データサイエンティストの資格や仕事の需要についてご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-17

公開日:2019-06-17

データサイエンティスト

今回はデータサイエンティストに関して、データサイエンティストを目指す上で必要な資格やスキルについてまとめました。また会社での仕事や需要、将来性も紹介するのでぜひ参考にしてください。

       

皆さんはデータサイエンティストという職業について知っていますか。

普段あまり耳にしませんが、IT社会が進む現代においてデータサイエンティストの仕事に以前よりも注目が集まっています。

IT業界に興味のある方、実際にデータサイエンティストを目指している方もいると思うので、各会社での仕事内容や需要、資格について詳しく紹介します。

データサイエンティストとは?

データサイエンティスト

私達の身の回りには常に情報やデータが溢れています。

特にIT社会、IT技術の発達によって以前よりもそれらの数が膨大になり、複雑になっています。

データサイエンティストとは、「ビッグデータ」と呼ばれる膨大で複雑なデータや情報をビジネスの場などに活用するために分析や統計をするプロフェッショナルです。

データサイエンティストはIT関連企業はもちろんのこと、メーカーや商社といった一般企業でも活躍の場があり、データサイエンティストの仕事次第で業績に大きな影響を与えることもあるほど重要なポジションなのです。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの主な仕事内容はビッグデータの分析、解析を行いそれを実際に活用する糸口を見つけ出すことです。

具体的な仕事のフローとしては、まずデータの収集を行い、データの処理、予測モデルの解析、モデルの作成となります。

つまり、膨大なデータ分析し、その分析結果から実際のあらゆるビジネスにおいて活用できる情報を見つけ出すのです。

例えば、膨大な顧客データから一定条件を満たすデータだけを見つけ出し、その解析・分析結果を元に商品開発などに活用していきます。

データサイエンティストの資格

データサイエンティストは一般素人にとっては非常に頭の痛くなる業務を行っているように思えますが、IT関連に興味のある方にとっては天職のようなものです。

日本国内において世紀なデータサイエンティストとして働いている方は1000人にも満たない非常に専門性の高い職業です。

それでは、データサイエンティストを目指す上で必要な資格やスキルについてくわしく見ていきましょう。

資格がなくてもデータサイエンティストになれる・・・けど

実は、データサイエンスになるためには特別な資格を取る必要はありません

とは言ってもなろうと思って簡単になれる職業でもありません。

というのも、データサイエンティストになるためには、IT関連の知識やスキルはもちろんのこと、データ解析や分析、統計学やデータベースに関する非常に高度なスキルと知識が必要とされるからです。

また、国内においてデータサイエンティストという職業はまだまだ発展途上な職業であり、データサイエンティストを養成するための学校や養成機関の数も非常に限られています。

データサイエンティストを目指す上で取っておきたい資格

データサイエンティストになるには特別な資格が必要無いと言っても、キャリアアップやスキルアップするために関連資格の取得をおすすめします。

具体的な資格としては、「統計検定」の準1級以上、MOSのデータベース検定資格、基本情報技術者検定資格などが挙げられます。

いずれにしてもデータサイエンティストとして働くためには、ITやデータベースに関する知識とスキルが必要不可欠であるため、それらに疎いかはまず基礎的な知識をみにつけることから始めましょう。

データサイエンティストに必要なスキル

資格以外にも、データサイエンティストとして関連会社で働く上で必要なスキルがいくつかあります。

まず、勤め先の会社における専門知識やマーケティング力、他の部署の人間と連携してビジネスを行うためのコミュニケーション能力などが挙げられます。

また、時にはデータ解析を経営的な視点から行うこともあるため、経営戦略を立てるためのビジネススキルも重要視されます。

このようにデータサイエンティストなるための特別な資格がないため、多種多様なスキルが実際の現場においてもとめられるのです。

データサイエンティストの仕事の需要や将来性とは?

データサイエンティスト

データサイエンティストとはどんな職業なのか、また働く上で必要なスキル等について理解して頂けたでしょうか。

それでは、実際にデータサイエンティストの仕事の需要や将来性について一緒に考えていきましょう。

需要がある?需要がない?データサイエンティストの現状

現在の日本国内において、データサイエンティストとして活躍している方はごく僅かです。

また、IT関連企業、その他一般企業においても「データサイエンティスト」の採用枠は他の部署や役職に比べれば圧倒的に少ないです。

そのため、「データサイエンティストは需要のない職業」と認識されることもありがちですが、実は違います

先程も述べたように、データサイエンティストを専門として要請するための教育機関や教育制度そのものが整っていないため、正確に言うと需要が無いのではなく、十分なデータサイエンティストが「いない」のです。

つまり、データサイエンティストを育てるための環境が十分に整えばそれだけ数も増え、各企業での活躍の場も増えることでしょう。

データサイエンティストの現状や将来性

近年ではIT技術や情報社会著しい発展が見られますが、それらの関連企業や業種においてまだまだデータサイエンティストの人材が不足しているのが現状となっています。

データサイエンティストを 養成するための環境が整えばそれだけ人材も確保できるようになりますが、一方でAIやロボット技術も現在著しく発達しているため、実際のところ数十年後にデータサイエンティストの安定した需要があるという確証はありません。

とはいっても、データサイエンティストの仕事はビッグデータの分析だけではなく、それを実際にビジネスの場で活用することであるため必ず人手が必要となるのです。

データサイエンティストの資格や仕事の需要まとめ

今回はデータサイエンティストの資格やスキル、また需要や将来性について詳しく紹介しました。

データサイエンティストになるための特別な資格が無いため、ビジネスの現場におけるあらゆる知識とスキルが求められます。

また、IT技術や情報社会の進展とともにますます活躍が期待されている職業でもあるため、データサイエンティストを目指している方は以上で紹介した内容を参考にしてください。

コメントを残す

*

*