Oracle認定Javaプログラマ資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-07-10

Oracle認定Javaプログラマ資格(OCJP)は、アプリ開発で使用される人気のプログラミング言語のひとつであるJavaの知識と技能を認定する資格で、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのレベルがあります。それぞれのレベルで、対応するJavaのバージョンごとに異なる試験が実施されています。


Oracle認定Javaプログラマは幅広い年齢層の男女が目指せる、プログラマー向け技術認定資格資格です。
Oracle認定Javaプログラマ資格取得者は他にもプログラマーと呼ばれております。
Oracle認定Javaプログラマの資格は「民間資格」です。


資格広場は、Oracle認定Javaプログラマになるには?Oracle認定Javaプログラマなるためには?Oracle認定Javaプログラマになりたいを応援しております。

Oracle認定Javaプログラマになるために必要な知識・受験資格

目指すレベルにより異なります。ブロンズはJavaの基礎知識が必要です。シルバーの場合、上級者の指導の下でコードが書けるレベルの知識が求められます。ゴールドでは設計者の意図を理解して独力で機能実装が行えるレベルの知識が必要です。

Oracle認定Javaプログラマの資格は「日本オラクル株式会社オラクルユニバーシティ」が運営管理を行っております。

日本オラクル株式会社オラクルユニバーシティとは:
日本オラクルは、情報システム構築のためのソフトウェア・ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を行う会社です。オラクルユニバーシティでは、資格認定試験や各種研修サービスなどを扱っています。

Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマってどんな仕事?(仕事内容など)

Oracle認定Javaプログラマ資格(OCJP)は、アプリ開発で使用される人気のプログラミング言語のひとつであるJavaの知識と技能をレベル別に認定する資格です。Oracle認定Javaプログラマ資格を取得するのはほとんどがプログラマーやプログラマーを目指す人です。プログラマーは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアを作るのが仕事です。一般的には、システムエンジニア(SE)が作成したシステムの仕様書をもとにプログラムを作り上げていきますが、仕様決めなどを担ったり、結合テスト、リリース作業などを行う場合もあります。

Oracle認定Javaプログラマ資格取得の為の勉強法

教育機関などで講座を受講するほか、自学することも可能です。自学する場合、市販の対策本などを用いて学習することができます。また実際にJavaのプログラムを書いてみるのもよいでしょう。日本オラクルが開催する検定対策講座を受講することも有益です。

Oracle認定Javaプログラマの専門学校や通信講座について

準備中です。

Oracle認定Javaプログラマの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Oracle認定Javaプログラマの資格試験料

ブロンズが13,600円、シルバーとゴールドが26,600円です。いずれも税抜きです。

Oracle認定Javaプログラマ試験・検定の年間試験回数

試験は全国各地の試験会場や自宅で受験することができ、随時受験可能です。

Oracle認定Javaプログラマ試験科目等の内容

Oracle認定Javaプログラマ資格には3つのレベルがあります。言語未経験者向けの入門レベルであるブロンズ、開発初心者向け資格であるシルバー、最上位の資格で中上級者向けのゴールドの3つです。ブロンズは国内のみで有効ですが、シルバーとゴールドは国際資格です。試験は全国のピアソンVUE公認試験会場で受験しますが、ゴールドのみ、自宅でオンライン試験を受けることが可能です。ゴールドの受験にはシルバーの資格を所持していることが必要です。対応するJavaのバージョンにより異なる試験が実施されており、最新バージョンはSE8です。例えば、Java SE 8 Programmer I試験に合格することで、SE8対応のシルバー資格であるOracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格を取得することができます。ブロンズの試験内容は、Java言語のプログラムの流れ、データの宣言と使用、演算子と分岐文、ループ文、オブジェクト指向コンセプト、クラス定義とオブジェクトの生成・使用、継承とポリモフィズムで、出題数は60問、試験時間は65分です。シルバーの試験内容は、Javaの基本、Javaのデータ型の操作、演算子と判定構造の使用、配列の作成と使用、ループ構造の使用、メソッドとカプセル化の操作、継承の操作、例外の処理、Java APIの主要なクラスの操作で、出題数77問、試験時間は150分です。ゴールドの試験内容はSE8対応の場合、Java クラスの設計、高度な Java クラスの設計、ジェネリクスとコレクション、コレクション・ストリームおよびフィルタ、ラムダ組込み関数型インタフェース、Java ストリーム API、例外とアサーション、Java SE 8 の日付/時刻 API 、Java の I/O の基本、Java のファイル I/O(NIO.2)、Java の同時実行性、JDBC によるデータベース・アプリケーションの作成、ローカライズで、出題数は85問、試験時間は150分です。

Oracle認定Javaプログラマ資格の難易度

ブロンズの合格ラインは正答率60%です。入門レベルの試験ですので、難易度は低めです。シルバーとゴールドの合格ラインは正答率65%です。シルバーはプログラマーであればさほど難易度は高くありませんが、ゴールドは高難易度になっています。

Oracle認定Javaプログラマ資格の合格率

合格率は非公開です。

Oracle認定Javaプログラマ試験の合格発表

認定試験終了後30分以内にオラクル認定システム(CertView)にて合否とスコアが確認できるようになります。 また、認定試験の結果が確認できるようになると、e-mailでその旨通知されます。

Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマ資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Oracle認定Javaプログラマ所持者の職業例

本資格保持者はプログラマーとして業務にかかわることが多くなります。

Oracle認定Javaプログラマに向いている人

プログラマーに向いているのは、高い集中力をもって一つの作業を黙々とこなすことができる人です。また、クライアントが要求していることを理解し、適切に対応できる人に向いています。

Oracle認定Javaプログラマと同じ分野の他の資格

Javaプログラミング能力認定試験、Android 技術者認定試験

Oracle認定Javaプログラマの年収・給料相場

プログラマーの平均年収は350万円~500万円程度です。フリーのプログラマーとして活動する場合、個人の能力にもよりますが、年収1000万円を超える場合もあるようです。

Oracle認定Javaプログラマの現状

プログラマーの需要は、IT業界のなかでも安定しています。プログラマーとしてのスキルが低くても安定したプログラミングができる環境が整いつつあり、経験が浅くてもプログラマーとして活動できようになってきていることから、経験を積んで長くプログラマーとして活動するより、プログラムの設計を行うシステムエンジニアや、プログラマーやシステムエンジニアを統括するプロジェクトマネージャーへとステップアップしていくほうがよいようです。

Oracle認定Javaプログラマの将来性

IT技術の需要は今後も高い状態が続くと予想されますので、プログラマーの需要も引き続きあると考えられます。IT技術は常に進化し続けているため、プログラマーも時代の流れを追いながら新しい技術を駆使してプログラミングすることができるよう、また、上のレベルにステップアップできるよう、日々努力し続けることが必要でしょう。

Oracle認定Javaプログラマの独立について

実力があれば、フリーのプログラマーとして活動することができます。

Oracle認定Javaプログラマ資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*