プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-07-10

プロフェッショナル・エンジニアは全米試験協議会(NCEES)の試験に基づくアメリカの公的な資格になります。この資格の目的は、エンジニアとしての能力の客観的な指標となるため、取得すると仕事をする場合において非常に有利になる資格です。


プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、大規模なプラントを設計する資格です。
プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格取得者は他にもプロフェッショナル・エンジニア【PE】と呼ばれております。
プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験になるには?プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験なるためには?プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験になりたいを応援しております。


目次

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験になるために必要な知識・受験資格

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験

プロフェッショナル・エンジニア(PE)に必要な知識は、工学一般(数学、化学、電気、静力学、動力学、材料力学、流体力学、熱力学、土木、工学経済、倫理、環境など)の知識と、専門分野工学の知識が必要になりますのでかなり理系よりの知識が必要になります。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の資格は「東京都認証特定非営利活動法人日本プロフェッショナルエンジニア協会」が運営管理を行っております。

東京都認証特定非営利活動法人日本プロフェッショナルエンジニア協会とは:
会員の要望を取り入れながら、エンジニアサロンズ等をボランティアで随時開催している団体です。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

プロフェッショナル・エンジニア【PE】とは、全米試験協議会(NCEES)の試験に基づくアメリカの公的な資格になります。この試験の目的はエンジニアとしての自身の能力を客観的な評価として証明することです。アメリカ全土で取り入れられ、各地域ごとに審査と登録が行われています。ほとんどの地域で技術を必要とする重要な業務の担当者にはプロフェッショナル・エンジニアの資格を求めています。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格取得の為の勉強法

プロフェッショナル・エンジニアの資格を取得するためには、一次試験と二次試験に合格する必要があります。一次試験にあたるファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験に合格し、工学分野において4年以上の実務経験を積むことで二次試験を受験することができ、二次試験においてプロフェッショナル・エンジニア試験に合格することで初めて、資格を取得したことになります。また、二次試験に受験資格があったように、一次試験にも受験資格があります。一次試験にあたるファンダメンタル・オブ・エンジニアリング試験を受験するためには、4年制の工学系大学を卒業しており、工学士(Bachelor of Engineering)またはBachelor of Science in Engineeringの学位を取得していなければ受験することができません。この資格の日本での受験は、日本に住んでいることも条件になり、合格した場合でも、登録の際に推薦状は必要になります。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の資格試験料

プロフェッショナル・エンジニア試験の試験料は、試験の内容と自身の職業、受験地により異なります。一次試験になるファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験では、日本の場合では大学4年制、大学院生を除いて試験料は22,000円、大学4年制、大学院生の場合では17,000円となります。また、アメリカで受験する場合では250ドル必要になります。続いて、二次試験になるプロフェッショナル・エンジニア(PE)試験では日本の場合では35,000円、アメリカの場合では、350ドル必要になります。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験試験・検定の年間試験回数

プロフェッショナル・エンジニア(PE)試験の年間の試験回数は、一次試験のファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験は、年間を通じて随時開催しており、二次試験のプロフェッショナル・エンジニア(PE)試験は、年間2回(4月、10月)に開催されています。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験試験科目等の内容

一次試験にあたるファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験では、基礎学力の知識が問われる試験になり、出題範囲は広く、工学一般(数学、化学、電気、静力学、動力学、材料力学、流体力学、熱力学、土木、工学経済、倫理、環境など)となり、その中から午前120問、午後60問が出題されます。二次試験にあたるプロフェッショナル・エンジニア(PE)試験では、専門分野工学の実践が問われる試験になり、午前40問、午後40問出題されます。なお、試験のルールは日本で受験しても、アメリカで受験しても変わらず、午前4時間、午後4時間に分けて実施されます。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格の難易度

プロフェッショナル・エンジニア(PE)試験の難易度は、2016年度実績によると一次試験のファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験では、受験者数179名に対して合格者数132名で合格率は73.7%となり、二次試験のプロフェッショナル・エンジニア(PE)試験では、受験者数44名に対して合格者数28名で合格率は63.6%になります。合格率のみを見ると一次試験は70超え、二次試験は60超えなので簡単に見えますが、受験者数がかなり少ないことから、膨大な勉強をしてから挑戦しないと合格できない資格であるということがうかがえますので、難易度は高いです。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格の合格率

プロフェッショナル・エンジニア(PE)試験の合格率は、2016年度実績によると一次試験のファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験では、受験者数179名に対して合格者数132名で合格率は73.7%となり、二次試験のプロフェッショナル・エンジニア(PE)試験では、受験者数44名に対して合格者数28名で合格率は63.6%になります。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験試験の合格発表

プロフェッショナル・エンジニア(PE)試験の合格発表は、一次試験のファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験は、年間を通じて随時募集しており、それに伴い、随時合格発表を行っています。続いて、二次試験のプロフェッショナル・エンジニア(PE)試験は、年間2回(4月、10月)に募集があり、試験後4月受験の場合、6月下旬、10月受験の場合、12月下旬に合格発表があります。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験所持者の職業例

プロフェッショナル・エンジニア

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験に向いている人

プロフェッショナル・エンジニア【PE】に向いている人は、技術的な能力が高く、強い倫理観と責任感を兼ね備えた人であり、オススメする資格です。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験と同じ分野の他の資格

不明

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の年収・給料相場

プロフェッショナル・エンジニアの給料は求人票を見ると年収350万円~550万円と幅広くなっています。ですが、これは採用時の給料なので、勤続年数が増すごとに給料は増えていきますので心配はありません。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の現状

プロフェッショナル・エンジニアは、合格率は高いものの、受験者数が少なく、合格者数も少ないため、社会におけるプロフェッショナル・エンジニアの需要は高いです。また、近年はIT社会と言われているため、プロフェッショナル・エンジニアは非常に重要な役割になります。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の将来性

最近はIT社会といわれる世の中になってきているため、プロフェッショナル・エンジニアは非常に重要な役割を担ってきます。その中でも、受験資格が厳しく、試験内容も難しいプロフェッショナル・エンジニア資格を取得すると将来非常に役に立つ資格です。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験の独立について

プロフェッショナル・エンジニア試験の目的はエンジニアとしての客観的評価を示すためのものであるため、この資格を取得していると、エンジニアとして十分な知識や能力を持っていると判断され独立する際に非常に有利になります。また、独立してエンジニアとしての能力が認められれば、会社に勤めているよりも高額な報酬を受け取りことができます。

プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*