テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-04-04

ネットワークスペシャリスト試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。情報やサービスの需要と供給を結ぶため、システム基盤のネットワークを構築・管理する、これからの時代に必要不可欠な仕事です。

       

テクニカルエンジニア(ネットワーク)は幅広い年齢層の男女が目指せる、エンジニアのキャリアの幅が広がる資格です。
テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格取得者は他にもネットワークスペシャリスト、情報処理技術者、システムエンジニアと呼ばれております。
テクニカルエンジニア(ネットワーク)の資格は「国家資格」です。

資格広場は、テクニカルエンジニア(ネットワーク)になるには?テクニカルエンジニア(ネットワーク)なるためには?テクニカルエンジニア(ネットワーク)になりたいを応援しております。

目次

テクニカルエンジニア(ネットワーク)に必要な知識・受験資格

IT関連の資格の中でもかなり難易度の高いものなので、この資格を受験する人の中にはIT系初級資格を既に取得している場合が多く見られます。より専門性に特化した問題が出されますので、コンピュータサイエンスの基礎や、プログラム言語に関する問題は少ないといえます。また実務経験から答えが導かれるものも多く出されるため、すでに企業などでシステム関連業務を担う人がキャリアアップを目指し受験する傾向もあるようです。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の資格は「独立行政法人情報処理推進機構」が運営管理を行っております。

独立行政法人情報処理推進機構とは:
独立行政法人情報処理推進機構は、ネットワークスペシャリスト(平成21年テクニカルエンジニア(ネットワーク)より改称)試験を管理運営する経済産業省所管の団体です。2004年1月5日に設立されました。試験事務は機構の一部である情報処理技術者試験センターが行います。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の仕事内容

私たちが必要な情報を得たいと思った際に、大量に生まれては消えていく情報が実に見やすく整理され、知りたいと思うことを容易に検索できる恵まれた状況になっているのを実感します。ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く見通し、目的に適合した大規模で安全堅牢なネットワークシステムを構築し運用するのが、ネットワークスペシャリストの仕事です。ITに関する資格の中でもかなり難易度が高いものになります。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格の勉強法

IT関連の資格の中でも最難関に匹敵するものですので、ただ過去問題集を解くだけではなかなか合格できないようです。ネットワークに関する基本用語は確実に理解した上で、ただ暗記するのではなく問題文を深く理解し、自分の言葉で説明できるようにしておくことも重要です。専門のスクールや通信講座などもあるので、自分に足りないものを見極め、確実かつ合理的に学習を進めていくことが必要でしょう。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の資格試験料

受験料は5,700円になります。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回10月に、全国各地で行われています。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験科目等の内容

テクニカルエンジニア(データベース)試験は、平成21年度以降は制度が改正され、ネットワークスペシャリスト試験という名称に変更され実施されています。試験は筆記試験のみで、午前と午後に分かれていてます。午前はネットワークや情報セキュリティに関する基礎知識を問う四肢択一式問題、午後はネットワークシステムの設計、運用・保守、障害対応、セキュリティ技術に関する応用能力と実技能力を問う記述式問題が出題されます。また次の試験に合格又は基準点を得れば2年間、午前試験の科目が一部免除されます。応用情報技術者試験に合格すること、いずれかの高度情報処理技術者試験に合格すること、いずれかの高度情報処理技術者試験の午前Iに基準点以上を得ることの3つです。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格の難易度

システムエンジニアの中でも主に情報システムの基盤となるネットワークの設計担当者や管理責任者を見据えた資格になりますので、試験のレベルも高く、ITに関する試験の中でも最難関のものの一つになっています。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格の合格率

平成28年度の合格率は14.6%ですので、高度情報処理技術者試験の中でもかなり難易度が高いといえるでしょう。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験の合格発表

年に1回10月に試験が行われ、12月中旬に試験センターのホームページに掲載されるのを照会することができます。年を越して1月上旬に合格証書が発送され、その約10日程後に官報に公示されます。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)

テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

テクニカルエンジニア(ネットワーク)所持者の職業例

情報システム開発企業、ネットワーク構築を行う情報インフラ企業

テクニカルエンジニア(ネットワーク)に向いている人

様々な情報やサービスを提供する基盤となるネットワークを構築する重要な仕事になります。それに関する専門知識や技術はもちろんのこと、大量にある情報システムを確実に理解し判断する能力や、より合理的なネットワークを生み出していく構築力、間違いや手違いがあってはいけない仕事ですのでそれに耐えうる集中力や体力も必要になります。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)と同じ分野の他の資格

オンライン情報処理技術者、ネットワークエンジニア、情報処理安全確保支援士、情報セキュリティスペシャリスト、シスコ技術者、電気通信設備工事担任者

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の年収・給料相場

正社員として働く場合は、平均的な年収は450万~700万円と言われています。さらに15,000円ほどの資格手当や80,000円ほどの合格報奨金が出る企業もあります。また、派遣社員として働く場合、この資格を持っていれば月8,000円の資格手当を追加支給する例もあります。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の現状

大量の情報サービスがあったとしても、提供する側と受ける側をつなぐネットワークが無い限り、システムは成り立ちません。情報システムの専門知識を持ち、その基盤となるネットワークを開発・構築していくこの資格は難易度も非常に高いため、まだまだ人材が不足していると言えます。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の将来性

大規模な企業になると、社内インフラとして必ずといってよいほどネットワークが構築されています。業務に関するシステムはもちろんのこと、社員の勤務状況や警備環境などもネットワーク化されているところも多く見られます。また一般家庭や個人においても、パソコンやモバイルだけでなく、様々な電化製品がネットワークで結ばれているものも大量に出てきています。その反面人材不足が叫ばれていますので、これからもっと引く手あまたの資格になると思われます。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の独立について

ネットワーク管理者としてIT関連企業や、一般企業のシステム部門でネットワーク開発・構築に携わることが多いようです。大きなプロジェクトや確実なキャリアアップを目指すのであれば、そのまま企業に属している方が有利といえます。実務経験を重ね知識を得て独立した場合、会社の規定等に縛られず、需要と供給のバランスを極めたうえで、最も必要だと思われる部分の仕事を集中的に請け負う、という賢い働き方をすれば、やりがいのある仕事を続けていくことにもつながるでしょう。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*