Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-05-30

コンピューター系

Microsoft Visual Basic(R)に関するプログラミング能力、およびVisual Basic(R)を活用して、Windows(R)上で動作するビジュアル的なアプリケーション作成技能を認定する。2・3級はVisual Basic(R)プログラミングに必要な知識・技能を知識問題と実技問題で問う。1級は実技試験のみで、実務レベルの能力が問われます。

       

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、プログラマーの登竜門資格です。
Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格取得者は他にも不明と呼ばれております。
Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験になるには?Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験なるためには?Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験になりたいを応援しております。

目次

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験に必要な知識・受験資格

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験

1級・ Microsoft Visual Basicを駆使し、実務に耐えうるWindowsプログラムを作成することができる・ 2級・ Microsoft Visual Basicに関するプログラミング能力を有し、ファイルシステムとグラフィックを活用した実行ファイルを作成すること・ 3級 Microsoft Visual Basicに関する基本的なプログラミング知識を有し、基本的なコントロールを活用した実行ファイルを作成することなどの知識が試験では必要とされます。。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の資格は「サーティファイ」が運営管理を行っております。

サーティファイとは:
サーティファイ(英: Certify Inc.)は、ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催、実施をし、主催試験に対応した対策問題集の開発、販売をする会社です。本社は東京都中央区に所在しています。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の仕事内容

Microsoft社のVisual Basicは、プログラミング言語Basicで開発する際には非常に良く用いられる、ごく一般的な開発用ツールである。この製品を使って、プログラミングを行うことができるスキルを認定します。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格の勉強法

出題傾向を把握しておくという意味でも事前に過去問題集で勉強したり、テキストが販売されてるのでテキストを使い勉強する方法があります。一般に出版されている参考書や問題集でスキルを磨くほか、民間のスクールで実施している対策講座を受講する方法もあります。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の資格試験料

1級・6,900円・2級5,600円。3級4,600円となっています。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験試験・検定の年間試験回数

随時実施されています。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験試験科目等の内容

1級-実務試験<問題冊子で提示されるプログラム制作指示書(設問)に従い、プログラム(実行ファイル等)を作成> 2級・3級-知識問題と実技問題(Visual Basicプログラミングに必要なプログラミング知識・技能を出題範囲に従って出題)

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格の難易度

不明

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格の合格率

不明

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験試験の合格発表

試験日より約1ヵ月後に通知されます。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験所持者の職業例

プログラマーや、エンジニアなどです。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験に向いている人

プログラミングは様々な制約の中での作業になりますが、ゴールに向かってどのように進むかの詳細はプログラマーに委ねられている事が多いものです。無策で戦いを挑んでも決していい結果にはなりません。 少しでも上手くゴールへ辿り着くには戦略、戦術が不可欠です。そして、その戦略、戦術を自分自身で考える事が好きな人、問題・課題の分析、パターンの洗い出し、プログラムの作成、プログラムのテストなどなど。プログラミングは細かい作業の積み重ねです。1つの間違いが大きな問題に繋がる事もあります。 ですから、細かい作業が苦にならない、どちらかと言えば好き。という人はプログラミングに向いている人だと言えます。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験と同じ分野の他の資格

情報処理技術者試験、C言語プログラミング能力認定試験、Ruby技術者認定試験制度、Java SE 8 認定資格などです。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の年収・給料相場

一般的なプログラマーの平均年収は2016年現在、男性で419万円、女性で361万円とされています。 プログラマーは浮き沈みの激しい職業で、忙しい年とそうでない年がはっきりしています。忙しい年となるとその年収は100万円以上も上昇したりします。 また、大手の企業に勤めたり、個人のスキルによって給与が大きく上昇する可能性もあるので、あまり平均年収を当てにしてはいけません。 実際にプログラマーとして年収1,500万円を超える人だっています。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の現状

プログラマーを続けるのは難しいと言われていて、実際にプログラマーから、システムエンジニア・プロジェクトマネージャーなどに転身する人も多いようです。 常に新しいことを身につけ、挑戦し続けなければならないため、とても難しい仕事ではあります。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の将来性

先述した通り、スマートフォンの需要と並行してプログラマーの需要もここ数年で伸びてきていて、まだまだプログラマーという職業は上向きになっていくと予想されます。 プログラマーとして経験を積むことで、技術・知識・報酬が上がるなど、キャリアアップもしていくので将来性は非常にあります。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*