Sun Java認定資格資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.04.04

Web上のアプリケーションから、企業のシステム構築まで、幅広い分野で用いられているJava言語に関する資格で知られていたSun Java認定資格ですが、企業買収により、オラクル社の資格認定制度に組み込まれました。バージョンアップを行いながら、試験内容も基本的な技術力から専門的なシステム開発など必要な資格を技術者に合わせて選択できるような仕組みがとられています。


Sun Java認定資格は幅広い年齢層の男女が目指せる、Javaの開発元であるサン・マイクロシステムズが認定する技術資格です。
Sun Java認定資格資格取得者は他にも後身は、オラクル認定資格(Java資格)と呼ばれております。
Sun Java認定資格の資格は「民間資格」です。

資格広場は、Sun Java認定資格になるには?Sun Java認定資格なるためには?Sun Java認定資格になりたいを応援しております。

Sun Java認定資格になるために必要な知識・受験資格

オラクルの認定試験を受験する前に「ORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書」に同意する必要があります。18歳未満の方に対する認定は、予め受験者の保護者または法定後見人が受験契約書に押印する必要があります。また、同一科目(同一試験番号)の2回目からの受験については、「前回の受験日を含め14日間」は再受験が出来ません。そして、1年の間に、5回以上、同一科目(同一試験番号)を受験することも出来ません。受験チケットは、試験会場のシステムにチケット番号を入力することで受験が可能になる電子チケットですが、その購入に際して、オラクル社認定ではない第三者から購入した受験チケットは使用できません。

Sun Java認定資格の資格は「日本オラクル株式会社」が運営管理を行っております。

日本オラクル株式会社とは:
日本オラクル株式会社は、米国オラクル・コーポレーションの日本法人です。1985年に設立、国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア・ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。

Sun Java認定資格

Sun Java認定資格ってどんな仕事?(仕事内容など)

Sun Java認定資格は、サン・マイクロシステムズが実施していた世界規模の技術者認定制度でしたが、会社がオラクル社に買収されたため、2010年9月2日より、オラクル社の認定制度に組み込まれました。よって、以前の8つのSun Java認定資格は名称が変わり、「Oracle認定JavaアソシエイツSE」「Oracle認定JavaプログラマSE」「Oracle認定JavaディベロッパSE(英語試験のみ)」「Oracle認定WebコンポーネントディベロッパEE5」「Oracle認定ビジネスコンポーネントディベロッパEE 1.3」「Oracle認定Java WebサービスディベロッパEE 1.4」「Oracle認定モバイルアプリケーションディベロッパ」「Oracle認定エンタープライズアーキテクトEE 5(英語試験のみ)」となりました。以前の名称は、表記順に、「Sun認定Javaアソシエイツ(SJC-A)」「Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)」「Sun認定Javaディベロッパ(SJC-D)」「Sun認定webコンポーネントディベロッパ(SJC-WC)」「Sun認定ビジネスコンポーネントディベロッパ(SJC-BC)」「Sun認定 Java Web サービスディベロッパ(SJC-WS)」「Sun認定モバイルアプリケーションディベロッパ(SJC-MA)」「Sun認定エンタープライズアーキテクト(SJC-EA)」でした。特定のオラクル認定資格については、再認定ポリシーの導入に伴い、認定資格のバージョンごとに、試験配信終了を受けて、資格の終了日が設定されます。2016年2月現在、Java/Middlewareに関するオラクルの認定資格の中に、上記の名称で残っているものは、「Oracle認定Javaアソシエイツ」「Oracle認定JavaプログラマSE6」「Oracle認定JavaディベロッパSE6(英語試験のみ)」「Oracle Certified Expert Java EE6 Web Component Developer」「Oracle認定エンタープライズアーキテクトEE 5(英語試験のみ)」となります。再認定ポリシーは、終了日が過ぎて1年が経過すると、当該資格のステータスは「失効(Inactive)」となります。終了日が過ぎて1年以内に「Oracleが認める最新バージョン」の資格にアップグレードすれば、資格更新完了となりますが、1年以内にアップグレードせずに、取得済み資格が失効した場合は、資格の認定証および認定ロゴをダウンロードすることが出来なくなります。

Sun Java認定資格資格取得の為の勉強法

オラクル社の資格サイトでは、該当受験資格を選択すると、受験のための準備として、Oracle Universityのおすすめ研修コースや、ePracticeのオンライン問題集を表示してくれます。また、同ページに、「テスト内容チェックリスト」のタブがあり、その項目を実機で試されることが推奨されています。

