Webクリエイター能力認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

この資格はWebページ制作に必要な基本的デザインの能力やHTMLファイルをコーティングする能力、そしてWebサイト構築に必要なクリエイター能力を認定する資格です。効率よくワイヤーフレームからデザインをおこすことができるなど、実践的なスキルの証明になります。


Webクリエイター能力認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、web制作を行うプロフェッショナル資格です。
Webクリエイター能力認定試験資格取得者は他にもwebクリエイター試験と呼ばれております。
Webクリエイター能力認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、Webクリエイター能力認定試験になるには?Webクリエイター能力認定試験なるためには?Webクリエイター能力認定試験になりたいを応援しております。

Webクリエイター能力認定試験になるために必要な知識・受験資格

Webサイト制作に関する知識 や、実技、XHTML、CSSファイル、画像ファイルの作成 や、 Web制作の基礎であるXHTML、CSSなどの知識、XHTML、CSSファイルの作成を実際に作成できることが試験では必要とされます。

Webクリエイター能力認定試験の資格は「サーティファイ 」が運営管理を行っております。

サーティファイ とは:
サーティファイでは、関連分野の第一線でご活躍中の方々からなる認定委員会を組織し、 試験の「客観性」と「公平さ」を保ち、社会から信頼される透明度の高い認定試験をご提供しています。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

Webサイトを作成するクリエイターの能力を判定する試験として、Webクリエイター能力認定試験があります。Webサイト制作の現場は、常に新しい技術や流行が目まぐるしく移り変わるため、必要なスキルもその都度、変わってゆきますが、そうした業界でも一線で活躍し続けることができる人材であることを証明できる試験です。

Webクリエイター能力認定試験資格取得の為の勉強法

Webクリエイター能力認定試験は、合格率は80%前後であり、独学で合格が目指せる試験ですが、取得後に就職して即戦力になることを考えるなら、スクールや講習会に参加して、しっかりと実践的な技術を体得しておく方法もあります。

Webクリエイター能力認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


Webクリエイター能力認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Webクリエイター能力認定試験の資格試験料

エキスパート:7,300円 スタンダード:5,700円となっています。

Webクリエイター能力認定試験試験・検定の年間試験回数

公開試験 9月中旬・3月上旬 随時試験 各試験会場が設定した日程となっています。

Webクリエイター能力認定試験試験科目等の内容

エキスパート Webサイト制作に必要な知識と実践能力があり、Webサイトの制作ができます。 知識問題:多肢選択形式 ・Webサイト制作に関する知識 実技問題:テキストエディター・Webページ作成ソフト使用 ・XHTML、CSSファイル、画像ファイルの作成 スタンダード Web制作の基礎であるXHTML、CSSを理解し、ページの修正、 実技問題:テキストエディター・Webページ作成ソフト使用 ・XHTML、CSSファイルの作成などです。

Webクリエイター能力認定試験資格の難易度

Webクリエイター能力認定試験は、WEB関連の知識がある人なら、少々勉強すれば充分に取得できるレベルであると言われています。公式サイトでは、資格取得に必要な勉強時間とそのモデルプランが、スタンダードとエキスパートの2つの級に分けて紹介されています。WEBの知識のない初心者がスタンダードの合格レベルに達するまでには、32時間の参考書学習と問題集で練習する時間が必要だと言われています。また、スタンダード取得者がエキスパートの合格レベルに達するまでには、42時間の参考書での基礎学習と、問題集での練習が必要だと言われています。合格率も毎年80%前後と高いことからも、よほどの初心者でない限り、独学での勉強で充分合格は見込めるようです。

Webクリエイター能力認定試験資格の合格率

合格率60~70%ぐらいとなっています。

Webクリエイター能力認定試験試験の合格発表

試験後1ヵ月頃通知されます。

国家資格バナー

PR



Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Webクリエイター能力認定試験所持者の職業例

Web制作会社やデザイン事務所に勤務して、Webサイトの作成に従事しています。経験を積んで実績をかさねれば、スクールのインストラクターとしてWeb制作技術を人に伝授したり、SOHOとして在宅での制作業務を生業にしたりすることも可能です。必ずしも資格がなければならない仕事ではありませんが、Webクリエイター能力認定試験に合格することで確実に活躍の場を広げることができるでしょう。

Webクリエイター能力認定試験に向いている人

Webデザインや雑誌などのグラフィックデザインに興味がある人に向いています。伝えたい情報を、いかに美しく、あるいは、わかりやすくレイアウトできるかが基本的な技能になりますので、それ相応の美的感覚が必須です。また、パソコンのあつかいに慣れており、プログラミング言語に触れたことがあるなら、なおのこと適格でしょう。Webサイトの作成にはさまざまなスクリプト言語が使われますので、その基礎が身についていると仕事の幅が広がります。

Webクリエイター能力認定試験と同じ分野の他の資格

Webデザイナー検定、Webデザイナー試験、ウェブデザイン技能検定などです。

Webクリエイター能力認定試験の年収・給料相場

各種WEBクリエイターの収入を参考にすると、WEBデザイナーの平均月給が20万~30万円前後、年収で言うと300万円前後だと言われています。経験年数による収入アップについては、WEBコーダーの場合、30~40歳で350万~600万円ほどは見込めるようです。

Webクリエイター能力認定試験の現状

いまやインターネットの活用を考えない企業はないほどに、各社が積極的にWebサイトの運営に取り組んでおり、個人のものを含めると、ネット上のサイトの数は秒単位で増え続けていますが、Webクリエイターとして即戦力になれる人材は意外と不足しているのが現状です。

Webクリエイター能力認定試験の将来性

Web業界の求人は増加傾向にあり、将来性については、少なくとも当面は不安がありません。Webクリエイター能力認定試験は即戦力の養成に定評があり、企業や教育機関の信頼も厚いので、合格すればWeb業界への就職・転職に大きな武器となるでしょう。

Webクリエイター能力認定試験の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

Webクリエイター能力認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*