CIW(Certified Internet Webprofessional)

CIWは、インターネットやウェブ業界で働く人のための国家資格です。世界70か国以上で試験が実施されているため、国際資格ともいわれています。試験はコンピュータで行い、日時は決まっておらず選択ができます。職種別に必要とされるIT&Webの技術を習得することが目的とされています。企業のIT環境で仕事をするために必要なトレーニングを受けることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CIW(Certified Internet Webprofessional)は幅広い年齢層の男女が目指せる、ITの基礎を学ぶことができる資格です。
CIW(Certified Internet Webprofessional)資格取得者は他にもインターネット技術者と呼ばれております。
CIW(Certified Internet Webprofessional)の資格は「国家資格」です。

sponsored link

資格広場は、CIW(Certified Internet Webprofessional)になるには?CIW(Certified Internet Webprofessional)なるためには?CIW(Certified Internet Webprofessional)になりたいを応援しております。

CIW(Certified Internet Webprofessional)になるために必要な知識・受験資格

各コースによって異なります。公式教材を一通りやっていれば合格できると言われています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)の資格は「Cartification Partners LLC (CP社)」が運営管理を行っております。

Cartification Partners LLC (CP社)とは:
CIW本部(米国・アリゾナ州)は世界的に統括、運営しています。日本においては、CIW日本支部「CIW-Japan」が業務を担っています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)

CIW(Certified Internet Webprofessional)ってどんな仕事?(仕事内容など)

CP社は、情報教育に関するカリキュラムと教材を開発し、資格を運営することにより技術者のスキルレベルを認定する活動をしています。インターネット&Web技術のCIW資格のほかに、通信事業に携わる技術者の能力を認定するCTP資格も実施しています。CIWの資格は、インターネットやウェブ業界で働く人材・キャリア像をもとに設計され、職種ごとの区分で認定されます。特定メーカーの製品やアプリケーションの操作・管理スキルを問う資格とは、コンセプトが異なる資格です。分野は、基礎、セキュリティ、ウェブデザイン、ウェブ開発と4つに分かれており、職種別・レベル別に構成された計16の認定試験があります。仕事内容は各科目によって違いますが、Web制作、サーバ構築、運用、保守、ネットワークサービスの設定、セキュリティ、システム管理、トラブルシューティングなどです。CIWは、世界70か国以上で試験が実施されています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)資格取得の為の勉強法

CIW公式教材があり、CIWカリキュラムや試験の出題範囲を完全に網羅した、CIWが発行・公認する唯一の教材です。教材で扱われている内容は、様々なインターネットやウェブ規格に基づいた標準技術の知識と業界標準アプリケーションの運用スキルです。各試験に対応した問題集がありますが、英語版のみとなっており日本語版はありません。CIWは、国際標準資格の理念に基づき、できれば多くの方に、本来の英語版の公式教材で学習し、英語版の試験を受験することをお勧めしています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)の専門学校や通信講座について

CIWには、公式教材(セルフスタディ・キット)があります。セルフスタディ・キットには、スキルチェック、ショートビデオ、演習ファイル、復習問題、ミニテスト、練習問題、試験対策問題が含まれています。公式教材の中に実機演習(ソフトウェア操作、コーティング、プログラミング、制作課題など)が収録されている動画もあります。公式教材のほかに、問題集やネットワーク教材などがあります。各試験に対応した試験対策問題集がありますが、英語版のみになっており、日本語版の試験問題集はありません。なので、自分で翻訳しながら行わなければなりません。ITカレッジ沖縄(ITスペシャリスト科)という専門学校でも目指すことができます。
sponsored link

CIW(Certified Internet Webprofessional)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

CIW(Certified Internet Webprofessional)の資格試験料

CIW試験の受験料の購入場所は、CIWオンラインストアとピアソンVUEと二か所あります。CIWオンラインストアで購入する際は、1試験1回受験につき、150米ドルです。日本円への換金レートは、クレジットカード会社により異なります。ピアソンVUEで購入する際は、1試験1回受験につき、税別15,000円です。

