マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

マイクロソフト認定技術資格制度とは、マイクロソフト製品の実践的スキルや知識を認定する民間資格です。2003年時点の有資格者数は、全世界で180万人、日本国内でも12万人を超える、大人気資格となっています。


マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)は幅広い年齢層の男女が目指せる、マイクロソフト製品の高度な技術資格です。
マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格取得者は他にもマイクロソフト認定プログラムと呼ばれております。
マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の資格は「民間資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)になるには?マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)なるためには?マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)になりたいを応援しております。

目次

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)になるために必要な知識・受験資格


マイクロソフト製品に関する高度な技術が必要となります。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の資格は「マイクロソフト」が運営管理を行っております。

マイクロソフトとは:
昭和50年に設立されました。アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社です。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)ってどんな仕事?(仕事内容など)

マイクロソフト製品に関するコンピュータ・情報システムを仕事としています。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格取得の為の勉強法

マイクロソフトの認定トレーニングパートナーが開催している、マイクロソフトユニバーシティで、マイクロソフトラーニングプロダクトを利用した認定コースをまじめに受講するのが、間違いなく王道です。認定トレーナ―による講義と実習を通じて確実なスキルアップが期待できます。理想とする知識を認定トレーニングで身につけ、MCP試験で認定する仕組みとなっています。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の専門学校や通信講座について

マイクロソフトが認定している講座が行われています。

先ずは無料で資料請求

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の資格試験料

受験料は、日本円で約21,000円です。このほかに学割や、バウチャーのまとめ買いパックなどがあるケースもあります。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)試験・検定の年間試験回数

随時実施されています。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)試験科目等の内容

MCPのグレードは、簡単な方から「アソシエイトレベル(MCSA)」「エキスパートレベル(MCSE、MCSD)」の2段階に分かれます。さらにその下位にあたる入門レベルとして、「MTA」という試験が実施されています。試験の多くは、テストセンターをつかったコンピュータ対応試験です。試験内容と範囲は、試験番号によって異なります。多くの試験内容は、実務のための知識を速やかに選択するものとなります。科目の分野は、マイクロソフトのサーバー管理の運用管理スキルや、ネットワークセキュリティの設定、ディレクトリサービスの設定マラデータベースプログラミングのスキルなど、様々な分野に及びます。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格の難易度

難易度は簡単なものでやや易しい~やや難しいとなっています。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格の合格率

合格率は非公開となっています。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)試験の合格発表

合格発表は、試験終了後に画面確認できます。また、テストセンター受付で試験終了後に、合格不合格の記録紙を渡されます。試験認定者には、認定資格証明書とIDカードが送られます。また、技術トレーニング、セミナー、特別イベントなどの招待又は優待などを受けることができます。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)所持者の職業例

この資格を取得したからといってすぐに就職先は見つかりません。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)に向いている人

技術者として今後成長したい、あるいは転職などを考えている方に向いています。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)と同じ分野の他の資格

CISCO技術者認定、MTA certification、データベーススペシャリスト

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の年収・給料相場

システムエンジニアの平均年収は、賞与込みで550.8万円です。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の現状

取得=即戦力という判定を受けるのは難しいですが、IT技術に対する学習意欲の高さは多くの企業で評価対象になります。取得した試験の内容が自分の業務経験の内容に沿っていれば、経験を裏付ける資料のひとつとして評価対象になります。沿っていない場合は、「なぜその資格を取得したのか」についてしっかりと説明できなければ、実の無い資格として評価対象とされないケースもあるようです。MPCは製品とそのバージョンごとに細かく分類されており、漠然と取得するには向かない資格です。自分が「何をやっているのか」「これから何をやりたいのか」それらをしっかりと考えた上で試験対策を行うことにより、自分の試験体系の整理を行うことができ、さらに足りなかった知識の補足を行えるというメリットがあります。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の将来性

試験勉強を通して実務の中で身につけてきた儀ゆつの棚卸しを行うことで、新たな発見や長年の疑問の解決にもつながるかもしれません。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の独立について

この資格を取得したからといって即就職できるわけではないので、独立も難しいと思われます。

マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)資格を所有している主な著名人

該当なし

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*