XMLマスター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.06.04

XML技術者育成推進委員会が認定する「XMLマスター」(XML技術者認定制度)は、そのXMLの関連技術の能力をためす民間の資格認定制度です。基礎の「スタンダード」と高度な「プロフェッショナル」の試験が用意されており、ITエンジニアとしてのスキルアップに有用な資格となっています。


XMLマスターは幅広い年齢層の男女が目指せる、今後さらに増えると注目の資格資格です。
XMLマスター資格取得者は他にもXMLマスターと呼ばれております。
XMLマスターの資格は「民間資格」です。

資格広場は、XMLマスターになるには?XMLマスターなるためには?XMLマスターになりたいを応援しております。

XMLマスターになるために必要な知識・受験資格

XMLの知識は、Javaと直接の関係はありませんが、Webシステムなどでのデータのやりとりやデータベースの利用などに使われる知識であるので、システム開発を目指すものとしては、知識の幅をアピールすることができます。

XMLマスターの資格は「プロメトリック株式会社」が運営管理を行っております。

プロメトリック株式会社とは:
XML技術者育成推進委員会は「XMLマスター」がベンダーニュートラルな資格であり、かつ出題範囲・レベルとコース認定基準が公正かつ適切であるかどうか審査する組織です。

XMLマスター

XMLマスターってどんな仕事?(仕事内容など)

「XMLマスター」は、XMLのスキルに関するベンダーニュートラルな認定資格の名称です。XMLスキルを持つ技術者の育成を目標に、2001年10月に発足した資格で、国内の多くのIT系企業や標準化団体などからなるXML技術者育成推進委員会によって運営されているXML技術者認定制度です。

XMLマスター資格取得の為の勉強法

学習法は、1冊の参考書に絞って学習するのがおすすめです。そこに収録されている問題を何度も繰り返し解き、文法を確実に覚えましょう。 基本を押さえとけば合格は難しくはありません。文法を覚えるだけでなく、さらに手を動かして覚え込めば完璧です。教材の黒本の総仕上げ問題ができれば問題なく合格できるでしょう。難易度はそんなに高くありませんが、ベーシックが低いというより、ベーシックとプロフェッショナルの難易度の差が大きすぎる、と考える方が正しいでしょう。

XMLマスターの専門学校や通信講座について

準備中です。


XMLマスターの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

XMLマスターの資格試験料

ベーシックとプロフェッショナルの2種類存在しますが、試験料はベーシック・プロフェッショナル共に15,750円となっています。

XMLマスター試験・検定の年間試験回数

毎週月曜日から日曜日までの好きな時間帯で受験が可能です。予約の受付は、3営業日(土・日曜受験の場合は4営業日)先から2ヶ月以内の受付となります。

XMLマスター試験科目等の内容

<ベーシック>XML概要、XML文書の作成、DTD、XML Schema、XSLT/XPath、名前空間<プロフェッショナル(アプリケーション開発)>DOM/SAX、DOM/SAXプログラミング、XSLT、XML Schema、XML処理システム構築技術、XML要素技術の活用<プロフェッショナル(データベース)>XMLデータのDB化に関する概要、XQuery/XPath式、XMLDBの操作、XMLデータ構造の設計などです。

XMLマスター資格の難易度

ベーシックの試験の難易度は、P検2級より難しくCCDAよりは易しいレベルです。プロフェッショナルになると難易度はぐっと上がり難関資格になり、PMPやセキュアドレベルと考えて良いでしょう。

XMLマスター資格の合格率

合格率は非公開ではありますが、ベーシックで約60%前後だと言われています。

XMLマスター試験の合格発表

合格発表は試験終了後すぐに発表となります。

国家資格バナー

PR



XMLマスター

XMLマスター資格取得後の就職先・年収・報酬相場

XMLマスター所持者の職業例

企業間電子商取引、アプリケーション間連携、コンテンツ管理、電子申請、ITエンジニアとして働く部署(システム課など)のある会社、IT開発・サービスを行う会社など

XMLマスターに向いている人

WEB系の仕事や、コンピューター関係の仕事に就きたい方にはおすすめの資格となっています。

XMLマスターと同じ分野の他の資格

Accessビジネスデータベース技能認定試験、SXF技術者検定試験、MCPCモバイルシステム技術検定、XMLマスター(XML技術者認定制度)、Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP)、日商PC検定、プレゼンテーション作成検定試験、情報処理技能検定試験、など。

XMLマスターの年収・給料相場

給料の詳しい情報はありません。

XMLマスターの現状

XMLは従来のコンピュータ技術でなく、これから注目されていく技術であるためスキル向上意欲が高いと思われます。また、XMLマスターは標準的なテキストが用意されていたり、XMLを学習するためのコースが準備されており、勉強する環境が整っているといえます。このような理由からXMLマスターの受験者は年々増加しています。

XMLマスターの将来性

Webの開発の現場で用いられることが多いXMLは、今後も多くの現場で使用されることが見込まれていますし、Javaでの開発との連携も今後は多くなってきます。多くの技術者が業務の中で身につけていく知識・技術ではありますが、体系的に学び、技術を取得した証として資格を取得することで、実践で役に立つ人間として採用時の評価はもちろん、採用後も社内評価の向上に繋がりやすいとされています。

XMLマスターの独立について

システム開発プロジェクトがXMLだけで帰結することはないので、XMLの技術力だけでは十分ではないようです。実際、システム開発プロジェクトでXMLがかかわる場合でも、メインはデータベースであったり、労力の大半はJavaやCやC++を使ったプログラミングに割かれることが多い為、この資格だけでは物足りない感じもします。

XMLマスター資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*