転職にもおすすめ!ネットワークエンジニアの年収や必要な資格とは

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-21

公開日:2019-06-21

ネットワークエンジニア

今回はネットワークエンジニアに関して、ネットワークエンジニアの年収事情やなるために必要な資格についてまとめました。仕事の将来性も紹介するので転職等を考えている方はぜひ参考にしてください。


あまり耳にしない職業ですが、ネットワークエンジニアは私達が快適にインターネットやパソコンなど機器を使うために欠かせない職業です。

ITやエンジニア系への就職や転職を考えている方の中には実際にネットワークエンジニアを目指している方もいるでしょう。

そこで、ネットワークエンジニアの年収や将来性、必要な資格について紹介します。


ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、主に一般企業のオフィスや教育機関など複数の人たちがコンピューターを利用する場において、インターネットやネットワーク回線などの設備を整える専門家です。

ある程度ネット回線に関する知識がある人でも、大規模なネット設備の整備を完璧にこなすのは不可能であるため、その際に企業や各組織はネットワークエンジニアに依頼しインターネットの配線やWi-Fiの設定、ルーターなどの設置を行います。

ネットワークエンジニアは業種・業態問わず一般企業の専門部署に正社員としての働き方もありますが、その他、派遣社員やフリーランスといった働き方をすることができます。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は、ネットワークシステムの「設計」「構築」「運用」「保守」「管理」の5つの分野で業務を行います。

「設計」とは、各企業や教育機関、その他団体によって、ネットワークを設置する環境の規模、利用人数、回線状況などが異なるため、それぞれのクライアントの要望に応じて最適なネットワーク回線構築の設計プランを立てていきます。

「構築」「運用」とは、その設計プランを元に実際にネットワークを構築していき運用することよって初めてネットワークを使用できるようになります。

ネットワークエンジニアの役割はネットワーク回線を整備することだけではなく、何か問題が生じたりトラブルが生じるのを未然に防ぐため、徹底した「保守」「管理」を行っていきます。

また、ネットワーク回線というのは地震や雷など自然災害によってだめになってしまうこともあるため、その際にはネットワークエンジニアが責任をもって修繕を行います。

ネットワークエンジニアの気になる年収事情は?

インターネット回線は仕事場、プライベートの場において必要不可欠なものであるため、ネットワークエンジニアは社会の中で非常に重要な役割を担っていると言えます。

それでは、ネットワークエンジニアの気になる年収事情について紹介します。

ネットワークエンジニアの年収は非常に安定している

ネットワークの年収は勤務場所の規模や業務内容、雇用形態によって変動しますが、他のIT関連の職種に比べても比較的安定していると言えます。

平均年収の相場としては300万〜600万円となっており、ネットワークエンジニアは実力が重視される業種であるため、大きな会社でキャリアを積んでいけばそれだけ高収入を見込むことができます。

また、ネットワークエンジニアは正社員、派遣社員など様々な雇用形態がありますが、雇用形態よりも実績や実力を評価されるため派遣社員でも正社員より多くの年収を稼ぐことも不可能ではありません。

業務は多忙になりがち

年収の点に関しては非常に安定している職業と言えますが、ネットワークエンジニアはIT関連の職業であるということもあり、業務が頻繁に多忙になり残業や長時間労働が他の業種に比べて比較的多くなります。

もちろん残業手当や各種手当、福利厚生はありますが、ネットワークエンジニアの業務は非常に神経を尖らせて行う必要があるため、精神面・体力面で負担を感じやすい職業と言えます。

フリーランスとして働くこともできる

ネットワークエンジニアは会社員という枠にとらわれず、フリーランスとして働くことも可能な職業です。

フリーランスの場合、給料や年収は完全歩合制となるため、いかにクライントを見つけられるかが収入アップのカギとなります。

ネットワークエンジには実力が物を言う世界であるため、相当な実績とスキルがあれば平均的な年収よりも稼ぐことは可能です。

しかし、フリーランスの場合福利厚生や各種手当は基本的にないことから、体調不良などによって仕事を行うことができなければ収入がゼロになってしまうというリスクもあります。

つまり、会社員として安定して働くか、高収入を見込んでフリーランスとして働くかは個人の判断に委ねられます。

ネットワークエンジニアに必要な資格や将来性とは?

ネットワークエンジニア

それでは、将来実際にネットワークエンジニアとして働くことを目指している方もいると思うのでネットワークエンジニアに必要な資格やスキル、また仕事の将来性について紹介します。

ネットワークエンジニアには関連資格の取得やスキルが求められる

ネットワークエンジニアになるには基本的に各関連企業での採用面接に合格することでなることができます。

学歴問わず未経験でも採用を行っている企業も無くはないですが、やはり実力が物を言う業界ということも有り、コンピューターやIT系の学部、学科出身者が採用されやすい傾向にあります。

また、関連資格を持っていることで採用の際に評価されることがあります。

例えば、国家資格で情報技術者試験の一つである「ネットワークスペシャリスト試験」「応用情報技術者試験」「基本情報技術者試験」の認定資格が挙げられます。

これらの資格は必ずしも就職の際に必要となるわけではありませんが、将来的に転職、フーランスへの転身を考えている方は自分のスキルのアピール材料の一つとしてぜひ取得をおすすめします。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアは非常に将来性のある職業と言えます。

というのもインターネットやその他ネットワーク回線というのは私達の生活に欠かせないインフラの一つであり、多くの産業や分野でもネットワーク技術を駆使した事業展開などが行われています。

また、これからますます情報社会が発達していく中でより有能なスキルと技術を持ったネットワークエンジニアが必要とされるため、需要がなくなる心配はまったく無く、さらなる活躍が期待される職業です。

ネットワークエンジニアの年収や必要な資格まとめ

IT関連の業種である以上長時間労働など業務が多忙になることはありますが、年収は安定しておりネットワークエンジニアはこれからの時代ますます活躍が期待されます。

年収に関しては、IT関連職業ということで非常に安定しており、個人の実績やスキルによっても高収入を見込むことが可能です。

ネットワークエンジニアという名前の資格は存在しませんが、
・ネットワークスペシャリスト試験
・応用技術者試験
・基本情報技術者試験

などの資格を目指して勉強するのがおすすめです。

実績と同様に、資格の所持は就職やフリーランスで活動する際のアピールにつながるので、ネットワークエンジニアになりたい方には、これらの資格がおすすめです!

将来ネットワークエンジニアを目指している方は以上で紹介した内容をぜひ参考にしてください。

コメントを残す

*

*