webプログラマーに必要な資格は?仕事内容や年収、将来性を解説

masman

by Kota

更新日:2019-08-22

公開日:2019-08-25

webプログラマー

webプログラマーになるために資格は必要ありませんが、就職や仕事で役立つため取得しておくことをおすすめします。今回は、そんなwebプログラマーの資格や年収、将来性を解説します


主にwebサービスを開発するのが仕事のwebプログラマーは、数あるエンジニア職の中でも特に人気の高い職種です。

そのため、今からwebプログラマーを目指そうと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、webプログラマーを目指すには資格は必要なのかどうかや、webプログラマーの年収、将来性などについてご紹介していきたいと思います。


webプログラマーとは?

webプログラマー

webプログラマーは、主にweb上で利用されるサービスやシステムを開発する職業のことを言います。

ネットショップやSNSなど人気のwebサービスを作るために無くてはならない職業のため、人気の職種でありながらも未だに人手不足になっている分野でもあります。

また、webプログラマーは一般的なプログラミングの知識に加え、サーバーやデータベースなど幅広い知識が必要とされる職業です。

毎日たくさんの人が安心して利用できるサービスを作らなくてはならないため、エンジニアとしてしっかりと知識をつけておく必要があります。

webプログラマーの仕事内容は?

webプログラマーは主にwebサービスの構築が仕事ですが、実際の内容は会社やチーム構成などによって変わってきます。

webサービスを作るためにはwebサイト自体のデザインやシステムの構築、データベースとの連携など様々な業務を行わなければなりません。

大規模なサービスを作る場合では表面的な部分を担当する「フロントエンドエンジニア」とサーバーなどを担当する「バックエンドエンジニア」に分かれて仕事をすることが多いです。

しかし、比較的小規模な会社や小さい案件の場合は一人で全ての構築を担当することも珍しくありません。

そのため、働く場所にもよりますが、webプログラマーは幅広いITの知識を身につけていることが求めれられる職業なのです。

webプログラマーに資格は必要?

webプログラマーになるためには必ずしも資格が必要というわけではありません

実際に必要になってくるのはwebエンジニアとしての技術や知識ですので、実力さえあれば資格が無くても就職は可能です。

しかし、資格は技術や知識を持っていることの証明になってくれるため、取得しておくと就職や転職の際に有利になります。

また、これからwebプログラマーを目指そうとする方にとっては資格を取得することでwebプログラマー自体のスキルも身に着けることができます。

webプログラマーの勉強手段としても資格の取得は効果的ですので、ぜひ資格の取得も検討してみてはいかがでしょうか。

webプログラマーにおすすめの資格

webプログラマー

では、webプログラマーになるためにはどのような資格を取得しておけば良いのでしょうか。

IT系の資格はたくさんありますが、汎用的な資格とwebに特化した資格の両方を取得するのが理想です。

IT系の資格の中でも特にwebプログラマーを目指す方におすすめの資格をご紹介します。

情報処理技術者試験

情報系の国家資格である情報処理技術者試験は、エンジニアを目指す全ての方が最初に取得すべき資格と言っても過言ではないでしょう。

情報処理技術者試験はレベル別にいくつかの試験に分かれています。

最も簡単なものがITパスポートという試験ですが、これはwebプログラマーを目指す方にとっては簡単すぎる資格でしょう。

エンジニアとして取得するならば、ITパスポートより難しい基本情報技術者試験応用情報技術者試験がおすすめです。これらに合格すれば、就職の際にも役に立ってくれることでしょう。

これらの資格を取得できれば、ITに関する全般的な知識を持っている証明になります。

応用情報技術者よりも高難易度の試験として高度情報処理技術者試験と呼ばれる資格もありますので、さらに上を目指したいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

Oracle Certified Java Programmer(Oracle認定Javaプログラマ)

この資格は、プログラミング言語である”Java“に関する資格です。

Javaはwebサービスを作る際にも多用されており、webプログラマーになるなら習得しておいた方が良い資格の一つです。

難易度はBronze、Silver、Goldと分かれています。Sliver以上は世界共通の資格となっているののもこの資格の特徴です。

webクリエイター能力認定試験

webクリエイター能力認定試験はwebサイトを作る際の実践的なスキルを問う試験です。

webプログラマーに無くてはならないwebページの知識を持っていることを証明できるため、webプログラマーならぜひとも取得しておきたい資格の一つです。

難易度はスタンダードとエキスパートに分かれています。

webプログラマーの年収は?

webプログラマーは人によって年収の差が大きいのが特徴です。

平均的な年収は400万円ほどですが、人によっては年収1000万円ほど稼いでいる人も珍しくありません。

自分のスキルを高めたりより大規模なサービスを担当できるようになれば高収入も期待できます。しかし、逆に言えばしっかりとした実力が無ければ活躍が難しい業界とも言えるかもしれません。

webプログラマーの将来性

IT系のエンジニアは全体的に人手不足であり、webプログラマーも例外ではありません。

需要は今後も高まると予想されるため、webプログラマーの将来性は高いと言えるでしょう、。

しかし、高収入を目指すならwebに関する詳しい知識が求められます。実力と年収が直結している業界ですので、就職後も自分のスキルアップを怠らないことが大切です。

webプログラマーまとめ

webプログラマーはwebサービスを作るのが仕事のエンジニアです。

SNSやネットショップを作るために無くてはならない仕事のため、エンジニアの中でも需要が高く人気もある職業です。

なるためには資格は必要ありませんが、何かしらの資格を持っていた方が就職でも多少有利になります。

今回ご紹介した資格はwebプログラマーの勉強としても使えるので、ぜひwebプログラマーを目指す際は取得してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*