Illustratorクリエイター能力認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-07-10

Illustratorクリエイター能力認定試験は、Adobe社のIllustratorを使用して仕様に従いコンテンツを制作する能力があるかどうかを測る試験で、エキスパートとスタンダードの2つのレベルがあります。Web業界・DTP業界等でデザイナーやクリエーターなどとして働きたい人が、スキルチェックやスキルの証明のために受験します。


Illustratorクリエイター能力認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、デザイン分野の基礎技術資格です。
Illustratorクリエイター能力認定試験資格取得者は他にもWebデザイナー、DTPデザイナー、コンテンツクリエーターと呼ばれております。
Illustratorクリエイター能力認定試験の資格は「民間資格」です。


資格広場は、Illustratorクリエイター能力認定試験になるには?Illustratorクリエイター能力認定試験なるためには?Illustratorクリエイター能力認定試験になりたいを応援しております。

目次

Illustratorクリエイター能力認定試験になるために必要な知識・受験資格

エキスパートは、DTP/Webデザインに関する基本的な知識をもち、Illustratorを用いてクライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作できることが求められます。スタンダードでは、Illustratorの基本的な操作ができ、作業指示書に基づいて正確かつ合理的制作ができることが求められます。

Illustratorクリエイター能力認定試験の資格は「株式会社サーティファイ認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社サーティファイ認定試験事務局とは:
株式会社サーティファイは、ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催、実施をし、主催試験に対応した対策問題集の開発、販売をする会社で、認定試験事務局はビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験を実施する組織です。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

Illustratorクリエイター能力認定試験は、Adobe社のIllustratorを使用して、仕様に従ってコンテンツを制作する能力があるかどうかを測る試験です。IllustratorはデザインやDTPなどの業界で事実上の標準ツールですので、Web業界・DTP業界等でデザイナーやクリエーターなどとして働きたい人が、スキルチェックやスキルの証明のために受験するのがIllustratorクリエイター能力認定試験です。デザイナー等として働く場合、Webサイトや印刷物などのレイアウトやデザインを行うことが仕事で、Illustratorなどのソフトを使いこなして思い描いたデザインを的確に表現できるスキルの他、デザインの理論や印刷物の知識などが必要になります。

Illustratorクリエイター能力認定試験資格取得の為の勉強法

教育機関などで講座を受講するほか、通信講座や市販の参考書などを使って自学することが可能です。Adobe Illustratorを操作しての作品制作が実践問題として出題されますので、Illustratorを実際に操作し、機能を使いこなせるようになっておく必要があります。サーティファイのHPにサンプル問題がありますので、こちらで試験内容を確認しておくとよいでしょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

Illustratorクリエイター能力認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Illustratorクリエイター能力認定試験の資格試験料

試験料は税込みで、エキスパートが8,400円、スタンダードが7,400円です。

Illustratorクリエイター能力認定試験試験・検定の年間試験回数

試験は全国各地の試験会場で随時実施されています。

Illustratorクリエイター能力認定試験試験科目等の内容

エキスパートとスタンダードという難易度の異なるふたつのレベルがあります。いずれもAdobe IllustratorとDTP、Web デザインに関する知識、Illustratorの操作によるDTPファイルとWebデザインパーツの作成技術が問われます。試験は第1部と第2部に分かれており、第1部では知識問題と実技問題が、第2部では実践問題が出題されます。いずれもPC画面上で出題されます。エキスパートの知識問題ではIllustratorおよびDTP、Web デザインに関する知識が問われ、実技問題ではAdobe Illustratorの操作によるDTPファイル及びWebデザインパーツの作成を行い、試験時間は合わせて50分です。エキスパートの実践問題では、Adobe Illustrator?の操作によるDTPファイル、及びWebデザインパーツの作成を行い、試験時間は90分です。スタンダードの実技問題ではIllustratorの基本操作によるDTP ファイル、及びWeb デザインパーツの作成を行い、試験時間は40分です。スタンダードの実践問題ではIllustratorの操作による作品制作を行い、試験時間は90分です。スタンダードでは知識問題はありません。

Illustratorクリエイター能力認定試験資格の難易度

知識問題・実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上が必要になりますが、難易度は低めです。

Illustratorクリエイター能力認定試験資格の合格率

平成28年度の平均合格率は68.9%です。

Illustratorクリエイター能力認定試験試験の合格発表

試験後約1ヵ月で通知されます。通知の方法は受験した試験会場により異なります。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Illustratorクリエイター能力認定試験所持者の職業例

Webサイトや印刷物などデザイナーやクリエーターとして働くことが多くなります。

Illustratorクリエイター能力認定試験に向いている人

デザイナーなどとして働く人が多いため、美的センスや表現力が豊かである人に向いています。また、様々な役割の人とともにひとつの物を仕上げていくため、コミュニケーション能力がある人に向いています。

Illustratorクリエイター能力認定試験と同じ分野の他の資格

Photoshopクリエイター能力認定試験、Webクリエイター能力認定試験、ホームページ制作能力認定試験、ウェブデザイン技能検定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験の年収・給料相場

デザイン事務所などに勤めるWebデザイナーでは年収300~400万円程度のようです。デザインだけでなくプロデューサーなどとして働くスキルを身に着けた場合は、さらに高い収入を望めます。デザイナーなどはフリーで活動することも多く、その場合は個人の実力にもよりますが、年収1000万円ほどになることもあるようです。

Illustratorクリエイター能力認定試験の現状

従来多かった紙媒体印刷物の印刷物からWebコンテンツへと活動範囲がシフトしつつありますが、Illustratorを使用してのコンテンツのデザイン等の需要は多くある状況です。

Illustratorクリエイター能力認定試験の将来性

紙媒体のコンテンツ製作へのニーズは減少していくと思われますが、需要がなくなることはありません。また、Webコンテンツの製作にかかわる人材への需要は今後も増加していくと考えられます。

Illustratorクリエイター能力認定試験の独立について

この資格はデザイン等を行う際の基礎的なスキルの有無を見るものですので、この資格を持っているだけでは独立できませんが、デザインなどの知識を併せ持つことで、Webデザイナーなどとして独立することが可能です。

Illustratorクリエイター能力認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*