サーチャーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

基本情報技術者

サーチャーとはデータベースから、依頼人から要望・要求にあった情報などを集める人のことをいいます。検索を駆使して必要かつ最適な情報を提供するのが仕事です。

       

サーチャーは幅広い年齢層の男女が目指せる、検索の専門家になる職業です。
サーチャーの職業は他にもサーチャーと呼ばれております。
サーチャーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、サーチャーになるには?サーチャーになるためには?サーチャーになりたいを応援しております。

サーチャー

サーチャーの仕事内容

現在の高度情報化社会では、データーベースの増大とともに、必要な情報をすみやかに検索して取り出すことができる「サーチャー」の技量が重要になっています。情報検索応用能力試験は、このサーチャー技能を試すほか、情報に関わるコンサルティングや企画の能力も判定されます。

サーチャーになる為の勉強法

情報検索応用能力試験には1級と2級が用意されています。2級は受験資格が不問で、筆記試験のみです。1級は2級取得者に限られ、指導的立場のサーチャーとしての能力を見るために面接試験があります。試験対策としては、養成講座やセミナーの受講がポピュラーですが、すでに企業などで検索業務を担当している経験者が多い模様です。特に1級はかなりの難関であり、独学では難しいので、無理せずセミナーなどを利用するのがおすすめです。

サーチャーになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

サーチャーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

サーチャーの学歴

現在調査中

サーチャーの勤務時間

現在調査中

サーチャーに必要なスキルや機材

現在調査中

サーチャーのやりがい

現在調査中

サーチャー苦労、大変なこと

現在調査中

サーチャー

サーチャーの年収・将来性・独立について

サーチャーに向いている人

パソコンやインターネットが好きで、よく利用するという人に向いています。そうした人は、自然と高度な検索能力を身につけていますし、好奇心が旺盛で調査欲や知的関心の高い人ならさらに向いています。

サーチャーと同じ分野の他の職業

パソコン技能検定Ⅱ種試験、MCAS・MOSスペシャリスト、Excel表計算処理技能認定試験、パソコン検定文書・表計算試験、パソコン技能検定、ビジネス実務試験など。

サーチャーの年収・給料相場

職種別に推定年収を挙げると、例えば図書館司書は250万~350万円程度、特許調査業務担当者は300万~800万円程度、研究開発職で400万円~950万円程度であるようです。この情報検索応用能力試験は、1985年から実施されている歴史あるもので、社会的認知度が高いことから、比較的社会的に評価されやすい資格であるといえます。

サーチャーの現状

インターネットの登場以降はいよいよ全地球規模で情報が集積され、データベースは膨張の一途をたどっています。そして情報が増えれば増えるほど、必要な情報にアクセスすることが困難になる、という矛盾もふくらむ一方です。そんななかで、サーチャーの存在価値は高まり続けております。実際のところ、情報検索応用能力試験に合格していなくても、検索の仕事をすることは可能ですし、無資格でも優秀なサーチャーは多く活躍していますが、検索能力が必要な業界への就職や転職に、大きな強みとなるはずです。

サーチャーの将来性

将来性としても問題なく、この高度情報化社会に欠かせない情報検索ツールに関するプロフェッショナルとして、今後需要も増えていくともいわれています。極めれば情報コンサルタントなど高度な業務に就くことも可能であるため、伸び幅の大きな資格であるともいえるでしょう。

サーチャーの独立について

現在調査中

サーチャーの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*