MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

最終更新日:2018.07.20

公開日:2018.04.04

マイクロソフト認定トレーナーとは、マイクロソフト製品や技術およびソリューションの高い技術を持つ教育の専門家であることを認定する民間資格です。トレーナー資格については、日本国内にMOTという資格が存在しましたが、2009年にMCTに移行されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)は幅広い年齢層の男女が目指せる、マイクロソフトが認定する日本独自の資格です。
MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格取得者は他にもMCTと呼ばれております。
MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)になるには?MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)なるためには?MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)になりたいを応援しております。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)になるために必要な知識・受験資格

MCTの申請前に以下の資格のいずれかを取得する必要があります。またこれらの資格取得をしたということで知識持つことになります。■マイクロソフト認定資格・Microsoft Certified Solutions Associate (MCSA)・Microsoft Certified Solutions Expert (MCSE)・Microsoft Certified Solutions Developer (MCSD)・Microsoft Certified Solutions Master (MCSM)・Microsoft Certified Master (MCM)・Microsoft Certified Architect (MCA)・Microsoft Certified Professional Developer (MCPD)・Microsoft Certified IT Professional (MCITP)です。■Microsoft Dynamics の認定資格・AX Dynamics Applications・AX Dynamics Developer・AX Dynamics Installation and Configuration・CRM Dynamics Applications・CRM Dynamics Technical・GP Dynamics・NAV Dynamics Applications・NAV Dynamics Technical・SL Dynamicsです。■ Microsoft Office の認定資格・Microsoft Office Master Specialist 2007、2010、2013・Microsoft Excel Expert: 2007、2010、2013・Microsoft Word Expert: 2007、2010、2013です。次にトレーニングのプレゼンテーションスキルの証明をしないといけませんが、次のいずれかの証明書が必要です。(a) CompTIA Certified Technical Trainer (CTT +) 認定資格(b)1 年以上のインストラクター経験を保有する事を証明できるもの (IT スキルに限らず 他分野の講師 (クラスルーム マネジメント) としての経験も可)(c) マイクロソフトによる承認を受けたトレーナー養成コース (Train the trainer) 受講証明書です。これらの知識や経験が必要となります。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の資格は「マイクロソフト株式会社」が運営管理を行っております。

マイクロソフト株式会社とは:
マイクロソフト認定トレーナー (MCT) は Microsoft テクノロジの技術および指導における最上級のエキスパートです。マイクロソフトのテクニカル トレーニング プロフェッショナル限定のグループに参加し、MCT トレーニング認定とメンバーシップのメリットを活用しましょう。メリットには、公式のマイクロソフトのトレーニングと認定の製品のライブラリ全体へのアクセス、試験、書籍、およびマイクロソフト製品の大幅な割引、準備のためのリソース、メンバー専用のオンライン コミュニティへのアクセス、限定イベントやプログラムへの招待が含まれます。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)ってどんな仕事?(仕事内容など)

MOT/MOTS は2010年6月末にて終了し MCT/CPLS にプログラム統合される事となりました。したがってMCTの内容にします。マイクロソフト認定トレーナー(MCT)とは、世界最大のソフトウェア企業であるマイクロソフト社の製品や技術などに関する高い技能を有する教育の専門家で、マイクロソフト認定トレーニングなどを行う資格があたえられたプロのトレーナーです。資格を得るための試験はありませんが、他の資格や実務経験などの要件を満たした上で申請する必要があります。有資格者には女性も多く、PC業界での就職・転職が有利になります。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格取得の為の勉強法

MCTの資格試験の勉強方法としては、市販の参考書を利用した独学、専門学校や各種学校などの資格スクールなどの勉強方法をとられる方々が多いようです。また、マイクロソフトの認定トレーニングパートナー(Microsoft CPLS) が開催している、マイクロソフトユニバーシティ(MSU) で、認定コースをまじめに受講するのが確実です。認定トレーナーによる講義と実習を通じて確実なスキルアップが期待できます。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の資格試験料

試験料という訳ではなく年会費です。新規MCTは、IT Pro:110020円・IW:55010円です。新規MCT Alumniは10824円です。更新MCTはIT Pro:88375円・IW:44200円です。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)試験・検定の年間試験回数

随時実施されています。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)試験科目等の内容

試験ではなく、認定要件のスキルを満たせば認定されます。新規の認定条件は、1:対象となるマイクロソフト認定資格(必要な知識欄に記載しております)を取得し、現時点で保持していることです。2:指導スキルを持っていることです。3:指導スキルの証明をマイクロソフトに提出することです。4:現在のMCTプログラムガイドおよび契約に同意することです。5:MCT資格を取得するための申込書に記入して送信することです。6:適用されるすべての料金を支払うことです。また、更新の認定条件は、1:対象となるマイクロソフト認定資格を取得し、現時点で保持していることです。2:1クラス以上のトレーニングを実施し、MTMによる受講者アンケート結果を得ていることです。3:MTMによる受講者アンケート結果のスコアが平均7以上です。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格の難易度

合格率も非公開のため難易度を客観的に判断するのが難しいです。少なくとも勉強をしっかりとやり、何度も何度も復習をして身に着ければ取得できる資格であるのは間違いないです。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格の合格率

非公開となっております。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)試験の合格発表

随時行われています。

国家資格バナー

PR



MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)所持者の職業例

OA機器インストラクター、OAオペレーター、一般事務

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)に向いている人

Officeは多くの人が会社などで触れる機会も多いソフトです。その意味では日々の仕事の中で得られた知識やスキルを活かし、それを資格という形で客観的に示すことができる資格といえるでしょう。コンピューターに習熟しているだけでなく、トレーナーとしてユーザ―を指導するうえでのコミュニケーション能力なども問われます。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)と同じ分野の他の資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト、マイクロソフト認定資格

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の年収・給料相場

正社員の場合は20万円~30万円の間で、経験や能力に応じて変動します。年収としては、300万円~400万円ほどが平均額といえそうです。アルバイト・パートの場合は時給制が基本です。勤務地域の最低賃金基準により時給額が変動します。おおむね900円~1500円が平均的な時給のようです。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の現状

マイクロソフト認定トレーナーは、さまざまなマイクロソフト社のテクノロジーを幅広い受講者に対して指導することができます。具体的には、企業やITアカデミーにおける講習会で講師をつとめたり、PCスクールのインストラクターになったり、高校・大学などで学生を指導したりします。認定トレーナーは、マイクロソフト製品に精通した技術者であると同時に、優秀な教育者であることをも兼ね備えた人材であり、PC業界で広く通用する資格とされています。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の将来性

Webブラウザやスマートフォン用OSなど、一部の分野で苦戦はしているものの、マイクロソフト社の生み出すソフトウェアは、WindowsとOfficeの二枚看板を筆頭として全世界で広く利用されています。それらのトレーナーとして同社に公認されることの意義は非常に大きく、今後もその価値が損なわれることはないでしょう。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の独立について

フリーランスとして大学や専門学校の非常勤講師として教えたり、その他自治体の市民講座などでインストラクターとして活動することができます。年代問わずパソコンを利用する人が増えていると同時に、ソフトやプログラムの複雑化が進んでいる今、需要は高まっているといわれます。また、活躍の場は以前よりも広がっているため独立は十分可能ともいえます。

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*