HTML5プロフェッショナル認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-07-05

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5やCSS3、JavaScriptなど最新のマークアップに関する技術力と知識があることを認定するもので、Web製作に携わる人や今後Web関連の技術を業務に役立てたい人に最適の資格です。


HTML5プロフェッショナル認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、将来性のある資格です。
HTML5プロフェッショナル認定試験資格取得者は他にもWebデザイナーなどと呼ばれております。
HTML5プロフェッショナル認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、HTML5プロフェッショナル認定試験になるには?HTML5プロフェッショナル認定試験なるためには?HTML5プロフェッショナル認定試験になりたいを応援しております。

HTML5プロフェッショナル認定試験になるために必要な知識・受験資格

Web製作にかかわる仕事を行う場合、HTMLやCSSなどのサイト構築のための知識は必須です。そのほかに、例えばWebデザイナーであれば画像処理ソフトに関する知識、WebプログラマーであればPHP等のプログラミングの知識など、自分の担当する部分で使用する様々な知識が必要です。

HTML5プロフェッショナル認定試験の資格は「特定非営利活動法人エルピーアイジャパン」が運営管理を行っております。

特定非営利活動法人エルピーアイジャパンとは:
LPI-Japanは、OSS/Linuxなどの技術力を中立公正な立場で認定する活動を行う団体です。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

HTML5プロフェッショナル認定試験は、ウェブにおいて世界的に標準的な技術として確立、普及しているHTML5やCSS3、JavaScriptなど最新のマークアップに関する技術力と知識を有することを認定するための試験です。Web標準を制定しているW3Cの勧告に従っている点、出題される問題が製作現場ですぐに使えるような実践的なものになっている点がこの試験の特徴です。認定の有効期限は5年です。本資格の所有者の多くはWeb製作に携わる人です。Web製作に携わる仕事には、Webサイトの制作現場で監督役として全体の指揮をとるWebディレクター、Webサイトのデザインを行うWebデザイナーや、Webサイトのシステムを開発するWebプログラマーなどがあります。

HTML5プロフェッショナル認定試験資格取得の為の勉強法

教育機関に通って学習する方法もありますが、自学することも可能です。自学する場合、HTML5認定教材と呼ばれる、HTML5プロフェッショナル認定試験の出題範囲を網羅しているかどうかの審査に合格した書籍がありますので、これを使用して学習を進めましょう。認定団体のHP上にサンプル問題がありますので、一通り学習した後に問題を解いてみるのもよいでしょう。また、認定団体による無料セミナーも開催されています。なお、2017年3月にバージョンが改定されましたので、それ以前の過去問を解くことはあまり有益ではないでしょう。試験には難易度の異なるLevel.1とLevel.2の2つがあります。Level.2の受験には、5年以内にLevel.1の認定を受けていることが必要ですので、まずはLevel.1への合格を目指して学習を進めましょう。また、本資格には認定の有効期限があります。認定された事実が無効になることはありませんが、認定日から5年以内はACTIVEと呼ばれる現在活動中・現役の状態とされるものの、認定日から5年を経過すると、過去には認定されたスキルを保有していたが、現在はそのスキルが現役のシステム設計・開発・維持にマッチしないという意味のINACTIVEという状態に変更されます。ACTIVEの状態を維持するためには、再試験を受けるか、上位の試験を受験する必要があります。業務などで使用していく場合には、常に新しい技術を学び続けることが必要になります。

HTML5プロフェッショナル認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


HTML5プロフェッショナル認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

HTML5プロフェッショナル認定試験の資格試験料

税別で15,000円です。

HTML5プロフェッショナル認定試験試験・検定の年間試験回数

試験は全国各地の試験会場で随時実施されています。

HTML5プロフェッショナル認定試験試験科目等の内容

試験方式はCBT(Computer Based Testing)方式で行われ、ほとんどがマウスによる選択方式での出題ですが、キーボード入力問題も多少出題されます。Level.1の出題内容は、Webの基礎知識、CSS、要素、レスポンシブWebデザイン、APIの基礎知識です。Level.2の出題内容は、JavaScript、WebブラウザにおけるJavaScript API、グラフィックス・アニメーション、マルチメディア、ストレージ、通信、デバイスアクセス、パフォーマンスとオフライン、セキュリティモデルです。

HTML5プロフェッショナル認定試験資格の難易度

合格には7割程度の正答率が必要です。Level.1では比較的とりやすい正答率ですが、Level.2では出題範囲が広がることもあり、難易度があがるようです。

HTML5プロフェッショナル認定試験資格の合格率

合格率は公表されていません。

HTML5プロフェッショナル認定試験試験の合格発表

試験終了と同時に合否がわかります。認定証・認定カードは、認定されてから2週間程度で郵送されます。

国家資格バナー

PR



HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

HTML5プロフェッショナル認定試験所持者の職業例

WebデザイナーなどWeb製作にかかわる職業に就くことが多くなります。

HTML5プロフェッショナル認定試験に向いている人

顧客の要望を的確に実現したり、製作にかかわる人との意思疎通をスムーズに行ったりする必要があるため、コミュニケーション能力がある人に向いています。

HTML5プロフェッショナル認定試験と同じ分野の他の資格

Web検定(Webデザイナー)、Webクリエイター能力認定試験、ウェブデザイン技能検定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験の年収・給料相場

デザイン事務所などに勤めるWebデザイナーでは年収300~400万円程度のようです。ステップアップしプロデューサーなどとして働く場合、年収800万程度のようです。プログラムだけを担当するWebプログラマーより、SE的な業務を行う人のほうが年収が高くなる傾向にあるようです。デザイナーなどはフリーで活動することも多く、その場合は個人の実力にもよりますが、年収1000万円ほどになることもあるようです。

HTML5プロフェッショナル認定試験の現状

従来はパソコンでWebサイトを見るという限られた使用方法でしたが、現在ではスマートフォンやタブレットなど、インターネットが使える環境のプラットホームが拡大しています。また、問い合わせフォームやショッピングカートなど、Webサイトにシステム連携は必須になっています。Webサイトの製作に関連する技術は日々進化し、業務が増加していることもあり、人手不足の状態になっているようです。

HTML5プロフェッショナル認定試験の将来性

今後もインターネットはますます普及し、コンテンツもますます増加していくことが見込まれますので、Web関連の仕事の需要は増えていくと予想されます。また、今後HTML5がWebの世界で標準的な技術として普及していく事は間違いないと思われます。

HTML5プロフェッショナル認定試験の独立について

WebプログラマーやWebデザイナーなどとしてフリーで活動することが可能です。

HTML5プロフェッショナル認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*