux技術者認定試験資格の合格率

非公開となっております。

Linux技術者認定試験試験の合格発表

試験終了当日に合格発表があります。

国家資格バナー

PR



Linux技術者認定試験

Linux技術者認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Linux技術者認定試験所持者の職業例

ネットワークエンジニア、IT関連企業、アプリ開発技術者、システムエンジニア

Linux技術者認定試験に向いている人

コミュニケーション能力がある人です。理由は、パソコンと向かい合って仕事をしているというイメージを持たれがちがちですが、実際にはクライアントの要望を聞いたりチーム内でやり取りをしたりと、開発にかかわる人たちとの対話力が求められる仕事といえます。クライアントはシステムに対する専門的な知識を持っていないことも多く、専門用語を噛み砕いて説明する力も大切になります。プログラマーとの意思疎通はシステムの仕上がりを左右するため、技術力以外の部分が問われます。次に、新しい知識・技術をキャッチアップしていける人です。ITの技術は日々進化していくため、新しい技術に敏感に反応し勉強を続けられる人が向いています。また、世界中で資格を展開しているLinuxの技術者認定試験は世界最大です。プロのエンジニアを目指す方に向いています。

Linux技術者認定試験と同じ分野の他の資格

情報処理技術者、OMG認定UML技術者資格試験

Linux技術者認定試験の年収・給料相場

LPIC取得者は、収入面でかなり優遇されることが見込めます。LPICを取得した社員に、資格手当や報奨金を支給したり、昇給させたりする企業があるからです。また、実際、LPICは多くの企業、教育機関、公的機関にて取得推奨資格に指定されています。現在の日本社会において、7割の企業でLinuxが導入されていることからも、Linux技術者が必要とされていることは確かです。そのため、LPICには将来性も見込めると言えるでしょう。また、公式サイトの情報によれば、情報管理者の63.5%がLinux技術者の不足を問題視していると言います。今後、ますますLPIC取得者の需要は増すことでしょう。ちなみにシステムエンジニアの平均年収は550万円です。

Linux技術者認定試験の現状

Linuxを要する職種は多様であり、システムエンジニア・ネットワークエンジニア・組み込みエンジニア・社内システムエンジニア・カスタマーサポート・インストラクターなどが相当します。特にLinuxサーバはインターネットサーバとして最も利用されていることから、ネットワークエンジニアとして働くには非常に良いです。また、組み込みシステムのOSには、Linuxが最も多く使われていることからも、組み込みエンジニアとして求められています。そして社内システムエンジニアとしてもLPICは有効です。社内システムのメールサーバやファイルサーバ、Webサーバの多くは、Linuxを採用しているため必要とされています。

Linux技術者認定試験の将来性

サーバを構築・運用管理できるスキルに関しては、依然として需要が高いです。なぜなら、クラウド・コンピューティングを使ったシステムの運用が注目が集めているからです。今後も引き続きいろんな業界で必要とされるスキルですので将来有望です。

Linux技術者認定試験の独立について

ある一定の技術が付けばフリーランスとして独立することが可能です。企業のシステムサーバーなどではLinuxを採用していることが多いですの十分仕事があります。Linuxの資格だけでなくIT関連の資格を取るともっと仕事が入ってきます。人が足りないという現状ですので仕事も多いですが、体調管理などをしっかりすることが大事です。体の調子が悪いのに仕事をするというのは好ましくないため無理だけはしないでください。

Linux技術者認定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*