PR

CIW(Certified Internet Webprofessional)試験・検定の年間試験回数

特定の試験日時は設けられておらず、希望の試験日時を選択でき、常時行われています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)試験科目等の内容

受験場所は、全国の認定テストセンターです。資格の分類は3つあり、「CIWアソシエイト」「CIWスペシャリスト」「CIWプロフェッショナル」があり、初級、中級、上級に分かれています。それぞれの試験科目で定められた数の試験問題が受験場所のコンピュータの画面で1問ずつ出題されます。受験者が回答(クリックによる選択)することで、次の問題に進めるようになっています。試験問題は、四肢択一の方式で出題され、記入式や音声読上式によって回答する問題は出題されません(点字受験の場合を除く)。職種ごとで習得すべきコア・スキルが確実に身についているかを重視した試験となっています。合格基準は、全科目約70%の正答率で合格となります。

CIW(Certified Internet Webprofessional)資格の難易度

WEBファンデーションはやや易しく、それ以外の資格は普通~やや難しいとなっています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)資格の合格率

非公開となっています。

CIW(Certified Internet Webprofessional)試験の合格発表

CIW試験終了後、すぐに確認できます。また、試験結果は合否結果、得点に関する情報を含め、受験の結果が記された「スコアレポート」が発行されます。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です!

資格の専門学校や大学の無料パンフレット・願書などをまとめて10校以上請求するだけで、 高校生なら誰でも全員に1000円分の図書カードがプレゼントされます!!!

気になる専門学校の資料を請求して、自分にあった資格を見つけましょう!

↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 資格・専門学校請求キャンペーンページへ 】

CIW(Certified Internet Webprofessional)

CIW(Certified Internet Webprofessional)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

CIW(Certified Internet Webprofessional)所持者の職業例

一般事務職、ウェブデザイナー、マーケティング、システム管理職、個人情報管理職

CIW(Certified Internet Webprofessional)に向いている人

ウェブデザインビジネスを開業したい方や、ウェブサイトを構築したい方には最適です。

CIW(Certified Internet Webprofessional)と同じ分野の他の資格

シスコ技術者認定、ネットワークスペシャリスト試験、LPIC(Linux技術者認定試験)

CIW(Certified Internet Webprofessional)の年収・給料相場

平均年収は、賞与込みで550.8万円です。平成29年度の平均年収は、男性が平均勤続年数11.6年で563.6万円、女性が平均勤続年数9.4年で474.4万円となっています。年間賞与は男性が102.5万円、女性が88.0万円です。非キャリアベースの職に就いていたときと比べて、現在の年収は3倍以上になったという声があります。

CIW(Certified Internet Webprofessional)の現状

CIWは、様々な学習分野があり、学習コースと資格試験は基礎からプロレベルまで、すべて職種をベースに構成されています。なので、初心者も気楽に学習を始めることができます。しかし、CIWはあまり有名ではないというのが現状です。

CIW(Certified Internet Webprofessional)の将来性

CIW資格を得ることにより、自身のキャリア形成に役立ちます。加えて様々なIT系の資格を得ることにより、就職に有利になります。CIWファンデーションは、比較的簡単にとれる資格だと言われています。大手通信関連企業が社内教育に採用していることからもわかるとおり、ビジネスシーンでの評価は高く、就職の際に所得していればアピールどは高いでしょう。目指す職種に合わせて受験し、ビジネスパーソンとしての武器を身につけることができます。もし自身のキャリアをスタートするために必要なスキルの構築を考えているのならば、CIWのコースを受験すれば間違いないでしょう。

CIW(Certified Internet Webprofessional)の独立について

ウェブ開発者として、自分のスキルを適用できる職に就くことができたという声や、ビジネスを開業できたという声もあります。有限会社を設立して、世間が認めてくれたことに大変満足したという声もあります。

CIW(Certified Internet Webprofessional)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*