Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

デザインや印刷などのDTP業界にて最も利用されている、画像編集ソフトのAdobe製品「フォトショップ(Photoshop)」に関する知識とグラフィックコンテンツの制作能力を問う試験で、「サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会」が実施・認定しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、個人でも挑戦しやすい資格資格です。
Photoshop(R)クリエイター能力認定試験資格取得者は他にもPhotoshop(R)クリエイター能力認定試験と呼ばれております。
Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験になるには?Photoshop(R)クリエイター能力認定試験なるためには?Photoshop(R)クリエイター能力認定試験になりたいを応援しております。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験になるために必要な知識・受験資格

Photoshopクリエイター能力認定試験スタンダードでは、暗記をするというよりは、Photoshopの操作に慣れることの方が大切なので、参考書を読んである程度理解できたら、問題集を活用して実践的な練習を繰り返し行いましょう。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の資格は「株式会社 サーティファイ 認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社 サーティファイ 認定試験事務局とは:
サーティファイの認定試験は、実際の業務に活用できるスキルを測定することを目的として開発されました。サーティファイの認定試験は、実際の業務に活用できるスキルを測定することを目的として開発されました。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

プロ仕様の画像編集ソフトとしてデザインや印刷などのDTP業界に定着しているAdobe社の『Photoshop』。その優れた写真加工技術は一般にもよく知られています。Photoshopクリエイター能力認定試験は、そのPhotoshopの画像加工・調整などの編集機能を実務に活用する能力を認定する民間の資格試験です。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験資格取得の為の勉強法

Photoshopクリエイター能力認定試験スタンダードに挑むにあたって、参考書と問題集は最低1冊ずつ用意しておくようにしましょう。基本的には参考書の内容を理解していて、問題集を完璧にできれば合格できる確率は高くなると言われています。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の資格試験料

試験料は、スタンダード、エキスパートと2種類あり、スタンダードは7,400円、エキスパートは8,400円となっています。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験試験・検定の年間試験回数

年間の試験の回数は、随時行われています。詳しい内容はホームページに掲載されています。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験試験科目等の内容

<スタンダード>(実技問題)Adobe Photoshopの基本操作による画像ファイルの作成、(実践問題)Adobe Photoshopの操作による作品制作です。<エキスパート>(知識問題)Adobe Photoshopおよび画像処理に関する知識、(実技問題)Adobe Photoshopの基本操作による画像ファイルの作成、(実践問題)Adobe Photoshopの操作による作品制作となっています。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験資格の難易度

Photoshopクリエイター能力認定試験は、基本的にエキスパートの方がスタンダードに比べて難易度が高くなります。合格するためにはPhotoshopの技術力を上げる必要がありますが、勉強時間はスタンダードの難易度より少なくても合格できると言われています。理由としては、エキスパートの難易度に受験する方は、基本的にPhotoshopを扱える人が多いからです。基礎的な知識があるかたばかりなので、約18時間の勉強をすれば合格できる範囲の難易度だと言われています。

PR

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験資格の合格率

合格率は約65%~75%ほどと言われています。さほど難しくはない資格でしょう。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験試験の合格発表

試験後1カ月を目処に合否速報通知メールがサーティファイ認定試験事務局より送信され、電子メールとは別に、受験結果が送付されます。また、合格者へは認定証もあわせて郵送されます。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です!

資格の専門学校や大学の無料パンフレット・願書などをまとめて10校以上請求するだけで、 高校生なら誰でも全員に1000円分の図書カードがプレゼントされます!!!

気になる専門学校の資料を請求して、自分にあった資格を見つけましょう!

↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 資格・専門学校請求キャンペーンページへ 】

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験所持者の職業例

グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、イラストレーター、インダストリアルデザイナー、CGクリエイター、など

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験に向いている人

グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、イラストレーター、インダストリアルデザイナー、CGクリエイター等の職種に就きたい方や、コンピューター関係の仕事に就きたい方がおすすめと言えますが、複数の資格と合わせて持っている方も多いので、他の資格にもチャレンジすることもおすすめです。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験と同じ分野の他の資格

Illustratorクリエイター能力認定試験、CGクリエイター検定、Webデザイナー検定、パソコンインストラクター資格認定試験、パソコン技能検定Ⅱ種試験、MOS試験(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)、Excel表計算処理技能認定試験など。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の年収・給料相場

Photoshopクリエイター能力認定試験が活かせる職種のうち、グラフィックデザイナーやイラストレーターの平均年収は、男性で360万円前後、女性で300万円前後だといわれています。グラフィックデザイナーの例をとると、初年度は250万円程度ですが、5年目、10年目と実務経験を積んでいくにつれて、400万円、600万円と年収がアップしていくといわれています。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の現状

スタンダードでもある程度の職種には付けるので十分だと言われていますが、Web制作会社、デザイン業界、印刷業界などです。就職するためには実務経験が必要ですが、実務経験がない場合は、最低エキスパート以上は欲しいところです。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の将来性

将来的には、制作会社などで就職をし、web画像処理やデジタル画像処理、色調の補正などの仕事を任せてもらえるようになります。Photoshopクリエイター能力認定試験の他にも、類似する資格としてホームページ制作能力認定の資格やWEBクリエイター能力認定の資格がありますので、勉強範囲も重なる部分があるので、同時に資格取得を目指しておくと、将来就職する際に、自分の能力を現わす武器となることでしょう。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験の独立について

Photoshopクリエイター能力認定試験のみで就職を目指すのは少し難しいです。難易度も低く、Photoshopに限った能力を試すものなので関連するWeb制作会社やデザイン業界などで働きたい方はこの資格の他にも資格を取得しておくといいでしょう。また実務経験の有無も大切です。それによって年収は大きく左右されます。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*