CADオペレーターの仕事内容は?在宅や派遣でも働ける?

masman

by Kota

更新日:2019-08-03

公開日:2019-08-03

CADオペレーター

CADオペレーターは製図ソフト”CAD”のスペシャリストです。主な仕事は設計者が考えたものを設計図として描き起こすことで、CADに関する知識が求められます。正社員として就職したり、派遣や在宅といった働き方も選べるのが魅力です。


CADオペレーターとは、パソコンで様々な物の設計ができる「CAD」というソフトウェアを扱うことを専門としている職業のことを言います。

一口にCADオペレーターと言っても様々な業界で働くCADオペレーターの方がおり、その仕事内容の多さや働き方の豊富さが特徴の職業でもあります。

今回はこのCADオペレーターの仕事内容や、在宅・派遣などの働き方についてご紹介していきます。


”CAD”とは?

CADオペレーター

CADは「Computer Aided Design」の略で、パソコン上で機械の図面など様々な物の設計や製図ができるソフトウェアの総称です。

CADは大きく分けると2DCADと3DCADに分けることができます。2DCADは平面の設計図しか書けませんが、3DCADは立体的なモデルを作ることができるため、好きな視点から見ることができます。

また、それ以外にも職種に合わせて様々な専門的な機能を持ったCADも存在します。

主に建築や機械が関わる分野で使われていることで有名ですが、それ以外にも服飾など様々な業界で使われているのが特徴です。

現在ではものづくりの現場で欠かせないソフトウェアとなっています。

CADオペレーター仕事内容は?

このような”CAD”を専門的に扱う人のことを”CADオペレーター“と言います。

CADオペレーターは、主に設計やデザインの専門知識を持った人が考えたものをCADでデータ化するのが仕事となります。

そのため基礎的な設計やデザインの知識はもちろん必要ですが、それ以上にCADに関する専門的な知識が求められることになります。

設計やデザイン自体はする必要はありませんが、設計者が考えたものを正確に設計図として描き起こせる技術が必要になります。

そうした技術を習得するためにはある程度の経験を積むことが大切ですが、逆に言えば必要なのはCADに関する知識だけと言えるでしょう。

一度身に着けたCADの技術は業界が変わっても通用するため、CADオペレーターとしての実力が認められれば様々な場所で活躍することができるでしょう。

CADオペレーターの働き方の種類

CADオペレーターはその仕事の性質上、正社員としてだけでなく様々な働き方をすることができます。

在宅でCADオペレーターになるという選択肢もあるので、技術さえ身につけてしまえば比較的自由に働ける職業です。

正社員・アルバイト

最も基本的な働き方として、正社員アルバイトとして出社して働くというものがあります。

CADオペレーターの仕事はデザイナーや設計者の人との連携も大切であるため、毎日出社して顔を合わせながら働けるという意味では最も働きやすいと言えるでしょう。

特に専門的な知識が必要な物の設計をする場合には、正社員として同じ仕事に関わり続けた方が仕事がしやすいかもしれません。

また、一人前のCADオペレーターになるためには様々な経験を積むことが大切なので、在宅のCADオペレーターを目指す場合でも正社員やアルバイトとして一定期間働くことをおすすめします。

派遣社員

また、派遣社員として働いているCADオペレーターの方もたくさんいます。

むしろ、正社員としての求人よりも派遣社員としての求人の方が目立つほどです。

そもそも、CADオペレーターは設計図を書くことだけが仕事であるため、設計が終わるまでや、設計図を描き終わった後は仕事が無くなってしまいます。

そのため、必要な時期のみ派遣社員としてCADオペレーターを募集する企業が多いのです。

もちろん正社員として働いている人も多いですが、派遣社員もCADオペレーターとして働くなら選択肢の一つになると言えるでしょう。

在宅

他には、在宅で働くという方法もあります。PCだけあれば仕事ができるため、在宅という働き方も選ぶことができます。

在宅では自分好きなように時間を使えるのが魅力ですが、それだけ自己責任の部分が大きくなってしまいます

特に納期に間に合わせるように仕事をするなど全てのスケジュール管理を自分一人で行わなくてはならないのが大変です。

また、在宅ワーカーとして信用してもらえるだけの能力が必須となります。

最初から在宅での勤務を目指すのは難しい部分があるため、ある程度正社員としての勤務経験を積んでから目指すことをお勧めします。

CADオペレーターの就職先は?

CADオペレーター

CADオペレーターは様々な業界で働くことができるのが特徴の一つです。

最後に、CADオペレーターの主な就職先をいくつかご紹介します。

建築・土木業界

CADオペレーターの主な就職先と言えば、建築土木の業界が挙げられます。

ビルや住宅、橋やダム、トンネルなどの建築物を作るには設計図が欠かせません。

これから先も必ず需要の発生する仕事ですので、CADオペレーターの就職先としておすすめできます。

機械・電子機器メーカー

建築や土木に次いで、機械・電子機器の設計に携わるCADオペレーターも多いです。

機械や電子機器を組み立てる際にも、もちろん設計図が必要となってくるためCADオペレーターが重宝されます。

また、機械と言っても小さなものから自動車や飛行機といった大きなものまであるため、機械・電子機器業界の中でも様々な就職先があります。

家具・服飾業界

服の型紙を作成する時にも、CADを使うことでより早く正確な作業ができるようになります。

このようなアパレル業界で働く場合には型紙を作るパタンナーとしての仕事がメインになります。もしパタンナーを目指しているならCADを使えることは大きな強みになるので、アパレル業界でデザインの仕事がしたいという方はCADの勉強をしてみてはいかがでしょうか。

他には、家具インテリアの製造でもCADオペレーターは活躍しています。

CADオペレーターの仕事内容まとめ

CADオペレーターは、製図ソフト”CAD”を使って様々なものの設計図を描くCADのスペシャリストです。

CADさえ使えればCADオペレーターとして働けるため、土木や建築業界をはじめとして様々な業界で働くことができます

また、働き方も柔軟に選べるのがCADオペレーターの特徴です。PCとCADのスキルさえあれば仕事ができるため、派遣社員や在宅で働いている方もたくさんいます。

副業としても始めやすく挑戦しやすい仕事ですので、興味のある方はぜひCADの勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*