Sun Java認定資格の専門学校や通信講座について

準備中です。


Sun Java認定資格の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Sun Java認定資格の資格試験料

受験資格として他の資格合格要件のない「Oracle認定Javaアソシエイツ」の最初の試験「Java SE 5 and 6, Certified Associate」は、2016年2月現在、税抜き26600 円です。この値段は、毎年為替相場の変動によって見直しが行われます。また、同じく「Oracle認定JavaプログラマSE6」の試験「Java SE 6 Programmer Certified Professional」、そして、「Oracle Certified Expert Java EE6 Web Component Developer」の試験「Java EE 6 Web Component Developer Certified Expert」も同価格です。

Sun Java認定資格試験・検定の年間試験回数

随時行われます。

Sun Java認定資格試験科目等の内容

「Oracle認定Javaアソシエイツ」Java SE 5 and 6, Certified Associate の認定資格は、Javaテクノロジーを使用したアプリケーション開発やソフトウェア・プロジェクト管理のキャリアにおいて、理想的な第一歩となるように設計されており、オブジェクト指向概念の基礎知識、Javaプログラミング言語、Javaのプラットフォームとテクノロジーに関する全般的な知識について確認されます。試験時間は115分、出題数は51問です。「Oracle認定JavaプログラマSE6」Java SE 6 Programmer Certified Professionalは、Javaプログラミング言語の包括的なスキルを証明したいプログラマを対象とした試験内容です。試験時間は150分、出題数は60問です。「Oracle Certified Expert Java EE6 Web Component Developer」Java EE 6 Web Component Developer Certified Expertを受験するには、前提資格として、「Oracle認定JavaプログラマSE 5」「Oracle認定JavaプログラマSE 6」「Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7」「Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 」「Oracle認定エンタープライズアーキテクトEE 5(OCJ-EA)」「Oracle Certified Master, Java EE 6 Enterprise Architect」「Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)(Editionは問わない)」のいずれかの資格が必要です。試験時間は140分、出題数は57問です。また、「Oracle認定JavaディベロッパSE6」と「Oracle認定エンタープライズアーキテクトEE 5」は英語試験のみとなります。

Sun Java認定資格資格の難易度

難易度もテストの種類によって異なりますが、受験資格として他の資格要件のない「Oracle認定Javaアソシエイツ」や「Oracle認定JavaプログラマSE6」は比較的挑戦しやすいかと思われます。

Sun Java認定資格資格の合格率

合格率はテストの種類によって異なります。

Sun Java認定資格試験の合格発表

試験会場での受験では、試験中に使用するホワイトノートを会場スタッフが、提供し、その試験システムは試験時間が終了すると自動的に試験を終了します。また、オンライン試験での受験も可能です。合否結果およびスコアレポートは、オラクル認定システム(CertView)より確認することが出来ます。

国家資格バナー

PR



Sun Java認定資格

Sun Java認定資格資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Sun Java認定資格所持者の職業例

Java言語を扱う技術者、アプリケーション開発や企業のシステム構築に携わる仕事

Sun Java認定資格に向いている人

Java言語の習得に邁進することが出来る、集中力と持続力のある人が向いていると思います。

Sun Java認定資格と同じ分野の他の資格

基本情報技術者試験、ソフトウェア開発技術者、システム監査技術者、システムアナリスト、プロジェクトマネージャ、アプリケーションエンジニア、TE(データベース)、TE(システム管理)、TE(エンベデッドシステム)、TE(ネットワーク)、.com Master、ITコーディネータ、情報検索応用能力試験、情報検定(J検)、情報システムコンサルタント、ディジタル技術検定、マルチメディア検定、ITパスポート試験、応用情報技術者試験、コンピュータサービス技能評価試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、日商PC検定、パソコン検定

Sun Java認定資格の年収・給料相場

IT業界全体の2016年度の平均年収は479万円、生涯賃金は2億2030円です。

Sun Java認定資格の現状

プログラミング言語のJavaは、現在、iモードやゲーム機・IT家電などの普及により幅広い分野で用いられています。Web上のアプリケーションや企業のシステム構築などにも使われ、注目度もますます高まっています。この資格は、そもそもJava言語の開発元であるサン・マイクロシステムズが認定していたものです。その後、サン・マイクロシステムズは、オラクル社に買収されたので、オラクル社の認定制度に組み込まれました。

Sun Java認定資格の将来性

これらは世界共通の認定資格なので、ワールドワイドに自らの技術力を証明することができるツールとなります。

Sun Java認定資格の独立について

Java言語のプロフェッショナルとして、フリーや独立して仕事を行うことも可能だと思います。

Sun Java認定資格資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*