ネットショップ検定の試験とは?資格取得で大手企業で仕事できる?

masman

by ari_na

更新日:2019-07-22

公開日:2019-07-22

ネットショップ検定

Eコマース業界への就業を目指している人へ、”ネットショップ検定”という試験がオススメされています。この試験は2011年にスタートしたばかりで、Eコマース業界での実務能力を証明する資格です。仕事内容や企業との関わりについてもご紹介します!


今回は、2011年にスタートしたばかりの新しい資格である”ネットショップ検定”についてご紹介します!
このネットショップ検定とは、急速に拡大しているネットショップ市場において、インターネット上で商品やサービスの売買を行う電子商取引のことを指す「Eコマース業界」の実務的な能力を示すための試験です。

この試験を受けるにあたり、受験資格などはあるのでしょうか?企業との繋がりや仕事についても見ていきましょう!


ネットショップ検定とは?

買い物

皆さんは、インターネットを通じてショッピングをした経験はあるでしょうか?
現在、「楽天市場」や「Amazon」などを中心に、有名なインターネット通販やネットショップが急増しています。

お店まで買い物に行かなくても、スマートフォンやパソコンを操作することによって品物が家に届くとは、いかにも便利なシステムと言えます。
また、様々な事情により外出しての買い物が難しいという方や、欲しい商品の取り扱いが大都市にしかなく、地方などに住んでいてなかなか買いに行けないという方に向けたネット販売を行なっているお店も増えてきました。

ネットショップ検定は、このような業界で働くにあたり、実務能力を証明するための試験となっています。

ネットショップ実務士として認定

ネットショップ検定は、2011年にスタートしたばかりの比較的新しい資格となっています。

インターネットが凄まじい勢いで普及した現在において、ショッピングの形も大きく変動してきました。
そんな拡大を見せるネットショップの業界において、Eコマース(インターネット上で商品やサービスの売買を行う電子商取引)への就職を希望している人にはとくにおすすめだとされています。

試験に合格すると、そのEコマース業界で、ネットショップ実務士として認定されます。

ネットショップ検定の試験レベルは?

ネットショップ検定の試験は、1から5の段階にレベルが分かれており、数字が大きくなるほど難易度も難しいものになっていきます。

基礎知識が問われるレベル1よりも下には「ネットショップ実務士補」というものがありますが、こちらはセミナーを修了することによって資格を取得することが可能です。
それでは、レベルごとに出題される試験の内容について見ていきましょう。

レベル1

ネットショップ検定のレベル1は、試験で「基礎知識」が問われます。
ネットショップの運営初心者や、新卒予定者、転職希望者などにオススメされています。

受験料は7,000円(税込)で、試験は「レベル1対応 公式テキスト」から出題されます。
この公式テキスト以外からは、経済ニュースやIT関係の話題といった最新情報、さらに一般的なビジネス常識ついてなど広く深く問題が出るので、しっかりと勉強することが大切です。

実際にネットショップ検定のレベル1の試験を受験して合格した人からは、「業界で働くうえでの必要な知識がたくさん得られた」「知らない用語なども、基礎から学ぶことできちんと意味を理解することができた」「自信を持って仕事ができるようになった」との声が寄せられています。
合格することも大切ですが、試験勉強そのものが自分のためになったと感じられるようです。

レベル2

続いては、ネットショップ検定のレベル2の試験についてです。受験料は7,500円(税込)で、試験では「実践知識」が問われます。
転職希望者やネットショップ運営者、コンサルタントや制作会社などのEC支援事業者などにオススメされています。

こちらもレベル2に合わせた「公式テキスト」から問題が出題されるほか、時事問題や経済動向、一般常識などが問われる内容です。

ネットショップ検定のレベル2級の資格取得者は、「トレンドの情報から実務的なことまで分かりやすく、公式テキストの内容が充実していて良かった」としたうえで、「資格を取ったあとは仕事もスピーディーになった」と喜びのコメントを綴っています。
それぞれネットショップを運営するにあたり、とても役に立つ資格なのだということが分かりますね。

レベル3

ネットショップ検定のレベル3は、1や2と比較すると難しさが格段に上がります。
受験料は7,000円(税込)で、
・マネジメント
・プロモーション
・Web制作
・運営
4つの職種ごとに資格が認定されるようになっています。

さらに、試験を受けるためには優良のネットショップで勤務していた実績があることを証明しなくてはならず、『勤務実績認定証明書』を公式サイトからダウンロードして記入します。
(※優良のネットショップとは、連続3ヶ月の間で総売上が500万円を超えていること、単月の売り上げが100万円以上あることなどが条件となっています。)

まだ知名度もそこまで高くないためか、合格者の声などは見受けられませんでした。
しかし、今後のさらなる需要拡大を見込んで、受験者数は増えていくものと思われます。

レベル4とレベル5に関しては、まだ実施されていない模様です。

ネットショップ検定企業との関わり

ネットショップ検定

ネットショップ検定の試験に合格すると、企業への就職の際に有利になることはあるのでしょうか?

また、この資格を持っていることを、企業側はどのように見ているのかは次のとおりです。

人材になることを期待

大手の旅行業者である『株式会社H.I.S(エイチ・アイ・エス)』の人事グループ採用チームの方は、「ネットショップ検定の資格取得者は、選考のアドバンテージ(優位性)があると考えている」とコメントしています。
様々な仕事を任せる予定でもあり、「将来的にはチームをリードしていける人材」になることを期待しているとしています。

また、量販店チェーンストアである『株式会社ヨドバシカメラ』の取締役本部長を勤めている方は、「商売人として、ビジネスマンとして発想できる『ネットショップ実務士』を求めている」とコメントしています。

このように、ネットショップ検定の資格取得者は、今後も高い需要が見込まれています。

ネットショップ検定についてのまとめ

ネットショップ検定は、2011年からのスタートとあってか、まだまだ知名度なども低い傾向にあります。

しかし、急速に拡大しているネットショップ市場において、インターネット上で商品やサービスの売買を行う電子商取引のことを指す「Eコマース業界」に興味を持っていたり、実際に働いている人が増えていることも事実です。
そこで、Eコマース業界の実務的な能力を示すための試験が、このネットショップ検定ということです。

大手の企業でもこの資格取得者の活躍を希望しているところは多々あり、大きな仕事をするうえでもビジネスマンとしての豊かな発想力が求められています。

ネットショップの運営などに興味のある方は、何かと役立つ資格になっているので、受験を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*