マイクロソフトオフィススペシャリスト資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-24

マイクロソフトオフィススペシャリストとは、エクセル、ワードなどに代表されるマイクロオフィス製品を利用することができるスキルについて証明する民間資格です。現在業務や作業でオフィスを使っている方が自分のスキルを向上させることで業務の効率化を図ることができます。そしてマイクロソフトが主催している資格の為、国際的にも使用することができるのも特徴的で、グローバルに活躍したい方にもおすすめです。


マイクロソフトオフィススペシャリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、堂々と履歴書に書ける資格資格です。
マイクロソフトオフィススペシャリスト資格取得者は他にもMOSと呼ばれております。
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は「民間資格」です。


資格広場は、マイクロソフトオフィススペシャリストになるには?マイクロソフトオフィススペシャリストなるためには?マイクロソフトオフィススペシャリストになりたいを応援しております。

目次

マイクロソフトオフィススペシャリストになるために必要な知識・受験資格

最低限パソコンの基礎知識が必要となります。そのうえで、それぞれの専門知識を持っておくことが必要です。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は「オデッセイコミュニケーションズ」が運営管理を行っております。

オデッセイコミュニケーションズとは:
平成8年に設立されました。人生やキャリアを切り拓くためのきっかけづくりを提供しています。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストってどんな仕事?(仕事内容など)

基本的な機能を効率よく利用して、一般的な文書を作成し、その変更・印刷等の作業を行います。そして、用途や目的に応じて、環境設定・データの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行います。

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格取得の為の勉強法

市販の本と付属のCD-ROMをみっちりこなして、正答率が95%以上にしておけば、十分合格できるレベルです。ただ、より短期かつ確実に合格したい、わかりやすく教えてほしいという方には、マイクロソフト認定資格講座を受講することをお勧めします。講座では、試験に出題される範囲をすべて学習でき、十分な品質を有している試験対策教材を使用します。学習の進め方は、講座についてくるCD-ROMの練習問題を解きながら進めていきます。練習問題は、出題傾向を徹底的に研究して作成しているため、本試験で出題されるあらゆるパターンの問題に対応できます。

マイクロソフトオフィススペシャリストの専門学校や通信講座について

講座があります。

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格試験料

受験料は、スペシャリストレベルが10,584円、エキスパートレベルが12,744円となります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト試験・検定の年間試験回数

毎月1~2回行われているので、毎年10回以上行われています。

マイクロソフトオフィススペシャリスト試験科目等の内容

試験形式は、会場に用意されているパソコンを使っての実技試験のみとなります。試験はWord(文書作成ソフト)、Excel(表計算ソフト)、PowerPoint(プレゼンテーションソフト)、Access(データベース管理ソフト)、Outlook(電子メール・情報管理ソフト)の5種類があり、それぞれスペシャリスト(一般)レベルとエキスパート(上級)レベルに分かれています。3時間ほどの試験で多くの出題範囲から出題されます。合格基準は、それぞれの試験で1000点満点中550点から850点ほどで合格となります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格の難易度

難易度はレベルによって異なります。スペシャリストレベルの方が難易度は低めです。どちらも合格率は高いので、それほど難しい試験ではないようです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格の合格率

合格率は、スペシャリストレベルが約80%、エキスパートレベルが約65%となります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト試験の合格発表

試験終了後即時に発表されます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

マイクロソフトオフィススペシャリスト所持者の職業例

この資格は特定の就職を手助けするというものではありません。エクセルやワードは広くどのような企業でも使われているので、取得しておくとどのような企業であってもアピールポイントとして使うことができます。

マイクロソフトオフィススペシャリストに向いている人

現在業務や作業でオフィスを使っている方のスキルの向上に向いています。そして、グローバルに活躍したい方にも向いています。

マイクロソフトオフィススペシャリストと同じ分野の他の資格

パソコン検定、日商PC検定

マイクロソフトオフィススペシャリストの年収・給料相場

現在調査中

マイクロソフトオフィススペシャリストの現状

近年ではワードやエクセルを使いこなすことができるスキルは広く会社で必要とされています。事務職の方はもちろんのこと、就職や転職の際にオフィスを使いこなすことができる能力を証明することができればより幅が広がります。

マイクロソフトオフィススペシャリストの将来性

エクセル、ワードは広くどのような企業で使われていますので、種痘しておくことでどのような企業であってもアピールポイントとして使うことができます。スペシャリストレベルだとそれほど価値がつかないので、できればエキスパートレベルを取得しておくことがお勧めです。

マイクロソフトオフィススペシャリストの独立について

この資格は特定の就職を手助けする資格ではないので、独立は難しいと思われます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格を所有している主な著名人

該当なし

コメント・口コミ・体験談

  1. ゆぅ より:

    仕事でどうしても 使う頻度が高い ExcelやWord等を もっとスムーズに使いたい。また資格を取って何か 仕事に生かしたいと思い、学校に通いました。 上記と2つ Acces PowerPointも同じように 進めていけるコースを選択。スタートしたは良いのですが、テキストが多く 初めに ちゃんと終わるか 心配しました。基本 PCの前に ヘッドホォンから流れる音声に従い 進めます。
    講師はいますが 全くの個人主義。自分の進め方に寄って 終わる時期が異なり かなりスケジュールは未定。でも 資格試験を自分で決めたらがっつり集中しないと 取れません。私は 自分に自信が付かないと試験に望まなかったですし、模擬試験もきちんと受けて 弱点を復習して望みました。
    おかげでかなり仕事でも 使えるようになり 頑張って良かったと思いました。
    (ゆぅ/千葉県在住/50代以上/女性)

  2. アーモンド より:

    パソコンの資格が何もなかった私が一番初めに興味を持った資格でした。会社勤務を希望していたので、エクセルやワードが使えることは募集事項に書いてあることが多かったからです。
    勉強は自宅でテキストを使って毎日2時間ほど勉強しました。CD-ROM付きのテキストだったので、過去問の練習をパソコン上で操作練習することができたので試験の練習にもなりました。
    試験当日は自宅近くのパソコン教室で定期的に実地していたので、簡単に試験を受けることができました。試験結果の合否も当日わかりました。エクセルの試験に合格したことで自信がつき、試験合格後すぐにワードの資格も取得しました。
    資格取得後は入力事務の仕事に就き、3年働きました。
    (アーモンド/愛知県在住/30代/女性)

  3. rinrinrin2 より:

    大学時代にパソコン教室に通って取得しました。自力で勉強することもできるかもしれませんがなかなか難しいと思います。わからないことは先生に質問できるし通っていたらスムーズに試験に合格でき取得できたのだと思います。分からないことは何でも全部先生に質問して解決した方がいいです。でもそれだけでなく、自分でも試験の予想問題を何度も繰り返しやってみることが一番大事だと思います。それをやるとやらないでは大きな違いがあると思います。この資格は就職活動で事務職に就きたいのならあったらアピールできる資格だと思うし、実際事務職に就いた後もこの資格を持っておいた方が仕事の覚えも早いのではないかと思います。取っておいて損はない資格だと思います。
    (rinrinrin2/埼玉県在住/20代/女性)

コメントを残す

*

*